第二新卒者はWEBデザイナーの転職がしやすい!未経験でもチャンスがある!

[IT・Web]

第二新卒の方ならば、WEBデザイナーなどWEB業界への転職は十分に可能です。

第二新卒のWEBデザイナーへの転職について、下記で詳しく見ていきたいと思います。

第二新卒の方は若さが大きな魅力

第二新卒の方は若さが大きな魅力

第二新卒の方ならば、まだ新卒から数年以内だと思うので、20代の方がほとんどでしょう。

やはり、どの業界に就職するにしても、年齢の若さは大きな魅力の一つなのです。

若いということは、それだけ将来の可能性があるということです。

会社によっては、30代以降のひとを雇うよりも、若い第二新卒者を好むことも多いのです。

ですから、たとえ業界未経験者であっても、WEBデザイナーに転職できる可能性は十分にあります。

デザイン系を勉強していると尚よし

また、WEBデザイナーになりたい方は、もしデザイン・グラフィック系の勉強や経験をされていたら、WEBデザイナーの仕事にも活かすことができるので、転職しやすい可能性があります。

やはり、WEBデザイナーはデザインセンスも必要とされる仕事なので、デザイン経験があると、採用面接でプラス評価が得られることが多いです。

もし、紙媒体でのデザイン経験などあれば、採用面接時にアピールしてみると良いでしょう。

サイト制作実務はなくとも、共通する業界を経験しているとアピールできる

サイト制作実務はなくとも、共通する業界を経験しているとアピールできる

たとえ、WEBデザイナー経験がなくても、クライアントと共通する業界を経験していれば、サイト制作にも十分活かすことができます。

WEBデザイナー実務がなくても、間接的に業界を経験しているのであれば、それは制作にも活かせられるので、WEBデザイナーとして仕事ができる可能性もあるのです。

ですから、これまでの仕事で、WEBデザイナーとしての仕事に活かせられることがないか、よく考えて見ると良いでしょう。

WEBデザイナーは日々勉強が必要

また、WEBデザイナーは常にスキルを磨く必要があるので、日々勉強が欠かせません。

やはり、探究心を持ち、自分で率先して調べたり、勉強できる方が、WEBデザイナーの仕事にも向いているでしょう。

下記のページでも、WEBデザイナーの向き・不向きについて触れているので、参考にしてみると良いでしょう。

もし、サイト作成経験がない方は、オンラインスクールでも学ぶことができます。

下記でも、オススメのオンラインスクールを紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

まずは積極的に行動してみる!

第二新卒ならば、WEBデザイナーの転職は十分可能性があるので、まずは積極的に行動してみると良いでしょう。

下記のページでも、第二新卒者向けの就職サイトを紹介しています。

また、WEBデザイナーの転職を目指している方は、下記の就職サイトもチェックしておくと良いでしょう。

IT・Web・エンジニア系の転職を考えるならば、見ておきたいサイト

下記では、IT・Web・エンジニア系の転職を考えている方に、おすすめの転職サイトを紹介しています。

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが、転職活動で使えるポートフォリオの作り方を学ぶことができます。

Web職・ゲーム業界に転職を考えている方は、マイナビクリエイター」をチェックしてみると良いでしょう!

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

「GEEKLY」は、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスになります。

大手を中心に非公開求人数は2000以上あり、ギークリー独占の求人案件もあります。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

「GEEKLY」の公式サイトはこちらになります。IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を「midworks」

「midworks」「midworks」

「midworks」は、フリーランスと正社員の良いとこ取りをした案件を紹介してもらえます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」では、フレキシブルに働くことができます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」の公式サイトはこちらになります。Midworks


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ