産休・育休や他の業界で仕事をしていた方は、長期間のブランクがあり、またWEBデザイナーの仕事ができるか不安だと思います。

そこで今回は、ブランクあるWEBデザイナーの就職活動について触れていきたいと思います。

たとえブランクがあってもWEBデザイナーとして働けるチャンスはある!

たとえブランクがあってもWEBデザイナーとして働けるチャンスはある!

個人的には、たとえブランクがあったとしても、WEBデザイナーとして働けるチャンスは十分あると思います。

ブランクがあっても、すでに業界を経験しているわけで、ある程度の知識やスキルが身についているはずです。

もちろん経験もだいぶ前のものかもしれませんが、それでもないよりはプラスに評価されることがあるでしょう。

たとえブランクがあっても、仕事をしていけば、思い出してくることも多いはずです。

なので、長期間のブランクがあっても、WEBデザイナーの道を諦める必要は全くないでしょう。

また、WEBデザイナーの仕事をしたいということは、自分に合っているかもしれない

長期間ブランクがあったとしても、またWEBデザイナーの道を目指したいということは、その業界の仕事が自分に合っているかもしれないのです。

せっかく興味ある仕事をみすみす諦めてしまうのは勿体無いことです。

また、会社によっては、多少の経験があれば採用してくれる会社もたくさんあります。

未経験者でも採用している会社も少なくないので、少しでも経験があるならば、十分採用される可能性があるでしょう。

就職活動と同時に、自分でも勉強しておくと良い

また、最近の業界情報を得るためにも、自分で勉強しておくのも良いでしょう。

そうすれば、次の仕事にもスムーズに取り組めると思います。

下記のページでも紹介していますが、今は短期間にデザインやプログラミングが学べるスクールもあるので、そういうところで勉強して、次の仕事に生かすのも良いでしょう。

ちなみに、WEBデザイナーの向き不向きについて、下記のページで触れているので、興味ある方は参考にしてみると良いでしょう。

今すぐ行動に出てみると良い!

今すぐ行動に出てみると良い!

自分を必要としている会社はいろいろあるかもしれないので、今すぐ行動に出てみると良いでしょう。

ブランクがある分、なるべく早く仕事を始めた方が、業界の流れを掴むのも早くなると思います。

下記でも、WEBデザイナー向けの求人を紹介しているので、興味ある方はぜひ参考にしてみると良いでしょう!