東京で働きたい気持ちもあるけれども、東京で働けるのか本当に不安、東京で働くことに恐怖を感じているという人も少なくないでしょう。そこで、今回は東京で働くことに怖さを感じている人のために、東京で働くことについて、詳しく見ていきたいと思います。

東京で働くことがなんとなく怖い

東京で働くことが怖い

東京で働くことが怖い理由は様々あると思います。どのような理由から東京に対して怖さを感じているのか、考えていきましょう。

東京は人が多すぎる

まず一つは、東京は人が多すぎることです。あまりの人の多さに、休まることがないのではないか、あの人の多さに圧倒されてしまうと感じる人も少なくないようです。確かに東京は人が多い、渋谷のスクランブル交差点は、何かの大きな生き物が動いているような混雑さがあります。どこに行くにしても人が多く、時間がかかります。そのような場所で自分はやっていけるのかと感じている人も少なくないのです。

なんとなく冷たい気がする

なんとなく冷たい気がする

人は多くいるけれども、人とのつながりが気薄でなんとなく都会の人は冷たく感じると思う方もいるでしょう。どうしても、多くの人と関わるので、一人一人のひとと密に関係を取るのは難しい、都会のひとはサバサバしている、他人に興味がない、そういう思いから都会に対しての冷たさを感じているのかもしれません。

犯罪に巻き込まれるリスクもある

また、人が多い分、事件も起きやすく、繁華街などでは犯罪に巻き込まれるリスクもあります。また、電車などでは痴漢に遭遇したり、男性でも喧嘩や車内トラブルに巻き込まれることもあるでしょう。都会は人が多い分、いろいろな問題や事件に巻き込まれる可能性もあります。

物価・家賃が高い

物価・家賃が高い

また、都会は物価や家賃が高いです。仕事はあっても、一人で生活していくのがやっとということもあるでしょう。そのため、本当に生活していけるのか、という不安もあります。いくら働いても、貧乏続きで生活していくのも大変なのではないかと感じることもあるのです。地方ならば、家族もいるし、物価も家賃も安いので、生活しやすいということも言えます。

電車を乗りこなせるか心配

また、あまりに電車路線が多いため、電車を乗りこなせるか不安と思う方もいるでしょう。地方に比べて、路線がかなり多いので、地下鉄など乗りこなせるか不安と感じている人も少なくないのです。また、朝の満員電車では、自分の車両に乗って通勤できるのか、通勤時間で疲れてしまわないかと、いろいろな不安があります。特に東京は入り組んでいるので、目的地に着くまでも大変なのです。

様々な不安があるけれども東京で得るものも大きい

東京で得るものも大きい

まあ、このように東京で働くことに対して不安や恐怖を感じる理由は様々あります。けれども、その反面で得るものも大きいのです。例えば東京には様々な会社があるので、それだけ働けるチャンスがあります。地方にはないような仕事でも、東京ならば見つかることも多いでしょう。また、地方に仕事がないからこそ、東京で働かざるおえないという場合もあります。

やはり東京は便利

また、やはり東京は便利です。ものは揃っていますし、交通網も発達しているので、どこへでも行きやすいです。地方ならば、車を持たないとなかなか移動できないと思いますが、東京の場合は車を持たずとも、電車やバスで不自由なく移動することができます。タクシーに乗れば、すぐにいろいろな場所へ移動することも可能です。東京には地方にはない交通の便利さがあるのは確かなのです。

様々な価値観を持った人たちに出会える

あとは、東京には様々な人が集まります。外国の人もきますので、様々な価値観を持った人たちが集まるのです。なので、自分の人生や考えを見つめなおす意味でも、良い出会いがあるでしょう。結構刺激に満ちた生活を送れると思います。地方だと世間体など気になることがあるかもしれません。けれども、都会ではいろいろな人が集まるので、あまり世間体など気にする必要はないでしょう。伸び伸びと生活しやすい、自由に生きられやすいのも、都会ならではかもしれません。

なんだかんだ言って都会暮らしは慣れるもの

人が多い、冷たいと感じることもあるかもしれません。けれども、生活していけば、なんだかんだなれます。また、生活していくうちに、東京の良さというものもわかってくるでしょう。なので、東京でとりあえず働いてみるというのも方法としてなくはないでしょう。どうしても自分に合わないと思えば、地方に戻ってしまえば良いのです。今はあまり考えすぎることなく、とりあえず挑戦してみるのも良いと思います。せっかくの人生なので、経験してみた方が良いこともあります。よく自分自身でも考えてみて、チャンスを生かすかどうか決めてみましょう。