今回は、FXで負けない方法・コツについて詳しく見ていきたいと思います。

FX投資をしても、どうしても負けてしまう方は、下記のことが参考になるかもしれません。

両建てしても勝てるわけではない

両建てしても勝てるわけではない

FXで負けない方法として、両建てをあげる方がいます。

買いと売りを同時に行いリスク回避を狙う投資方法なのですが、正直これはオススメできません。

たとえ両建てをしたからといって、必ずしも負けないわけではないのです。

両建てをするということは、プラスにもなりますがマイナスにもなります。

また、手数料分も加味しながらプラスにもってかないといけないわけで、両建てすれば簡単に稼げるというわけでもないのです。

両建てをしても、利益を得るためには最終的にどちらかを選ばないといけません。

その選ぶタイミングが、また難しいのです。

片方に選んでも、それが必ずしも思惑通りいくとは限らず、マイナスに進むことも考えられるのです。

なので、負けない方法に両建てをあげるのは、個人的に疑問を感じずにはいられません。

損きりしないのは自殺行為

また、含み損を抱えたまま損きりしなければ、いつかは値が戻り負けないのではないか、と思うかもしれませんが、そのいつかはやってこない可能性もあります。

損きりせずいつまでも含み損を抱えたままにすると、相場はどんどんマイナスに動き、最終的に強制ロスカットされてしまうこともあるのです。

淡い期待を抱き、含み損を抱えていても、値が戻らないことも多々あります。

そういう無意味な損きりしない方法は、ただの自殺行為でしかなく、負けない手法とは言えません。

冷静な取引が行えているか

冷静な取引が行えているか

まず、FX投資で大切なことは、冷静な判断です。

感情的に取引すると、判断が鈍り、損失を生む原因にもなります。

いちいち相場を見て、一喜一憂していたのでは、身が持ちませんし、手法もその都度ブレると思います。

そうなると、自分の勝ちパターンが見えてこず、いつまで経っても損失を抱えてしまうことになるのです。

100%負けないと思わない方が良い

100%負けないと思わない方が良い

そもそも、FXの世界では、100%負けないというのは、相当難しいことです。

どんなに稼ぐプロでも、負けることはあります。

なので、100%負けないことを目指すのではなく、継続して利益を上げることが重要だと思います。

負けても市場から退場させられない範囲でリスクを抑えることです。

FX投資がうまいひとは、負け方もうまいです。

損失を最小限に抑えて、次の勝ちを狙います。

なので、負けることはあるので、いかに損失を抑えるかが大事なのです。

情報を鵜呑みにしても勝てるわけではない

情報を鵜呑みにしても勝てるわけではない

また、FX投資で勝ちたいがために、ネットや雑誌などから情報を集めるかもしれませんが、そういう情報を鵜呑みにしても勝てるわけではありません。

そういう情報はあくまで一つの意見でしかないのです。

たとえ予想が外れたとしても、誰も責任を負ってはくれません。

みんなそれぞれに好きなように言っているだけなのです。

なので、あまり情報に頼りすぎて取引しない方が良いでしょう。

自分なりの勝ちパターンを築けているか

自分なりの勝ちパターンを築けているか

FX投資で大切なことは、自分なりの勝ちパターンを築けているかどうかです。

誰かの手法をそのまま真似るのではなく、参考にしつつも、自分が勝てる投資手法を築くことが、FX投資で勝つために大切なことなのです。

それには、過去の取引履歴を見返したり、書籍や教材で勉強することが大切です。

常に反省と改善を繰り返して、自分の勝ちパターンを確立すると良いでしょう。

ちなみに、下記のページでも、おすすめの教材や書籍について紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

また、1分足でスキャルピングをするならば、TAMURA式・FX1分足トレード法も参考になると思います。

TAMURA式・FX1分足トレード法の公式サイトはこちらになります。

負けないためにも相場をよく見て、研究するしかない

FX投資で負けないためにも、相場をよく見て研究することだと思います。

相場を観察すれば、どういうときに勝てそうなのか、だんだん見えてくるはずです。

テキトーに取引するのではなく、自分が勝てそうなタイミングで取引することも大事なのです。