検品しすぎるということはない

[仕入れるコツ]

どんな商品であれ検品しすぎということはありません。

寧ろ検品は念入りにした方が良いでしょう。

なぜなら商品の欠品に気づかず出品してしまうことが多いからです。

慎重い検品しても見逃す場合があります。

特にCD付きの本などです。

一見、分かりやすいようにも思いますが、

中にはCD付きという文字が小さかったり、

中古ですとCDを入れる袋がなかったりと、

見落としてしまう可能性が高いです。

ですので付録があるか等よく確認しましょう。

これは雑誌にも言えます。

最近の雑誌でも付録があるものは多いです。

お客様はこの付録目当ての方も多くいらっしゃいます。

それを知らずに中古で仕入れ、尚かつ付録も見落とすと後で返品させられる羽目になりますので、くれぐれも注意しましょう。

ちなみに私、イソネスも附属CDがないのにも気づかず、というか附属CDがある本ということにも気づかず出品し、返品返金を食らったことがあります。

これは悪い評価を付けられる可能性もありますので、かなり注意しましょう。

検品しすぎるということはありません。

転売で稼ぐならば見ておきたい!おすすめなツールや教材!

これから仕入れで稼ぐならば、次世代型せどり・転売メゾットも見ておきましょう!

Amazonでの商品単位の実販売数・競合セラーの取扱商品や在庫数がボタン一つでわかるのが「アマストック」です!

サラリーマンが転売で稼ぐためのマニュアルになります。これからサラリーマンが、副業で転売をして稼ぐならば、ぜひ見ておくべくマニュアルです。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ