いらなくなったドールの処分方法!古いドールでも高く売れるから捨てるな!高額買取を狙い売却しよう!

[フィギュア]

引越や家の大掃除などでいらなくなったドールを捨てたい、処分したいと思うかもしれません。

そこで今回はドールの処分方法について考えていきましょう。また、実はドールは高く売れるかもしれないので、その点についてもご紹介します。

ドールの処分方法について考えよう

ドールの処分方法について考えよう

ドールが好きだったり、ドールを集めていた方は、いつの間にかいらなくなったドールもたまり、処分方法に困るかもしれません。

そこで、ドールはどのように処分すればいいのか、得するドールの処分方法について、詳しく見ていきましょう。

ドールをゴミとして捨てる

ドールをゴミとして捨てる

まず、簡単なドールを処分方法として、普通にゴミとして捨てる方法があります。

これは一番手っ取り早くドールを処分できる方法です。しかし、これだとせっかくお金をかけて買ったドールを、わざわざ新しいゴミ袋を使ってまで処分することになり、一銭のお金にもなりません。

ドールをゴミとして捨てるのは簡単ですが、何か勿体無いような気もします。また、ドールは結構コアなファンがいたりするので、自分にとってはいらなくなったドールでも欲しいと思う人がいるものです。

友達やドール仲間にドールをあげる

友達にドールをプレゼントする

ドールが好きな友達や仲間に、いらなくなったドールをプレゼントする方法もあります。

友達思いな人ならば、いらなくなったドールをプレゼントするのも良いでしょう。もらった人は、特にドールが好きな人ならば、きっと喜ぶことでしょう。ただ、この方法などタダであげてしまうので、自分にとってはお金にはなりません。

確かに感謝されるので良い気持ちはするかもしれませんが、高いお金を払ってまで買ったドールですから、簡単に誰かにあげてしまうのも勿体無い気がします。

なので、自分が得するようにドールを処分したいならば、やはり売った方がお金になります。また、売ったお金で次の新しい何かを購入することもできるので、せっかくなので、いらないドールは売ってしまいましょう。

近隣のリサイクルショップでドールを売る

近隣のリサイクルショップでドールを売る

そこで、近隣のリサイクルショップでドールを売る方法があります。

おそらく、家の近くにリサイクルショップがあると思います。そのようなお店で、いらなくなったドールを売るのです。この方が処分する予定のドールをお金に変えることができます。

ただし、このようなリサイクルショップ店は、服や家具など様々なものを売っているので、ドールを高く買ってくれるかどうかはわからないということです。

本当ならば、もっと高く売れるはずのドールが、価値をわかってもらえず、安く買取されてしまうことはよくあることです。近くのリサイクルショップなので、売りに持って行きやすいのですが、実は、よくあるリサイクルショップでは、自分のドールはそれほど高く売れないことが多いのです。

ドール専門店にドールを売りに行く

ドール専門店に自分のドールを売る

近隣リサイクルショップよりも、さらに高く自分のドールを売りたい人は、ドール専門店にドールを売りに行くのも良いでしょう。このような専門店ならば、適正価格がわかるはずなので、リサイクルショップよりも高く買ってもらえる可能性があります。

ただし、ドール専門店はそれほど多くなく、都心に集中している傾向にあります。なので、都心にアクセスできる人でないと、なかなか専門店に売ることができません。また、そこに行くまでの交通費もかかります。

さらに専門店は都心に多く、どうしても場所代がかかるため、そのような固定費を踏まえた値段で買われてしまうので、必ずしも納得いく価格で売れるとは限らないのです。

その他にも人件費などがありますし、経費を差し引いた金額で買われるため、希望するような価格で買い取ってもらうのは、なかなか難しいのです。

ですから、わざわざ遠出までしても、それほど高く買取してもらえなかったというケースもあるのです。また、専門店も「わざわざ遠くまでこっちに来たのだから、安く買い叩いても売るだろう」という魂胆も少なからずあるのです。

フリーマーケットで自分のドールを売る

フリーマーケットで自分のドールを売る

もし、自分が納得できる価格で、いらなくなったドールを売りたいならば、フリーマーケットに参加して売る方法もあります。フリーマーケットならば、自分の希望する価格を提示して、ドールを売ることができます。

ただし、フリーマーケットは自分の希望する価格で販売はできますが、買ってくれる人が来るかどうかはわからないということです。

フリーマーケットに来る人は、近隣に住む人か、たまたま近くを通っていた人だと思います。なので、必ずしもドールが欲しいと思ってくる人ではなく、たまたま自分のドールを見に来た人たちなのです。

そのような人たちが、ドールの価値を知っていて、高く買ってくれるとは限りません。むしろ、確率的に言ったら、ドールに詳しく購入したいと思う人と巡り会える可能性は限りなく少ないでしょう。価値を知らないのできっと値切ってきます。

なので、フリーマーケットでは、自分のドールをなかなか売りたい価格で売れないということがあるのです。

ヤフオクで自分のドールを売る

ヤフオクのやり方!

次に、ドールの処分方法として、ヤフオクでいらなくなったドールを売る方法があります。

ドールを高く売りたいならば、ヤフオクに出品するのも一つの方法でしょう。ヤフオクならば、ドールが欲しいマニアが見ていることも少なくありません。プレミアドールならば十分高く買取される可能性もあるでしょう。

ただ、ヤフオクの場合は、プレミアム会員に登録しないと出品できないのです。

プレミアム会員は月額500円ほどかかります。なので、ヤフオクは無料で出品できるわけではありません。さらに、落札された後は、落札者と連絡のやり取りをしたり、入金の確認をしたり、発送手続きをしてまた連絡したりと、やることが多いのです。面倒な人にはやや大変に感じるかもしれません。

さらに、ヤフオクユーザーは様々な人がいます。なかには、クレーマーもいて、言いがかりをつけて返金要求されるなんてこともあります。ヤフオクでは、安く買いたい人も多く集まるため、本来売りたい金額には届かず、低価格で購入されてしまうこともあるのです。

結構、気苦労もあるのがヤフオクなので、手軽さという面では劣るでしょう。

自宅にいながら宅配でドール専門業者に買い取ってもらう

ドール買取業者に宅配で送る

そして、最後に紹介するドール処分方法が、ドール専門買取業者に宅配でドールを送り買取してもらう方法です。

これならば、自宅にいながらドールを送り査定してもらうことができます。さらに、専門業者なので高く売れる可能性は十分にあります。査定金額に納得いかなければ売らなくても良いのです。また、送るのが嫌ならば、査定員が自宅まで出張査定しに来てくれます。

このような方法で買取に出せば、煩わしい手続き・やり取り、足を動かす必要もありません。ドールを高く買取してほしい、かつ無駄な移動や時間をかけたくない人こそ、専門業者に買取依頼をするのがいいでしょう。ネットから簡単に申し込むことができます。

ネット展開しているお店の方が、人件費や場所代がかかっていない分、買取金額に回すことができ、高価買取が期待できます。また、ドールを求める顧客も多く持っている可能性も高く、適正価格で売れやすいのです。

ドールを売るための専門買取業者比較

ドールを売るための専門買取業者比較

これから、いらなくなったドールの処分を検討している人は、ぜひ買取業者に査定依頼してみましょう。ちなみに、ドールを専門買取業者ならば、下記のサイトがオススメです。ぜひ一度チェックしてみると良いでしょう。

全国対応、出張・宅配買取の「リサイクルネット」

「リサイクルネット」はドール専門の買取サイトになります。

無料で梱包セットを全国へ発送してくれますし、自宅から簡単に送れて、買取してもらえます。梱包セットや査定料、その他手数料は一切無料なので、ドールを処分したい方は、「リサイクルネット」に問い合わせてみるといいでしょう。

「リサイクルネット」の公式サイトはこちらになります。「リサイクルネット」

「リサイクルネット」「リサイクルネット」

おもちゃやドールなど趣味品の買取なら「トイフォレスト」

おもちゃやドールなど趣味品の買取なら「トイフォレスト」

「トイフォレスト」は、おもちゃやドールなど趣味品の買取を専門に行うサイトになります。

ドール・おもちゃなどの宅配買取はもちろん、首都圏を中心に最短即日お伺いの出張買取を行っており、少量から大量のコレクション整理まで日本全国「トイフォレスト」の社員が査定・運びだしまで担当してくれます。

「トイフォレスト」も無料宅配キットを用意してくれ、送料・返送料・査定料・出張費・振込手数料が完全無料です。

また、宅配買取は着荷から最短1日でお振込みまでのスピード査定になるので、早くお金が欲しい方にもオススメですね。

「トイフォレスト」の公式サイトはこちらになります。「トイフォレスト」

「トイフォレスト」「トイフォレスト」

萌え系グッズ・ドール買取なら「もえたく」

萌え系グッズ・ドール買取なら「もえたく」

「もえたく」は、萌え系グッズ・ドール買取を得意としています。

「もえたく」は、過去40万人以上が宅配買取サービスを利用しており、買取価格は業界最高クラスとも言われています。

送料はもちろん、キャンセル料、返送料も完全無料で、15時までに申込みをすれば、その日に集荷に来てくれます。

また、申込みから最短2日で入金可能なので、早くドールを売ってお金にしたい方にもオススメです。梱包するダンボールも無料でプレセントしてくれます。

「もえたく」の公式サイトはこちらになります。「もえたく」

「もえたく」「もえたく」

ドールなどには根強い人気がある

ドールなどには根強い人気がある

ドールなどは、新品で買うとかなりの金額になるため、中古で買いたいという人も多いのです。

ですから、中古のドールなどでも、そこそこ良い値段で売れる可能性があります。不要になったドールなどは、捨てるのではなく、まずは売りに出してみましょう!

ドールが不要になった背景は様々あるでしょう。別れた彼氏・恋人からのプレゼント、離婚して不要になった指輪、サイズが入らなくなって不要になった宝石、壊れてしまったものなど、様々あると思います。

そのようなものは、すぐに捨てたくなるかもしれませんが、ドールは高く売れる可能性が十分にあります。

古いドールだからこそ需要がある

また、古いドールだからこそ欲しいと思うひともいるでしょう。たとえ古いドールなどでも売れる可能性があるので、まずは査定に出してみるといいでしょう。

ドールなどを売る前にチェックすべきこと!

ドールなどを売る前にチェックすべきこと!

ドールなどを売る前にチェックすべきことがあります。どのようなことをチェックすべきなのか、下記で詳しく見ていきましょう。

ドールにキズや汚れなどないか

まずは、売りたいドールに、傷や汚れがないか、よく確認しておきましょう。

いらなくなったドールなどは長期間使っていない可能性もあります。そうなると、どうしてもホコリが付いていることがあるので、売りに出す前に綺麗に拭き取るようにしましょう。

やはり売る際は、綺麗な状態にしていた方が高く売れる可能性があります。いらないドールなどでも、売る前に手入れをして綺麗な状態にしておきましょう。

また、ドールの汚れを拭いたり触るときは、査定額に影響してきますので、傷がつかないように注意してください。

ドールなどの付属品をチェックする

ドールなどのケース、保証書や説明書など、付属品がある場合は一緒に売りに出した方が高く売れる場合があります。

売る前に今一度付属品がないかどうかチェックしてみましょう。

せっかく高いお金を払って買ったドールなどは、買取専門サイトで売ろう!

せっかく高いお金を払って買ったドールなどは、買取専門サイトで売ろう!

このように、買取専門サイトならば、いらなくなったドールなども高く売れる可能性が十分あります。

なので、せっかく高いお金を払って買ったドールなどを捨ててしまうのは勿体無いことですし、ドールなども次の人に使われた方が喜ぶと思うので、まずは不要なドールなどは査定依頼に出してみましょう!

売りたいときこそが、一番の売り時

売りたいときこそが、一番の売り時

ドールは、売りたいと思ったときが、一番の売り時です。

ドールは時間が経過するほど、メンテナンスにも時間がかかり、状態も価値も下がってくる傾向にあります。少しでも高くドールを売りたいならば、なるべく早く売ることが大切です。

フィギュアやおもちゃなどを処分するなら!

下記では、フィギュアやおもちゃなどを売るのに、オススメな買取サイトを紹介しています。これから売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

フィギュア・ホビー・コレクションの高価買取「買取専門店トレジャー」

「買取専門店トレジャー」フィギュアを売ってお金にする

フィギュアを売るなら、フィギュア・ホビー・コレクション「買取専門店トレジャー」なら高価買取してもらえる可能性があります!

「買取専門店トレジャー」では、大人のコレクターから子供のおもちゃまで、多数の買取を行っています。

ガンプラ、仮面ライダーのベルトやシルバニアファミリー、レゴやプラレールなど、一般的なおもちゃ、古いおもちゃも買取を行っています。

「買取専門店トレジャー」の公式サイトは、こちらになります。「買取専門店トレジャー」

「アルカディア」出張買取フィギュアやプラモの買い取り

「アルカディア」のフィギュアやプラモの買い取りなら、宅配ほか、全国どこでも出張買取をしてもらえます!

萌え系フィギュアは「もえたく!」に買取依頼美少女系フィギュア買取専門の「もえたく!」

美少女系や萌え系フィギュアの買取希望ならば、専門店「もえたく!」がオススメです!

「2次元美少女買取王国」抱き枕2次元美少女買取王国で抱き枕買取

萌え系フィギュアほか、抱き枕カバーの買取依頼ならば、「2次元美少女買取王国」のサイトを見てみましょう!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ