残念ながら会社によっては、従業員が体を壊すまで働かせる会社もあります。

世の中には、体が壊れるまで働けという考えも聞こえますが、自分の体を壊してまで働くべきなのでしょうか。

体を壊すと、その後の人生に大きな影響を及ぼす

体を壊すと、その後の人生に大きな影響を及ぼす

過酷な労働で体を壊してしまうと、その後の人生に大きな影響を及ぼす可能性があります。

もしかすると、働けない体になってしまう可能性もあるでしょう。

会社によっては、体を壊してこそ一人前という悪しき考えがありますが、そのような考えは間違っていると思います。

会社は従業員の健康な体があってこそ、企業として動いていけるのです。

従業員の体を壊そうなどと考える経営者の元で働くのは、得られることはなく、自分の体を犠牲にするだけでしょう。

真面目な人ほど懸命に働いてしまいやすい

特に上司や会社の意見を聞き、そのまま動いてしまう人ほど、オーバーワークで体を壊してしまいがちです。

上司の意見が必ずしも正しいとは思いませんし、また間違ったことを言っている可能性も十分にあります。

会社や上司の言葉を鵜呑みにしてしまうと、自分の体や将来を台無しにしてしまうこともあります。

本当に言うとおり仕事をしていていいのか、よく考えることです。

一番大切なのは、自分の人生や体、そして自分の家族を守ることです。

会社の言うことを聞いて体を壊すくらいならば、もっと働きやすい環境に身を置くことが大事だと思います。