個人的にも20代を会社員生活で送り思うことは、会社や上司の言いなりになりすぎたことです。

20代という社会人経験が少ないときは、どうしても上司や会社の意見を頼りにしてしまいがちです。

でも、そういう意見は必ずしも正しいわけではなく、また意見を聞きすぎることで、自分の考えが抑制されてしまうことが多々あります。

転職しても成功しないという誤った見方

転職しても成功しないという誤った見方

上司たちの誤った考え方の一つに、20代の部下社員が転職しようと考えると、「転職先でも成功しない」というネガティブな言葉を投げかけてくることが多々あります。

しかし、転職して成功するかどうかは、実際に転職してみないと本当のことはわからないわけです。

それなのに、単に転職を否定するような言葉しか投げかけない上司や会社には、疑問を感じずにはいられません。

上司の経験が今の時代に通用するとは言い切れない

社会人経験が浅いと上司の経験や言葉を鵜呑みにしてしまいがちですが、上司の昔の経験が今に通用するかどうかは、正直怪しいところです。

時代は日々変化してきます。

昔の経験が、今の社会でも通じるとは限らないのです。

それにもかかわらず、自分の意見を押してくる上司や会社がいる場合は、十分注意した方がいいでしょう。

仮に上司の言いなりになってうまくいかなかったとしても、上司は責任を取ってくれないでしょう。

きっと、「判断したお前が悪い」と言われるのがオチです。

たとえ上司の意見を聞いたとしても、上司が責任を取ってくれるわけではありません。

それにも関わらず、20代は社会に出たばかりでわからないことが多いので、会社や上司の意見が正しいと思ってしまいがちなのです。

自分の考えや思いを信じてあげることも大切

社会人経験が浅いと、「考えが甘い」などと上司たちから言われるかもしれません。

しかし、社会人経験が少なかろうが、考えが甘いとか間違っているとは言い切れないわけです。

経験が少ないだけですぐ否定するような人たちの言葉を信用しすぎないことが大切です。

社会人経験が少なくとも、良い考えやアイディアを持ったひとたちはたくさんいます。

もし、何か考えがあるならば、諦めずに自分を信じて、その道をぜひ進むと良いでしょう。

その道を進んでみないと見えてこないことはたくさんあります。

たとえうまくいかなくとも、それは失敗ではなく、大きな経験・財産となるはずです。

なので、上司や会社から言われたからといって、すぐに自分の考えや思いを否定したり、どこかへ閉まってしまうのは、必ずしも正しいとは言い切れません。

誰かの言いなりになって行動していると、あとで誰かのせいにしたり、後悔することになるでしょう。

大切なことは、自分を信じて、自分の思いや考えに耳を傾け、思い切って進んでみることなのです。

若いひとの考えが間違っているとか甘いとかは、必ずしも言い切れないのです。