仮想通貨FXはリバウンド狙いもひとつの方法!

[仮想通貨]

仮想通貨FXで儲けるためには、リバウンドを狙う方法もあります。リバウンドは、リバとも言われており、急激に上昇もしくか下降した直後のリバウンドを狙います。

リバウンドで稼げる可能性がある

リバウンドで稼げる可能性がある

例えば、上記のように急激に下降した後は、勢いよく上昇するケースもあります。こういう時に底値付近で購入できていれば、リバウンドで大きく利益を上げられる可能性もあります。

しかし、注意しなければいけないのは、リバウンドせずに、そのまま下降を続けてしまうパターンです。ですから、先に損きりラインを設定して、下降を続けた場合のリスク回避を考えておく必要があるでしょう。

また、急激な上昇を予想して、利益確定ラインを設定しておくこともひとつの方法です。

リバ狙いは激しいゆえにリスクもある

リバウンド狙いは、相場が激しく動くため、大きく利益を上げられる可能性もありますが、大きな損失を出す可能性もあります。まさにハイリスクハイリターンと言えるので、あまりリスクを取りたくない方は、静観しているという選択肢もあるでしょう。

ただし、うまくいけば稼げる可能性は十分にあるので、自分のタイミングで取引してみるのも良いと思います。その際はリスクを考えて投資するようにしましょう。

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ