大手SE(システムエンジニア)の平均年収はいくらなの?

[インフラ求人]

今現在、SE(システムエンジニア)で働いている人も、これからSEとして働きたい方も、いったい大手SEはいくらくらい年収を稼いでいるのか、気になる方も少なくないでしょう。そこで今回は、大手SEで働く人たちの平均年収について、詳しく見ていくことにしましょう。

大手SEエンジニアの平均年収は700万円くらい

大手SE(システムエンジニア)の年収

もちろん、業種や使用言語により年収の差はあると思います。ただ、だいたい大手SE(システムエンジニア)の平均年収は700万円前後と言われているのです。なので、逆に下請けが多い、中小企業のSE(システムエンジニア)だと、もっと年収が低いことが考えられます。

大手SE(システムエンジニア)の場合、おおよそ20代で月収30万円、30代になると45万円、40代になると55万円という感じで上がっていきます。なので、20代のうちなら月収30万円もらえるのは魅力的ではないでしょうか。新卒社員ならもっと安月給のところもたくさんあるわけで、なぜSE(システムエンジニア)が人気なのかわかるような気がします。ただ、その後は驚くほど上がるわけではなく、緩やかに昇給していくのが多いような気もします。

SE(システムエンジニア)平均年収ピークは50~55歳

あと、SE(システムエンジニア)の平均年収ピークは、だいたい50~55歳と言われています。その金額はおよそ800万円ほどです。月収にすると65万円近くもらえるところもあるでしょう。30代だと550万円前後、40代だと700万円前後、そして50代にピークを迎える感じです。

ただ、これも会社の規模や勤続年数、またスキルによっても違ってくるでしょう。大手SE(システムエンジニア)の平均年収はこのような感じで、これよりも少ない多いは多少なりともあると思います。

部長クラスになると一千万円超えも

SE(システムエンジニア)部長クラスの年収

また、さらに部長クラスになると、年収1,000万円超えも夢ではありません。大手の場合は、課長クラスでも年収900万円を超えることもあります。やはり、役職が上がれば、当然年収が上がる可能性も十分にあるのです。なので、年収を上げるには昇進を目指すことも大切なのです。

地域や業界によっても違う

SE(システムエンジニア)の年収は、知識や業界によっても違います。例えば、地方よりも大阪や東京などの都会の方が、やはり稼ぎやすく、年収でいうと百万円単位の開きがある場合もあるのです。また、業界によっても、SE(システムエンジニア)の年収は違ってきます。

やはり、金融・保険、もしくは技術サービスを展開している業界のSE(システムエンジニア)の方が、稼げる金額も大きくなってくるでしょう。年収をあげたいのであれば、地域や業界にもこだわるのが良いと思います。

大手SE(システムエンジニア)だと賞与も違う

また、大手SE(システムエンジニア)の場合は賞与の額も違う場合があります。中小企業だと2ヶ月分の賞与のところ、大手企業になると4ヶ月分の賞与が出るところもあります。このように、大手SE(システムエンジニア)として働くか働かないかで、賞与額も大きく違ってくるのです。

契約社員だと年収はやはり低いことも

契約社員SE(システムエンジニア)は年収が低い

SE(システムエンジニア)でも、契約社員で働くケースもあるでしょう。しかし、契約社員だとやはり年収が低いことがあります。契約社員SE(システムエンジニア)の年収はおよそ350万円前後とも言われており、やはり正社員に比べて、年収は低くなってしまうのです。ですから、年収を高くしたい、稼ぎたいと思うならば、正社員雇用を目指した方が良いでしょう。また、年齢が若いうちならまだしも、年齢が高くなっても派遣SE(システムエンジニア)を続けていると、懐疑的に見る目が出てくるので注意が必要です。

高卒でも技術があれば問題なし

また、SE(システムエンジニア)業界は高卒だろうとも、技術があれば、大卒と年収に大きな差はありません。活躍次第では、大卒より稼げる高卒SE(システムエンジニア)もいます。ただ、会社によっては大卒の方が、出世スピードが速いというケースもなくはありません。しかし、基本的には大卒だろうと高卒だろうと、仕事ができれば、SE(システムエンジニア)業界では、それほど収入差はないのです。

必要とされるSE(システムエンジニア)になるためには

SE(システムエンジニア)に必須条件

これから必要となるSE(システムエンジニア)になるためには、やはり資格取得は一つのテーマになるでしょう。CCNAやOracleなどは有名なところですね。ただ、資格取得もそうですが、何よりも経験が大事だと思います。どんなに資格を取っていても、現場で使える技術者でなければ、採用が難しい場合もあるでしょう。

コミュニケーション能力も必要

あとは、コミュニケーション能力も必要だと思います。現場ではチームで動くことも多いです。当然、相手と意思疎通できないと、仕事が進みません。また、管理者になるのであれば、統括力というのも必要になります。技術者だからといって、一人で黙々と作業していれば良いというわけではないのです。

また、SE(システムエンジニア)の場合は深夜作業も伴うでしょうから、健康管理も必要ですし、それなりの体力も求められます。特にパソコン作業が多くなると思うので、体調管理に気を配る必要はあるでしょう。

言語を覚えることも大切

また、SE(システムエンジニア)の方は、特定の言語を覚えることで就職しやすくなります。求人案件によっては、Perlを覚えると転職が有利に働くケースもあります。もちろんPerl以外でもいいですが、何か他の言語を習得しておくと、転職活動でも有利に働くことが少なくないでしょう。

上流工程を担当すると年収も上がりやすい

上流工程担当のSE(システムエンジニア)

あとは、やはり下請けよりも上流工程を担当するSE(システムエンジニア)の方が、年収は高い傾向にあります。よりクライアントに近い場所で仕事ができれば、当然得られる金額も多くなります。それは年収にも反映されることでしょう。ですから、なるべく年収を高くしたいならば、上流工程で作業できる会社を選ぶと良いでしょう。

面接時にハードルを高くしてしまうと働く時に辛い

また、気をつけなければいけないのが、面接採用時にアピールし過ぎて、自分への期待を高め過ぎてしまい、スペックに合わない仕事を振られてしまうことです。そうなると結局キャパオーバーで対応しきれず、ダメ人間のレッテルを貼られてしまうことになります。また、IT業界はできる人間に過度な仕事の量を振られてしまうので、最初からあまり大風呂敷をしかないことです。あとで、自分の首を絞めてしまう結果となります。

フリーランスや副業をする

また、SE(システムエンジニア)の方で年収をあげたいのであれば、フリーランスや副業で、個人で仕事を請け負ってみることです。今は、個人で活躍するSE(システムエンジニア)も少なくありません。フリーランスの場合だと、安く仕事を依頼できるので、結構重宝される場合もあります。また、個人で仕事を請け負えば、仲介会社からマージンを搾取されることもありません。普通に会社員として働くよりも結構良い値段が取れたりします。いきなりフリーランスで働くことに不安がある方は、まずは副業で軽く仕事を請け負ってみるのもありでしょう。徐々に個人で受ける仕事に慣れてきたら、フリーランスの道を目指しても悪くないかもしれません。

転職するならばSE(システムエンジニア)業界に強い求人サイトで

また、もしこれからSE(システムエンジニア)業界の転職を考えている方は、普通の求人サイトではなく、SE(システムエンジニア)業界に強い求人サイトが良いでしょう。その方が、業界をより深く理解していますし、自分に合う求人案件を紹介してくれます。当然、SE(システムエンジニア)人材を探している企業も多く集まるので、自分の希望が通りやすいことが考えられます。転職を成功させたいならば、SE(システムエンジニア)に詳しい求人サイトで応募しましょう。下記でも、オススメの専門サイトを掲載しているので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

SE・インフラ系求人を探すならばこちら!

下記では、SE・インフラ系求人に特化したサイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

社内SEを目指す方必見!IT・Webエンジニア転職の「社内SE転職ナビ」

「社内SE転職ナビ」「社内SE転職ナビ」

「社内SE転職ナビ」は、社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。より具体的なサポートを希望の方には、業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポートし、最適なキャリア形成をアドバイスしてくれます。

「社内SE転職ナビ」では、客先常駐のない求人を検索出来たり、アドバイザーお勧めの求人が確認でき、自身の希望、客観的な視点からのアドバイス双方が受けることができます。

システムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、ITコンサルタント、ゲーム業界、情報システム担当者などエンジニア全般の転職を考えている方は、「社内SE転職ナビ」をチェックしてみると良いでしょう!「社内SE転職ナビ」

IT・Web転職サービスの「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」は、IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスです。IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを受けることができます。

「レバテックキャリア」は、IT・Web業界に特化しているからこその4,000件を超える求人登録数を誇り、レバテックだけの非公開求人数も多数あります。また、キャリアアドバイザーとは、専門用語はもちろん、最新技術の話が可能ですし、パーソナリティや志向性に合った求人を提案し、年収290万アップの実績があります。

職務経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートしてくれ、各企業の方針、社風、採用ポイントも詳しく説明してくれるので、転職の成果に差がつきます。IT/Web系のエンジニアへの転職を検討されている方は、「レバテックキャリア」も見てみると良いでしょう。「レバテックキャリア」

  

機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社 - 株式会社テクノプロ・キャリア

株式会社テクノプロ・キャリア

株式会社テクノプロ・キャリアは機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社です。対象職種は、機械設計(筐体、機構、構造)、金型/光学設計、電気・電子回路設計(アナログ、デジタル、LSI、レイアウト、制御)、CAE解析、生産技術、品質管理・生産管理、FAE、組み込みソフトウェア開発、業務/Webシステム開発、ネットワーク/インフラ設計・保守・運用等々の技術職と、技術系企業の管理系の職種になります。大手エージェントと比較して案件数は少ないですが、業種や職種に対する理解は深く、希望に沿わない求人を無理に進める事はありません。また、企業に紹介を進める際も強みをしっかりと伝えてもらる、サポート体制がしっかりした会社です。株式会社テクノプロ・キャリア

登録者数増加中!テストエンジニア派遣なら「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」は、テストエンジニアの派遣サイトになります。テスト・品質のノウハウを学ぶことができ、今後のキャリアのチャンスが広がります。テストエンジニアの仕事に興味ある方は、「ソフトウェアジョブズ」をチェックしてみると良いでしょう。「ソフトウェアジョブズ」

インフラエンジニアのための求人サイトAFI JOB

求人サイトAFI JOB求人サイトAFI JOB

インフラエンジニアを募集している、ヴァイファルコ株式会社の求人情報になります。業務に直結すれば、資格取得以外の費用も会社が負担する制度や本社には誰でも利用可能なサーバを設置して自由に学べる環境を整えています。経験の浅い方にはマンツーマンで教育に当たるなど充実した教育制度が魅力であり、比較的経験が浅い方も実務を通してスキルアップができるチャンスがあります。ヴァイファルコ株式会社の求人情報


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ