フリーランスは、自己アピールがへたくそな人が少なくないです。これは、長年内勤で営業をしたことがないひとが多いため、なかなか自分自身をアピールしようと考えないことがあるかもしれません。しかし、フリーランスになったら、自分で自分のことを売り込む必要があります。誰かが自分のことを売り込んでくれるわけではないのです。

フリーランスになるとすべて一人で行う必要がある

フリーランスはすべて一人で行う必要がある

フリーランスになると、すべて一人で行う必要があります。営業も仕事も経理も、すべて一人で自分で行わなければいけません。会社員のときのような、誰かをあてにして仕事をするのも、難しくなってくるでしょう。すべて一人で仕事をしなければいけないため、常に時間に追われることになります。フリーランスと言えども、自由な時間がなく、忙しい日々を送ることもあるでしょう。

既存客ばかりだとゆくゆくは売り上げが落ちる

フリーランスは常に新規顧客を取ってこないといけません。いつまでも既存顧客に頼っていると、後で大幅な売り上げ減につながる可能性が高いでしょう。いつまでも既存顧客が仕事をくれるわけではないことを頭に入れておきましょう。結局のところ新規顧客を獲得しないと仕事は減る一方になってしまうのです。

ポートフォリオはしっかり作っておこう

フリーランスが活躍するためには、ポートフォリオをしっかり作っておくことが大切です。特に無名のフリーランスは、どれだけ技術があるのか相手に知ってもらうことは簡単ではありません。そういうときも、ポートフォリオがあれば、自分がどれだけのスキルがあるか、理解してもらえるでしょう。ポートフォリオは営業の武器と考えましょう。新たな仕事を得るためにも、真剣に制作することが大切です。フリーランスのなかには、適当なポートフォリオしか用意していない人もいますが、ポートフォリオこそ真剣に作る必要があるでしょう。

人との付き合いを大切にすること

結局は人との付き合いで仕事を得ることができます。フリーランスの方は、付き合いを大切にしましょう。コネがあった方が、新たな仕事を得やすいのです。大きな仕事は、多くが人脈があるかどうかで、仕事を得られるかにも影響してきます。フリーランスの方は、特に外に出て、新たな仕事を得る機会を探りましょう。新たな人脈を築ければ、仕事が得られる可能性も高くなるでしょう。