ヤフオクで売れないときに改善すべきポイント!

[ヤフオク]

ヤフオクで自分の商品が売れない!

ヤフオクで売れないときの改善方法

ヤフオクに出品しているのに、どうしても自分の商品が売れないといって経験はないでしょうか。おそらく、この記事を見ている人も、ヤフオクで自分が出品した商品が売れなくて頭を抱えている人も少なくないのではないでしょうか。そこで、今回はなぜあなたの商品がヤフオクで売れないのかを徹底的に調べていきたいと思います。ヤフオクで売れない理由には様々な要因が考えれらます。その要因、原因を一つ一つ解決していくことで、売れるような出品ができるようになるでしょう。

まず、大切なことは、「あなたの出品している商品は売れないわけではない」のです。ヤフオクでは、お菓子の空箱でも売れるようなオークションサイトです。なので、誰かがあなたの商品を欲しいと思っているかもしれないのです。でも、それでも売れないということは、「あなたの売り方」に原因があるのかもしれません。今日から、今からヤフオク(Yahoo!オークション)で売れるための知恵をつけていきましょう。それでは、始めて行きます。

ヤフオク 自分本位の売り方になってないか

まず、ここからいきます。「自分本位の売り方」になっていないかどうかです。買ってもらうのは入札者であり、落札者であるお客さんです。お客さんがメリットを感じられる商品でないと、入札(購入)されないのは当然ですよね。でも、ここの意識が薄い人がいます。出品さえすれば、自分の商品は買ってもらえ、手軽にお金が手にはいるだろうと考える人もいるのです。そのような考えは、自分本位の考えであって、お客さんには商品は魅力的に映らず購入されないのです。

当たり前のことなんですが、根本的な改善ポイントであり、とても大切な部分です。自分本位の売り方にならない、つまり「お客さんの立場に立って物を売る」、これが全てです。ではどのような売り方が、お客さんの立場に立った売り方なのでしょうか。見ていきたいと思います。

ヤフオクに出品 相場を知る

ヤフオクに出品しても売れない原因として考えられるのが、「高すぎる」ことです。ヤフオクなどネットショッピングやオークションサイトには、それぞれの商品に対しての相場というものがあります。この相場よりもあまりに掛け離れた高額な値段で出品してもなかなか売れません。まずは、相場を掴むことです。ということは、ライバルサイトの商品を見ることです。自分の商品と似たものを、誰かが出品していることは結構多いです。自分の商品を出品する前に、まず競合サイトがいくらで商品を売っているのか研究しましょう。設定値段を調べることで、掛け離れた値段を設定しないで済みます。自分勝手に値段を設定しても、なかなか購入してもらえません。お客さんの立場に立って、購入される値段設定をしましょう。また、逆に「安すぎる」のも怪しく思われます。通常1万円で売られる商品が、100円で出品されていると怪しくも感じます。巷には1円出品などもありますが、基本的には値段相応、もしくは相場よりやや安いくらいで出品するのがいいでしょう。

ヤフオク 商品タイトルに気を使う

さて、相場を調べたら次に行うことが、商品を売るときのタイトルです。たとえば先ほどにもあげた「お菓子の空箱」を売るにしても、タイトルをお菓子の空箱だけにせず、何色(赤、ゴールドなど)なのか、どのような形(四角やハートなど)なのか、どこのお菓子の空箱(GODIVAや森永など)なのか、をタイトルに記載しましょう。お菓子の空箱だけでも、最低限これだけの情報が入れられます。他の商品であればもっとかけるかもしれません。タイトルは30文字まで入れられますし、タイトルが第一に見られるところなので、細かく30文字ギリギリまで使いましょう。伝えきれない部分は商品の詳細説明欄で伝えます。

ヤフオク 商品を細かく説明する

タイトルで伝えきれない部分を、商品説明欄で細かく説明してきます。お菓子の空箱ならば、サイズ、傷などないか、どのようなお菓子が入っていたか、送料はかかるのか、支払い方法はYahoo!かんたん決済や銀行振込に対応しているかなどを書きます。文字で、商品の全体像がつかめるくらいまで、細かく説明しましょう。お客さんは、商品に触れることができず、文字と画像だけでしか判断できません。商品に触れる情報を文字で伝えられるくらい記載できればベストですが、そうではなくても細かい情報を伝えます。衣類の場合は、必ず肩幅や袖丈、身丈、身幅、生地の質などを伝えます。自分の商品を出品してもサイズなどを細かく表記しない出品者が多いです。それだと、お客さんは自分の体に合っているのか分かりません。また、商品の状態説明がないと、商品に穴や傷がないか不安で仕方ありません。なので、商品に対しての説明をなるべくできるだけ詳しく記載してください。この説明次第で自分の商品が高く売れるのか安く買われてしまうのかが分かれてきます。

また、支払い方法は様々な金融に対応する必要があります。結構な確率で「ゆうちょ銀行」での振込を希望されるお客さんがいるので、ゆうちょ銀行の対応は必須です。また、振込の手間を省きたい方は、Yahoo!かんたん決算を希望される落札者もいるので、Yahoo!かんたん決済には対応しておきましょう。その他にも東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行などを希望される人もいるので、やはり様々な振込方法に対応しておく方がよいでしょう。振込手数料が無料だと、購入者に喜ばれます。

ヤフオクでは画像が命

商品説明と同様に、とても大切なのが商品画像です。この写真の出来具合で、入札されるかが違ってきます。基本的には、まずブレた写真を載せないことです。初心者の場合は、「画像を載せればOK」と安易に考えてしまい、ブレた写真やピンボケした写真を載せがちです。しかし、そのような写真ではお客さんがしっかりと商品を判断することができません。お客さんは本当にその商品が魅力的か必死に探します。実際に画像はよく見られていて、自分では気づかなかったようなことを質問されたります。画像を見て、商品タイトルと違うという質問もよくあります。それくらい、お客さんは画像をよく見ているので、綺麗な商品画像を使用することはとても重要です。お客さんは文面と写真だけでしか商品を判断できません。

ヤフオクでは、通常3枚の商品画像を載せることができます。なので、最低限3枚の商品画像を撮影しましょう。注意点としては以下が挙げられます。

ブレたりピンボケした写真を載せない

まずは、何回も申し上げている通り、ブレたりピンボケした画像を載せないこと。もし、そのような画像を撮影してしまったら、再度撮り直しましょう。入札されるためには、それくらいの苦労をする価値は十分にあります。また、ピンボケなどしないために、きちんとあらかじめピントを合わせて、落ち着いて写真撮影しましょう。めんどくさがって、すぐ済ませようとするといい写真は撮れません。慎重に慌てずに写真撮影を行いましょう。

商品の背景は無駄なものを入れない

部屋で商品撮影すると、ついつい商品とは関係のないものまで画像に入ってしまいがちです。そのような画像はどれが商品なのかと、お客さんを混乱させてしまいます。また、余計なものに目が集中してしまうため、商品を魅力的に見せずらい傾向にあります。本当に商品を売り込むのならば、商品だけを画像に入れましょう。背景にも気をつけてください。

商品と同色の背景を使用しない

よくあるのが、白い商品の背景に白い壁を使用するなど、同色の背景を用いてしまうことです。このように、同色の背景を使用してしまうと、商品の輪郭がはっきりせず、お客さんは商品の全体像をつかめません。背景と一体化してしまうので、どこまでが商品なのかわからないのです。たとえば、商品が白い場合は、背景を黒など対照的(コントラストをいかす)した方が、商品がくっきり映えます。それだけ商品も目立ち、魅力的に映るのです。なので、背景は商品と同色にしないように注意しましょう。様々な色の壁紙を用意しておくといいでしょう。壁紙ならば、安く購入することができます。様々な色の壁紙をあらかじめ用意しておくと、撮影がスムーズにいくでしょう。ちなみに白色の壁紙は、カレンダーの裏紙など購入しなくても、使えるものがあったりするので、リサイクルがてらにいかしていきましょう。

様々な角度の画像を撮る

ヤフオクで画像を使用する上で、とても大切なことが、様々な角度の画像を撮ることです。例えば、洋服を出品する場合は必ず表裏を撮影します。なぜなら表と裏でデザインが違うものが多いからです。フィギュアなどを売るときは、前後左右など角度でフィギュアの表情が違うので、色々なパターンを撮影しておくべきでしょう。CDなどの場合は、ディスクの傷の具合などを撮影しておけば、お客さんにも商品状態が伝わります。本などは、表紙と中身の状態を撮影しておけば、汚れなどを確認することができます。このように、単に商品撮影するのではなく、様々な角度から撮影してみてください。ポイントはお客さんが見たいであろう角度から撮影することです。そうすれば、まさに必要とされる画像が出来上がります。

ヤフオクでは3枚の画像が載せられますが、一番目の画像が商品リストに載せられるので、一番インパクトのある写真を1番目に載せましょう。全体像がわかる写真だとお客さんにイメージもしてもらえやすいので、効果的です。とにかく綺麗で見栄えのする写真を心がけましょう。

照明にも気を使う

ヤフオクの出品画像として使用するのならば、照明にも気をつけたいところです。初心者の場合は、ついつい家の照明に頼りがちですが、一般的な蛍光灯だと暗く感じることがあります。なので、本当に本気で写真撮影するのならば、専用の照明を用意した方がいいでしょう。また、照明を当て過ぎると商品が色飛びして白く見えてしまいます。なので、照明は当てすぎないように注意します。間接照明などを使うと画像写りもよくなります。費用で余裕が出てきたら、専用の照明や撮影キットを購入するのも良いでしょう。

ヤフオク 終了時間の設定に気をつける

これもよく言われていることですが、入札終了日時の設定を工夫しましょう。やはり平日よりも、休日の夜に入札終了を設定した方が、多く入札される傾向にあります。日曜日の夜は、多くの人が家でゆっくりしている傾向にあるので、この夜の時間帯に終了時間を設定するのが効果的です。なので、終了入札時間は、日曜日の21時〜23時あたりにしましょう。あまり早すぎるとテレビを見ているなどしていますし、逆に遅すぎると寝ていますので、寝る前のタイミングがベストです。

ヤフオクで質問されたら、こまめに素早く答える

商品を出品していると、入札検討者からよく質問されることがあります。生地の質だったり、型番だったり、商品の状態などを聞かれます。それだけ、商品に魅力を感じている証拠なので、質問があった場合はこまめに迅速に返答しましょう。よく、質問があっても答えていない出品者を見かけますが、それではお客さんの立場に立った対応とは言えません。やはり、的確な情報を伝えてこそ、お客さんは購入してくれます。興味を持ってくれたお客さんに関しては、感謝の気持ちを持ち、質問に答えましょう。

迅速に連絡を取り合い、発送をする

これも似ている項目になりますが、何事も迅速に行うことです。自分の商品が落札されたら、迅速に落札者と連絡を取り合いましょう。送り先の住所を聞いたり、振込方法の確認を行ってください。基本は、なるべく素早く対応することです。あまり返答が遅いと相手を不安にさせてしまいます。また、それは評価にもつながるので、迅速に誠意を持って対応しましょう。また、発送するときに、きちんと梱包してください。適当な梱包だと、送られた方も嬉しく感じません。しっかり大事な商品として扱いましょう。ワレモノの場合は、プチプチなどを入れて衝撃から守りましょう。梱包の仕方も雑にするのでなく、テープ貼りも綺麗に行うことで、梱包自体にも魅力的に見えます。一つ一つの作業を大切に行ってください。

ヤフオクの評価にも気を使う

慣れた入札者だと、出品者の評価をチェックします。やはり良い評価がならぶ出品者だと、信頼できると感じるものです。逆に悪い評価が多い出品者の場合は、たとえ安くても「何か裏にあるのでは」と、入札されない傾向にあります。なので、評価には最大限の注意を払いましょう。大切なのは、相手にも評価することです。

ヤフオク売れる日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】

そうすれば、自分にも評価が返ってきやすくなります。相手から良い評価をもらうには、相手に満足してもらう、お客さんを喜ばせることです。顔が見えないネットの世界だと、ついつい適当にしてしまいがちですが、画面の奥にはお客さんがいることを忘れないようにしましょう。

ヤフオクで売られるためには

以上のように、ヤフオクで自分の商品が売れないときに、売れるための方法をお伝えしてきました。さらに掘り下げれば、改善策は他にも出てくることでしょう。ただ、根本にあるのは、お客さんの立場で考える、お客さんを満足させる努力をすることです。そう考えれば、自然と改善策や様々なアイディアが出てきます。そして、自分の商品が売れるようになってきます。まずは、色々な試行錯誤をして、どうすればお客さんが喜んでくれ、商品を購入してくれるかを考えましょう。視点を変えるだけで、大きな成果を得られるかもしれません。

ヤフオクで稼ぐために知るべきこと!

下記ではヤフオクで稼ぐために使えるオススメのツールや情報について載せています。これからヤフオクで稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてみると良いでしょう!

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト「オークファン」

オークファンで相場を知るオークファンはヤフオクに使える

「オークファン」を使えば、いくらくらいで商品が売れるのか、相場を知ることができます。価格設定などで使える便利なツールです。「オークファン」は、日本最大級のショッピング・オークション情報サイトであり、ヤフオク!、Amazon、メルカリなど、国内外のサイトに幅広く対応し、通販初心者から物販事業者までカバーする幅広い月額サービスを提供しています。

無料会員でも、過去6ヶ月までの落札相場の検索や、楽天など国内のショッピングサイト検索、そして欲しい商品がメールで通知される検索アラート機能などが利用できます。

ライト会員(月額324円)では、過去10年分、300億件の落札相場検索や、ヤフオク!で商品を自動で落札できる入札予約機能が本格的に利用可能です。

さらに、プレミアム会員(月額980円)ライト会員の機能に加えて、Amazonやメルカリで分析が可能になります。そしてネット物販のノウハウをメール講座にて教わることができます。

オークファンプロPlus(月額5980円)は、ヤフオク!・Amazon・メルカリを横断した商品データの分析ツール「オークファンプロPlus」になり、オークションやAmazonを使いビジネスを行う 個人・法人の方にオススメです。

レア商品を探している、激安値で商品をGETしたい人、短時間で効率よく物販収入を得たい、ネット物販を本業にしたい人などは、「オークファン」をチェックすると良いでしょう!「オークファン」

ヤフオク出品代行ToBee★業界初の代行手数料0円~「オークション代行のトゥービィー」

ヤフオク出品代行依頼ヤフオクで出品を代わりに行ってもらう

「オークション代行のトゥービィー」は、ヤフオク公認のオークション出品代行店なので安心して利用できます。また、2017年1月から業界初の代行手数料0円~が始まり、業界最安値の手数料となりました。代行手数料0円の場合、例えば30万円を超えるようなエルメスやシャネルのバッグ、ロレックスの時計や毛皮のコートなどの高額商品は自分で出品するより受取額が多くなります。

「オークション代行のトゥービィー」では、商品検品・商品採寸・商品撮影・商品コメント作成・出品・質問への回答・落札後の処理・発送上記全てを代行致します。(万が一の時のクレーム対応も含みます)

「オークション代行のトゥービィー」は、ヤフオクには1999年から出品開始、2004年から出品代行サービスを始めた業界Np.1実績のオークション代行店なので高額商品でも安心して任せられます。売れなければ手数料等は一切不要なのでノーリスクです。何より業界初の手数料0円~により高額商品は自分で出品するより受取額が多いのが魅力的ですね。

日々、忙しくて自分で出品出来ない方、落札者様とのやりとりが面倒だと思われている方、パソコンやスマートフォンの操作が不慣れで自分で出品するのは困難な方、個人情報や詐欺などが心配で自分で出品するのを躊躇されている方などは、ヤフオク公認の出品代行店の「オークション代行のトゥービィー」がオススメです。「オークション代行のトゥービィー」

サラリーマンにかなり人気な副業マニュアル

副業で転売をして稼ぎたいサラリーマンが、ぜひ見ておくべくマニュアルです。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ