なぜ弁護士は交通事故案件を取りたがるのか

[交通事故]

弁護士事務所をよく見てみると、交通事故案件ばかり行っているところがあります。なぜ、弁護士はそれほど交通事故案件を取りたがるのか、詳しく見ていきましょう。

交通事故案件は手離れば良い

弁護士は交通事故案件を取りたがる

なぜ弁護士が交通事故案件を取りたがるかというと、一つに手離れの良さがあります。交通事故案件は、訴訟まで行くことはほとんどなく、示談で終えるケースが多いのです。ですから、わざわざ裁判所で争う必要はなく、加害者や加害者が加入している保険会社との交渉で済みます。

また、案件によっては、それほど交渉期間がかからずに、示談交渉が成立することもあるのです。これが、離婚や相続などの案件になると、数ヶ月、下手すると1年以上は示談まで時間を要する可能性があります。

一方、交通事故ならば、わずか数ヶ月で示談成立する可能性もあるので、交通事故案件は手離れが良く、弁護士にとって稼ぎやすい案件なのです。

交通事故案件は示談交渉がしやすい

交通事故案件は、ある程度裁判基準の賠償額が設定されています。加害者側の保険会社は、独自の任意保険基準での賠償額を提示してくるのですが、これは裁判基準に比べたら、かなり低いものです。そして、この賠償額は弁護士が入ることで、ある程度弁護士基準まで賠償額を持っていくことが可能です。

経験を積んでいる弁護士ほど、裁判基準、つまり弁護士基準での示談交渉が可能なので、交通事故案件は他の案件に比べて、ある程度基準ができているので、交渉しやすいのです。ですから、交通事故に強い弁護士ほど、交通事故案件を好みます。

一件あたり50万円以上は稼げる

交通事故案件

また、交通事故案件は、その稼げる金額の高さも魅力的なのです。案件によりもちろん誤差はありますが、1件あたり50万円くらいは稼げると言われています。たとえば、月100件案件をこなした場合に、1ヶ月で5,000万円稼げる計算になります。1年で6億円なので、相当大きな金額になるでしょう。

さらに重度な障害を患う案件だと、当然賠償金額も高くなり、弁護士も稼げる可能性が高くなります。ですから、後遺症が残るような賠償金額の高い案件を、どこの弁護士も好みます。このように、弁護士は交通事故案件を扱うことで、相当売り上げをあげることができるのです。交通事故案件は、選別していけばある程度の売り上げがある案件を確保できるため、営業活動もしのぎを削っています。

莫大な広告費を使っている

交通事故案件は、稼げる案件なので、弁護士業界ではドル箱案件とも言われています。ですから、弁護士事務所は交通事故被害者が通う整骨院と提携したり、インターネット広告費をかなり使って、自社サイトを宣伝します。一ヶ月で1億円近くの広告費を費やすところもあり、逆に言えばそれだけ稼げるとも言えるのです。

弁護士選びは慎重に行う

交通事故に強い弁護士選び

交通事故に強い弁護士に依頼するときは、弁護士選びを慎重に行う必要があるでしょう。過大広告を行いそれほど実績がない弁護士事務所や、経験の乏しい若手弁護士を当てられる可能性もあるので注意しましょう。交通事故案件はどこの弁護士事務所も取りたい案件なので、納得いくまでいろいろ弁護士を探してみるのも良いでしょう。

交通事故問題に詳しいオススメサイト!

下記では、交通事故問題に詳しいオススメのサイトをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

交通事故問題に詳しい「ふづき法律事務所」

「ふづき法律事務所」

「ふづき法律事務所」は、交通事故の示談交渉に強い法律事務所です。交通事故の被害に遭い、専門家に相談したい方は、ふづき法律事務所[交通事故]「ふづき法律事務所」を検討してみると良いでしょう。

日本法規情報の交通事故サポート

日本法規情報の交通事故サポート

日本法規情報の交通事故サポートでは、1,000事務所、3,000人以上の専門家と提携しており、業界トップクラスの事務所を紹介してくれます。土日対応も可能なので、まずは相談だけでもしてみると良いでしょう。日本法規情報の交通事故サポート

「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

交通事故被害に遭い、納得いく示談交渉を行うための方法を、「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」で得ることができます。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ