trading view(トレーディングビュー)が使いやすいので紹介!評判・クチコミ

[仮想通貨]

仮想通貨取引をする上でよく思うのが、なかなか良いチャート画面がないということ。シンプルすぎるのはどうもテクニカル調査に弱い部分もある。もっとがっつりチャートとにらめっこをしたい。けれども、無料で使えるチャート画面はなかなかない。そこで紹介したいのが、tradingview(トレーディングビュー)です。tradingviewはかなり高性能なチャート機能で、しかも無料でも使うことができます。

trading view(トレーディングビュー)は仮想通貨以外の投資家にもおすすめ!

trading view(トレーディングビュー)

trading view(トレーディングビュー)は本当に機能が充実しているチャート画面だと思います。

trading view(トレーディングビュー)

まず、tradingviewの上部では、1で時間足の変更ができます。2はローソク足の変更が可能です。そして、特に注目してほしいのが、3のインジケーターです。

trading viewの豊富なインジケーター

trading viewのインジケーター

trading viewには、豊富な数のインジケーターがあります。テクニカル解析では、ボリンジャーバンド、MACD、RSI、移動平均線、SMIはもちろんのこと、パラボリックSAR、アーロン、ダイバージェンスといったマニアックなインジケーターも備わっています。

trading view公開ライブラリー

それだけではなく、tradingviewの公開ライブラリーには、ユーザーたちが独自に開発したインジケーターを無料で使うことができます。デフォルトで内臓されているもので自分に合ったインジケーターが見つからない場合でも、公開ライブラリから自分に合うインジケーターを見つけることも可能です。

tradingviewインジケーター

trading viewにはかなり多くのインジケーターがあり、自分で見つけるのは大変です。そこで、検索窓があるので、そこから簡単に調べることが可能です。たとえば、「RSI」と打ち込めば、関連のインジケーターがすぐに表示されるので、簡単に自分に合うインジケーターを見つけることができます。

無料版で登録できるインジケーターの数は3つまで

tradingview制限

ただし、注意してほしいのが、tradingviewの無料版では、インジケーターおよびストラテジーは最大3つまでとなります。もしそれ以上使いたい場合は、有料版になる必要があります。試しに無料版で最大3つ使ってみて、これは使えると思えば有料に切り替えるのもありでしょう。

trading viewの多彩な機能

trading viewの多彩な機能

また、trading viewでは、チャート画面にトレンドラインを書き込むことも可能です。

トレンドライン

自分の好きなようにトレンドラインを書き込むことができます。

ピッチフォーク

ピッチフォーク

その他にもピッチフォークを書き込んだり、

tradingviewブラシ

自分で好きなように文字を書いたり、図形を挿入したりできるので、自分なりの解析がtrading viewでは可能なのです。

チャート画面をツイッターで投稿できる

trading viewリアルタイム

また、自分で解析、作成したオリジナルのチャート画面をツイッターでツイートすることもできるのです。これによりリアルタイムで、フォロアーたちと情報共有することも可能です。

広告

また、trading view(トレーディングビュー)では、チャート画面の左下に広告が表示されるのですが、

tradingview広告削除

これも有料プランになれば、広告を消すことができます。気になる方は、有料プランを検討してみても良いでしょう。

自分のオリジナルテンプレートを作成することも可能

オリジナルテンプレート作成

trading viewでは、テンプレート画面があるので、自分で作成したチャート画面をテンプレート化して保存しておくことも可能です。また、デフォルトでいくつか既にテンプレートが用意されているので、そちらを試してみるのもありでしょう。

以上、簡単にですが、trading viewの説明をさせていただきました。仮想通貨取引をされる方で、自分に合うチャート画面が見つからない場合は、ぜひtrading view(トレーディングビュー)を試して見るとよいでしょう。かなり機能が充実しているので、自分なりでカスタマイズして使うのもありだと思います!

trading view(トレーディングビュー)の公式HPはこちら!

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ