有料ドメインのメリットは何?無料ドメインと何が違うの?

[SEO]

有料の独自ドメインと無料ドメインは何が違うのか。ドメインを自分で買って取得してみようかと迷っている人もいるでしょう。そこで、独自ドメインと無料ドメインの違いについてお伝えしていきます。



独自ドメインと無料ドメインの違い

ドメインはどこからどこまでを言うのか

独自ドメインとはその名の通り、自分で取得して自分だけが使えるドメインになります。方や無料ドメインは、まがりしてドメインを使わせてもらうことになります。例えば、FC2でブログを持つと、「http://(自分のアカウント名).blog.fc2.com」のような形で無料ドメイン名を持つことができます。しかし、本来はFC2が取得している「fc2.com」のドメイン(FC2の独自ドメイン)であって、そのドメイン内に間借りして無料でドメインを使わせてもらっているのです。

このように、独自ドメインは自分だけのドメインであるのに対して、無料ドメインは誰かのドメインに間借りして使わせてもらっている状態になります。では、独自ドメインと無料ドメインでどのようなメリットデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

無料ドメインのメリット

無料ドメインにはコスト面などでメリットがあるのです。

お金をかけずにドメイン取得できる

無料ドメインはタダでドメイン名が取得できる

まず、無料なのでお金をかけずにドメイン取得ができます。本当にお金をかけずにただでドメインを使いたい人には無料ドメインが向いているのでしょう。設定もとても簡単にすぐ行えます。

一定のドメインパワーを引き継げる

無料ドメインはある程度パワーを引き継げる

また、もとあるドメインに間借りする状態なので、ある程度のドメインパワーを引き継ぐことができるのです。なので、真っさらな状態でサイトを運営するよりもある程度SEO効果(検索で上位表示させること)が見込めます。もとのドメインの運営歴がある分、ゼロからスタートするよりも有利なのです。

無料ドメインのデメリット

無料ドメインデメリット

しかし、無料ドメインでサイトやブログを運営すると様々なデメリットもあるので知っておきましょう。

他のドメインの影響を受けやすい

無料ドメインは影響を受けやすい

まずは、他のドメインの影響を受けやすいことです。間借りしているのは自分だけではなく、多くの人が一緒に間借りしています。その中の一人がもしグーグルが好まないような悪さをした場合に、ペナルティを受けてドメインの価値が下がります。そうなると、間借りしている自分の無料ドメインにも影響を受けやすいのです。無料ドメインは、間借りしているものや、もとのドメイン状態によって影響を受けてしまうのです。だから、自分だけでドメインを守れないリスクが常にあります。何も悪いことをしていなくても、他人によりペナルティなど検索順位が落ちて、サイト訪問者が減ってしまう可能性もあるのです。

サイトが閉鎖させられる可能性がある

無料ドメインは突然閉鎖のリスクもある

また、間借りしている状態なので、もとドメイン所有者の判断で簡単に閉鎖させられることもあります。規約に反する行為をすると、たとえ人気ブログであっても、平気で突然閉鎖させられることがあるのです。無料ドメインは他人の判断次第で簡単に閉鎖(使用停止)させられる危険性が常にあります。

ドメインを育てられない

無料ドメインは育てられない

無料ドメインのデメリットは、ドメインを育てられないこともあげられます。他者の影響を受けやすいのが無料ドメインなので、自分でコツコツ育てることができないのです。もとのドメイン次第で平気によくもわるくもなります。コツコツ愛情込めて育てていきたい人には無料ドメインは向かないのです。

不本意な広告を貼らさせる

無料ドメインは不本意な広告を貼られる

また、無料ドメインの場合は、タダで間借りさせてもらっているので、勝手に広告を貼られたりします。貼ってほしくないような広告を貼られてしまうので、自分のイメージするサイトやブログを作りづらいのです。こだわりを多く持つ人ほど、無料ドメインだと作れない葛藤を抱えます。

サーバー移動したらドメインを変えなくてはいけない

無料ドメインは引っ越ししたら変更しないといけない

もし違うブログサイトや無料ドメインに移行する場合は、ドメインを変えなければいけないリスクもあります。そうなるとせっかく自分のサイトを覚えてもらえた人(ファン)を失ってしまう可能性が高いのです。ブックマークしてくれていた人なども、サイトに訪れることができなくなってしまいます。そうなると集客をまた一からしなくてはいけず、大変な労力を生んでしまうのです。

有料・独自ドメインのメリット

独自ドメインのメリットとは

以上が、無料ドメインのメリットデメリットになります。それでは、今度は有料で購入する独自ドメインのメリットやデメリットを見ていきましょう。まずは、独自ドメインのメリットからです。

サイトの信頼性がアップできる

独自ドメインはサイトの信頼性がある

独自ドメインのメリットとしてまず挙げられるのが、サイトの信頼性がアップすることです。わけのわからないドメイン名を持つよりも、自分で選んでドメイン名を持ち、育てられるのでサイトの信頼性が増すのです。どこかのドメインの単なる間借りではなく、一つのサイトのために持ったドメイン名なので、ユーザーに与える信頼性も違います。

ネットショップ展開や企業ホームページなど作る人は、独自ドメインは必須と言えるでしょう。

短いドメイン名を取得できる

有料ドメインは短いurlが取得できる

また、独自ドメインは短いドメイン名も取得できることです。無料ドメインだと、もとのドメイン名が含まれているため、どうしてもドメイン名が長くなりがちです。しかし、有料の独自ドメインならば、短いドメイン名も可能ですし、好きなドメイン名を持つことができます。短いドメイン名の良さは、ユーザーに覚えてもらいやすいことです。また、リンクを貼ってくれるときも、短いドメイン名の方が貼りやすいのです。

SEOに強いサイトを育てることができる

独自ドメインはSEOに強いサイトを育てられる

独自ドメインの良さはSEO対策にもあります。自分だけのドメインなので、SEOに強いサイトを作ることも可能なのです。サイトをコツコツ育てていけば、必ずやSEOに強いサイトが出来上がります。そうなると、自分が持つドメイン名がSEO効果が期待できるものになるのです。これが無料ドメインなら、間借りしている他のサイトから影響を受けやすいので、育てることができません。独自ドメインだからこそ、検索結果の上位表示が期待できるサイトを作れるのです。

サーバー移動してもドメイン名が変更にならない

サーバ移行してもドメインが変更にならない

また、仮にサーバを移動してもドメイン名が変わる心配はありません。長くサイトを運営していると、レンタルサーバを変えたいと思う時がくるでしょう。そのようにサーバ変更したときでも、ドメイン名は変わらないので、サーバ移行しても引き続き同じドメイン名でサイト運営ができ、ユーザーもストレスなく訪問することができるのです。

有料・独自ドメインのデメリット

独自ドメインのデメリットとは

以上、独自ドメインには様々なメリットがありますが、今度は独自ドメインのデメリットについて見ていきましょう。

運用コストがかかる

有料ドメインはある程度お金がかかる

やはり、独自ドメインのデメリットはコストがかかることです。初期費用で1000円程度、また年間更新費用で1000円ちょっと費用がかかります。ドメイン名によってはもっと費用がかかるものもあります。なので、コストがかかるのが独自ドメインのデメリットとして挙げられるでしょう。

サイトを育てるのに時間が必要

独自ドメインはサイトを育てるのに時間がかかる

また、新規の独自ドメインを使う場合は、真っさらな状態からなのでゼロからサイトを育てなければいけない大変さもあります。無料ドメインならば、今までのドメインのパワーを少なからず引き継げるのですが、独自ドメインの場合はゼロから育てなければいけないので、大変なのです。しかし、独自ドメインは育て続ければ、結果的には、無料ドメインより良質なドメインが出来上がることは確かです。ここは時間をかけられるかどうかでしょう。

本気でサイト運営するならば、やはり独自ドメイン!

独自ドメインおすすめ

以上、いろいろと独自ドメインと無料ドメインについて話してきましたが、本気でサイト運営するならば、やはり独自ドメインがオススメです。無料ドメインは外的影響を受けることが多いので、結果的にはサイト運営する上でリスクが高いのです。しかし、有料の独自ドメインならば、自分が手放さない限り、永遠にサイトを育てることができます。それは、資産にもなるものなので、本気でコツコツサイトを育てる覚悟があるならば、長い目を見てサイト運営することができるならば、独自ドメインがオススメです。

また、独自ドメインを取得するなら、やはり業界最大手の【お名前.com】ドメイン取得はお名前.comがオススメです!独自ドメイン取得を考える人は、ぜひ検討してみてください。

ドメイン取得自分に合うドメインを取得


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ