旦那・彼氏のいびきがうるさいムカつく!不眠に悩まされる奥様に必見おすすめグッツ!!

[健康]

旦那のいびきで悩まされている奥さんも少なくありません。結婚当初からいびきで悩まされる妻たちは多いのです。なぜこんなにいびきをするのか、いびきを無くさせるためにはどうすればいいのか、死活問題なので詳しく見ていきましょう。

旦那・彼氏のいびきで寝ることができない!

旦那のいびきがうるさすぎる

旦那のいびきに相当苦しめられている女性たちはたくさんいます。妊娠中で臨月間近の妊婦は、旦那のいびきで眠れず苦しんでいるひとも少なくありません。本当に何度旦那に言ってもいびきが治らないため、殺意を覚えたり、離婚を考えるひともいるほどです。いびきの問題は、本人に自覚がなく、なかなか治らず、また治そうと努力しないことにもあります。

不眠症は健康的にもよくありません

いびきが原因で不眠症になり健康面で問題が生じる

しかし、いびきを放っておくと、いびきで苦しんでいるひとは、不眠症に陥ります。また、不眠症が続くと、健康面でもよくありません。妊娠中の場合は胎児にも影響が出てくることも考えられます。精神的にも肉体的にも辛いので、早急にいびき対策を講じたほうが良いでしょう。放っておくと体に悪いです。

耳栓をしても効果なし

耳栓をしてもいびきは効果なし

いびきに困る女性は、いびきが聞こえないように耳栓をすると思います。しかし、してみるとわかるのですが、効果がないのです。耳栓をしていても、隣でいびきをかいて寝られると相当うるさく、睡眠妨害になります。本当にいびきで苦しんでいるひとは、耳栓でもあまり効果を感じることがないでしょう。耳栓と耳あなの隙間からいびきの爆音が入ってきてしまうのです。

録音して聞かせてもどこ吹く風

いびきを本人に聞かせてみる

また、いびきを録音・録画して本人に聞かせてもみることもしているかもしれません。しかし、本人に自分のいびきを聞かせても、自覚がないので他人事なのです。録音を聞かせても、どこ吹く風で真剣に取り合う気持ちがありません。本人は普通に寝ているので、問題ないだろうと思ってしまうのです。いびきに対する意識は、夫婦でも温度差があります。

別室にするのは物理的に難しい

別室にするのは物理的に難しい

いびきが本当にうるさいので、別室で寝たいと思うかもしれませんが、家が狭く物理的に別室を確保するのは難しいひとも多いと思います。特に子供がいる場合は、子供部屋も用意しないといけず、なかなか夫婦別で寝るのが難しいのが現状です。なので、多くの奥さんは、いびきがうるさい旦那と一緒の部屋で寝るしかなく、それでいて寝られないので苦しい思いを強いられることになります。

いびきは夫婦関係の亀裂原因にもなる

いびきは夫婦の亀裂を生むことになる

いびきは放っておくと、どんどんストレスを抱えることになります。いびきで睡眠を妨害してくる旦那に対して不満が募ってくるのです。こうなるといつ爆発するか、わからず、夫婦関係に亀裂が生じてしまい、家族の空気が悪くなります。たかが、いびきと軽く見てしまいがちですが、しかし、いびきにより健康も夫婦関係にも害が及んでしまうので、真剣に考えないといけません。

いびきの原因 – なぜ旦那はいびきをするのか

なぜ旦那はいびきをするのか

そもそもなぜ旦那がいびきをするのか、いびきをするひとには、下記のような特徴がありますので、詳しく見ていきましょう。

肥満の人にいびきは起きやすい

肥満のひとはいびきをかきやすい

肥満のひとはいびきをかきやすい傾向にあります。肥満のひとは喉に負担がかかり、気道確保しにくい傾向にあるのかもしれません。また、呼吸も深く、いびきが出やすいです。

いびきをするひとは正常に呼吸ができていない?

いびきをかくひとは、無呼吸症状に陥りやすい

いびきをかくひとは、睡眠時無呼吸症候群の傾向にあると言われています。いびきをかくひとは、呼吸が止まることがあるはずです。呼吸が止まってしまうと命の危険性もあるため、いびきには真面目に向き合った方がいいです。一度、病院にしっかり見てもらうのもいいでしょう。

男性はいびきをかきやすい

男性の方がいびきをかきやすい

また、いびきは男性に多いと言われています。男性の方が肺活量もあり、いびきは大きい傾向にあります。女性のいびきをかくひとはいますが、全体的に見るとそれほど多くないでしょう。夫婦間では、いびきに悩まされるのは女性の方が圧倒的に多いのです。

加齢によりいびきがかきやすくなる

いびきは加齢男性に多い

加齢により、いびきが発症するケースもあります。年を重ねると、舌を支える筋肉、喉周辺の筋肉が弱まってきて、舌がのどに落ちやすくなり気道を狭くしてしまいます。これがいびきの原因となるのです。ですから、年齢を重ねたひとほど、いびきが出やすいので注意が必要です。

お酒の飲み過ぎでいびきをかきやすい

深酒はいびきの原因にもなる

お酒の飲み過ぎはいびきをかく原因にもなります。毎晩、仕事かえりにお酒を飲んだり、家で晩酌する男性は特に注意が必要です。お酒を飲むことで、いびきもしやすくなります。

遺伝といびきの関係性

遺伝によるいびき発症

遺伝といびきは特に関係がないようです。父親がいびきをしていたからといって、その子供も受け継ぐとは限りません。しかし、育った家庭環境により、いびきが起きやすくなる原因はあるかもしれません。食生活や睡眠の仕方、健康管理によっても、いびきの原因となる可能性があります。遺伝は関係ないと言っても、生活環境にはなんらかしらの関係性はありそうに思います。

いびきをするひとは十分な気道確保ができていない

いびきを解消するには気道を確保する

さて、これまでいびきの原因について触れてきましたが、これからお伝えすることはいびきを解消する方法です。いびきを解消させるためには、気道を確保することです。いびきをするひとは、気道が確保できていなく、狭いためいびきをしていることが考えられます。なので、いかに気道を確保するかが大切なのです。

痩せるといびきが減少することも

ダイエットして気道を確保する

いびきを解消させる方法として、肥満なひとはダイエットすることです。肥満が原因で喉を圧迫している可能性もあるので、まずはダイエットをして気道をしっかり確保することが大切です。太りすぎはいびきの原因にもなります。ただ、ダイエットしただけでは、痩せてもいびきが治らないこともあります。そこで、いびき防止のマウスピースを使うことを検討するかもしれません。

マウスピースは嫌がられる

いびき防止のマウスピース

いびき防止のマウスピースがあり、これを使うといびきが減少することがあります。しかし、つけてみると痛みを感じることがあります。異物を口に入れるので、痛みや違和感を感じて、今度は旦那の方が寝れなくなることがあるのです。また、唾がたまりやすく不快で寝にくいのです。ですから、マウスピースを用意しても装着してくれなく、そのまま寝られてしまうことも少なくありません。

気道確保できる枕が重要

気道が確保しやすい枕を使う

ですから、一番いびき対策としていいのが、枕を変えることです。気道が確保できていないのでいびきが出る。ということは、横向きで寝て貰えば、気道が確保されるため、いびきがかきにくいのです。しかし、横向きで寝やすい枕というのはなかなかありません。そこで、横向き寝専用枕のYOKONE「ヨコネ」がオススメなのです。ヨコネいびき専用枕

上記の写真は、ヨコネの枕なのですが、ヨコネは頭・首・肩・肘をしっかりサポートしてくれます。また、横向きで寝ても首が、枕の沈みで曲がることなく、一直線の姿勢で寝ることができます。横向きで寝ても、楽な体勢で寝れて、いびき解消にも効果が見込めます。これまで色々試しても旦那のいびきが解消されず困っていた女性は、ぜひYOKONE「ヨコネ」で旦那を寝かせてみるといいでしょう。サイトには使用者の絶賛する声も載っているので、ぜひ参考にしてみてください。ヨコネいびき専用枕


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ