WEBデザイナーになるには独学・スクールどちらを選択すべきか?

[IT・Web]

WEBデザイナーになりたり、WEB系の仕事に行きたいと思う方は、独学で勉強すべきか、スクールに通うべきか、迷うかもしれません。

そこで今回は、WEBデザイナーになるための独学・スクールについて、詳しく見ていきたいと思います。

独学にもスクールにもそれぞれ良さはある

独学にもスクールにもそれぞれ良さはある

正直、WEBデザイナーになるために、独学でもスクールでも、どちらでもそれぞれ良さはあるのです。

独学・スクールの特徴について、下記で詳しく触れていきたいと思います。

独学はスクールより費用を押さえられる

まず、独学の良さで言えるのは、費用面でしょう。

やはり、スクールに通うよりも、テキスト代のみで良いので、独学の方が安く済みます。

お金の面だけで考えるならば、独学もありでしょう。

独学のひとが押さえておきた本とは?

ちなみに、下記では独学で学びたい方に、オススメな勉強本をご紹介します。

HTML&CSSは必須!

やはり、WEBデザイナーとして仕事をするならば、HTML&CSSは基礎になるので、勉強しなくてはなりません。

Photoshop&Illustrator

また、Photoshop&Illustratorも、制作現場でかなりよく使うツールなので、使用方法などを勉強しておいた方が良いでしょう。

できれば、Javascript&PHPも欲しい

また、Javascript&PHPも、これからWEBデザイナーとして働くのであれば、押さえておきたいところです。

独学だと何から学べば良いか、わかりづらい

このように、独学では上記のような本を購入して自分で学ぶことになると思うのですが、何から手をつければいいか迷うことも少なくないのです。

今は、WEB系の参考書は本当にたくさんあるので選ぶのも大変ですし、また情報量も膨大なので、何から勉強すれば良いのかわからないという方も少なくないと思います。

なので、教科書を見てもわからないことも多く、結局独学で勉強したくても挫折してしまう方も少なくないのです。

やはり学びやすいのはスクール

やはり学びやすいのはスクール

なので、効率良くWEBの勉強をしたいならば、やはりスクールに通うのがオススメです。

スクールには、初心者・未経験者でもわかりやすいようにカリキュラムが事前に組まれているため、すんなり勉強に入ることができます。

独学だとどれから手をつけていいかわからないことがあると思いますが、スクールならばコースが用意されているので、すぐに迷わず勉強を始めることができるのです。

同じ教科書を使うにしても、理解度が違う

また、たとえ同じ教科書を独学でもスクールでも利用するとしても、理解度が全く違います。

独学だとなんとなく通し読みしてしまいがちなのが、スクールでは重要ポイントや疑問点なども理解しながら、先へ進むことができるため、理解度も全く違うのです。

ただし、スクールに行けば全て問題が解決するわけではない

ただし、スクールに行けば自分の望みが全て叶うとは必ずしも言い切れません。

やはり、コースによって学べる内容も全然違うので、自分に合う・習いたいコースを選択する必要があります。

また、スクールに参加するだけではなく、予習・復習をしっかり行い、積極的に自ら勉強する姿勢が大切です。

同じスクールに通うひとでも、集中して授業に取り組むのと組まないのでは、スキル習得スピードも全然違うはずです。

ですから、ただスクールに通うだけで満足するのではなく、集中して勉強することが大切でしょう。

スクールに通うことでモチベーション維持にもつながる

また、独学だと怠けやすくもありますが、スクールならば講師に教えてもらえたり、課題があるため、モチベーション維持もしやすいのです。

独学が苦手な方や怠けやすい方こそ、スクールでWEBデザインの勉強を学ぶと良いでしょう。

WEBデザイナーはこれからプログラミングスキルも必要になってくる

WEBデザイナーはこれからプログラミングスキルも必要になってくる

先ほどでも少し触れましたが、今はWEBデザイナーもだいぶ多くなっていますので、これからさらにWEBデザイナーとして活躍したいならば、デザインができるだけではなく、PHPなどのプログラミングスキルがあると、さらに活躍できる場が広がると思います。

なので、これからWEBデザイナーとして仕事をしていきたいのであれば、デザインスキルだけでなく、プログラミングにも興味を持って、勉強していくと良いでしょう。

そうすれば、他のWEBデザイナーとの違いを出すことができますし、就職活動でも有利になるはずです。

WEBデザイナーとして活躍するためには日々勉強することが大切

WEBデザイナーとして仕事をするためには、日々勉強することが大切です。

WEB業界は変化が早いため、日々勉強する必要があります。

WEBデザイナーになって満足していると、取り残されてしまう可能性もあるので、日々情報収集することが大事でしょう。

ちなみに、WEBの勉強をしたいならば、「WebCamp」というスクールがオススメですよ。

「WebCamp」は、1ヶ月の短期集中でWEBデザインの勉強も学べるので、興味ある方はチェックしてみると良いでしょう。

「WebCamp」の公式サイトはこちらになります。

その他にも、WEBデザインもプログラミングも学べる、おすすめのスクールについては、下記のページでも紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

IT・Web・エンジニア系の転職を考えるならば、見ておきたいサイト

下記では、IT・Web・エンジニア系の転職を考えている方に、おすすめの転職サイトを紹介しています。

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが、転職活動で使えるポートフォリオの作り方を学ぶことができます。

Web職・ゲーム業界に転職を考えている方は、マイナビクリエイター」をチェックしてみると良いでしょう!

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

「GEEKLY」は、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスになります。

大手を中心に非公開求人数は2000以上あり、ギークリー独占の求人案件もあります。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

「GEEKLY」の公式サイトはこちらになります。IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を「midworks」

「midworks」「midworks」

「midworks」は、フリーランスと正社員の良いとこ取りをした案件を紹介してもらえます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」では、フレキシブルに働くことができます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」の公式サイトはこちらになります。Midworks


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ