WEBデザイナーにはセンスや才能が必要だと思うひともいるかもしれません。

確かに、デザインをするのでセンスや感性はあった方が良いこともあるでしょう。

ただし、WEBデザイナーの仕事は必ずしもセンスや感性だけでする仕事ではないのです。

WEBデザイナーはアーティストなわけではない

WEBデザイナーはアーティストなわけではない

WEBデザイナーは、アーティストなわけではありません。

確かに、そのように活動するWEBデザイナーもいるでしょうが、大抵のWEBデザイナーは、いかにクライアントの要望に沿うデザインができるかが問われているのです。

センスや才能よりも正確性

なので、自分のセンスだけで作るのではなく、いかにクライアントの要望に合うデザインができるかが大切なのです。

自分のセンスや感性だけを頼りにしてデザインをしようとしても、それがクライアントに受けるとは限りません。

むしろ、自分のセンスや感性ではなく、クライアントの要望をよくヒアリングしてデザインすることが大切なのです。

そして、納期があるので、要望に即したデザインを早く正確に作成する技術が求められているのです。

センスや感性ばかり頼りにすると行き詰まる

なので、WEBデザイナーはセンスや感性ばかりを頼りに仕事をすると、クライアントの要望に合わず、行き詰まる可能性が高いことを忘れない方が良いでしょう。

そして、様々なクライアントの要求に対応できるように、自分でもデザインの勉強をしておくことが大切です。

どうすれば早くクライアントのニーズに合うデザインができるのか、勉強しておくことが大切です。

独学だけではなく、下記のページでも紹介しているように、スクールもあるのでそういう場所でデザインの勉強をしてみるのも良いと思います。

センスや才能がなくても、WEBデザイナーとして働くことができる

WEBデザイナーに大切なことは、自分のセンスや感性ばかりに頼るのではなく、クライアントの考えや要望を聞くことも大切です。

逆に言えば、WEBデザイナーは斬新なアイディアやセンスがなくとも、仕事をすることが十分可能ということです。

そういう意味では、デザインの才能だけではなく、いかにクライアントの要望をきちんとヒアリングして、短期間にサイト制作できるかも大切な技術であり、ひとつの才能なのです。