「生命保険」の記事一覧

将来のために生命保険に加入しておくべき

将来のことは誰にもわかりません。ある日突然に体が動かなくなり、家族に迷惑をかける可能性も出てきます。もしものために、生命保険に加入しておいた方が良いことがあります。 体が動かなくなると何もできなくなる 人はいつまでも健康・・・

生命保険は増額すると解約する人も多い

生命保険や医療保険は、若いうちは安いのですが、年齢が上がると一気に増額します。年齢とともに、若いころよりも、倍以上の値段に跳ね上がることがあるので、結局毎月払うことができず、解約してしまう人も多いのです。 生命保険は年齢・・・

高血圧での生命保険加入はよく相談すること!

自宅でフィギュアの買取依頼を出すことも可能

高血圧持ちの方が生命保険加入を検討する場合は、担当者とよく確認・相談する必要があります。高血圧の程度によっては、生命保険に加入できない場合もありますが、必ずしも加入できないわけではなく、状態によっては加入できる場合もあり・・・

素人目では生命保険どこがいいかなんてわからない!

生命保険や医療保険に加入したい、けれどもどこがいいかなんてわからない!そう思うひともいるでしょう。無理はありません。生命保険なんて、素人目にはどこが良いのかなんてわからないのです。 専門知識がないと比較するのも難しい 素・・・

保険の相談はカフェの方がリラックスできる

カフェインを摂取しすぎると睡眠が妨害される

保険の相談をするならば、自宅よりもカフェの方がオススメです。カフェならば、変に緊張せずにリラックスして相談することができます。 保険の相談はどこでも可能 保険の相談をしたいけれども、相談所や自宅に招かなければいけないのか・・・

加入中の保険に不満を感じている人は少なくない

お金がないけどマイホームが欲しい

実は世の中には、加入中の保険に不満を感じている人も少なくないのです。でも、なんだか保険の見直しが面倒に感じて、なんとなく加入を続けている人も多いのです。でも、将来のことを考えたら、保険の見直しは真剣に検討すべきことなので・・・

貯蓄型保険でお金も貯める

保険には掛け捨て型と貯蓄型があります。保険に入っても、必ずしも掛け捨てではなく、お金を貯金しながら保険に入ることもできるのです。どういうことなのか、詳しく下記で見ていきましょう。 貯蓄型保険の特徴 貯蓄型保険の特徴は何と・・・

家族を持つ会社員は就業不能保険の加入を!

もしも、家族を持っている社会人ならば、自分のことだけでなく、家族も考えなければいけません。もし、自分が怪我や病気で働けないときに、収入を得るにはどうすれば良いのか、その答えが就業不能保険です。 就業不能保険で働けなくなっ・・・

日本国民全員がん保険に加入すべき理由

2017年6月に元キャスター・女優の小林真央さんが34歳の若さで亡くなりました。今、日本は年齢性別問わず、癌に侵される人が増えています。これからの将来を考えたときに、すべての日本人ががん保険に加入すべきとも言えるでしょう・・・

国民年金だけでなく個人年金にも加入しよう!

もはや国民年金だけでは、老後に豊かな生活が送れる保証はありません。これからは、自分でも蓄えて、老後に備える必要があるのです。国民年金だけでなく、個人年金の加入も検討しましょう。 国民年金では月20万円ももらえない 国民年・・・

親身になってくれる保険担当者を探そう!

生命保険の契約をする際は、親身になってくれる保険担当者を見つけることが大切です。担当者がどれだけ仕事をしてくれるかで、自分に合う保険を組むことができます。保険契約では、担当者との相性はとても重要なのです。 最新の保険を紹・・・

持病があり保険に加入したい

持病がある方は、保険に入りづらいとも言われていますが、持病がある方でも、保険に加入できる場合があります。 持病があるからと保険加入を諦めてはいけない 持病があると、保険加入が難しいとも言われていますが、加入できないわけで・・・

自分に合うFPに会いたい・相談したい

自分に合うFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したいという方も少なくないでしょう。しかし、自らでFP(ファイナンシャルプランナー)を探すのはとても大変な作業になります。そこで、どのようにFPと出会えば良いのか、下記で・・・

家計の見直しは保険比較で支出削減する!

家計を見直したい、なんとか支出を減らしたいと思う人も少なくないでしょう。家計で見直すべき点は、毎月かかる固定費です。特に見直すべきポイントが固定費である、保険の費用なのです。下記で詳しく見ていきましょう。 家賃や住宅ロー・・・

出産を控えている方は保険契約・見直し検討を!

母子家庭の引越で注意すべきこと

これから出産を控えている方は、保険の契約・見直しを検討した方が良い時期かもしれません。これからは、自分だけでなく、子供や家族のことも考えた保険加入が必要になるでしょう。 自分だけでなく家族を含めて考えた保険契約を 妊娠・・・・

このページの先頭へ