今の会社に不満があるけれども、なかなか仕事をやめることができない、という人もいるでしょう。しかし、本当に今の仕事を続けるべきかは、本気で考えた方が良いでしょう。

社長や上司は勝手なことしか言わない

転職 - 就活

大体、組織の社長や上司は勝手なことしか言いません。自分にとっては良いと思う考えも、社長や上司の一声で却下させられることがあるのです。組織では、自分の考えが通らず、理不尽なことを押し付けられたり、権力に押されてしまうこともあります。そのような状況下では、自己成長させるのは難しいでしょう。お金のために苦汁を飲まなければいけないこともあるのです。

自己成長を考えないといけない

会社に残ることが安全ではないかと思うこともあるでしょう。しかし、将来的に見ると、そのような会社で仕事を続けても、自己成長に繋がりません。ただ、会社の中で、ゴマをすることだけ覚えることになります。

スキルや経験値を積んでいかなければ、他の会社では使い物にならない人間になってしまうのです。より仕事ができる人間を目指すならば、環境を変えて、新たに仕事に取り組むのもありでしょう。

不満がある会社で働くことは健康を害する

また、自分に嘘をついて、不満のある会社で働くことは精神衛生面的にもよくありません。無理に自分をごまかして仕事をしていると、思わぬ病気を患うことがあります。仕事をするにも体が資本なので、嫌な気持ちを抱えたまま働くべきではないのです。

人の意見に流されてはいけない

転職 - 就活

会社を辞めようとするとき、周りは止めてくることが多いです。しかし、周りの意見に流されないことです。結局は、自分の将来は自分で決めるしかありません。

誰の責任にもできないわけです。自分で考え、自分で行動することが大切になります。そうやって行動すれば、後悔することなく、人生を歩むことができるでしょう。

いつかやろうは永遠に来ない

いつか本気を出して転職活動しよう、いつか大きな仕事をしようと思っても、そのいつかはなかなかやってきません。むしろ永遠に来ないかもしれない。

転職活動するにしても、新たな仕事を探すにしても、行動するならば、思いたったときに始める必要があります。タイミングを見損なうと、機会はどんどん遠のいてきます。自分の人生を大きく変えるならば、すぐに始めた方が良いのです。