新入社員は電話応対が怖いと感じる

[ビジネスマナー]

新入社員は電話応対が怖いと感じる

新入社員は電話応対に恐怖を感じる

特に新入社員は、電話応対に恐怖を感じることが多いです。ゆとり世代などは、初対面と電話で話すことが少ないので、どうしてもビクビクしてしまいがちです。恐怖のあまり、電話応対がうまくいかないことがあります。新入社員は電話応対の怖さを克服する必要があるでしょう。では、どのように電話応対の怖さを克服していくのか見ていきましょう。

新入社員が電話応対を克服する方法

新人が電話応対の怖さを克服するためには、いくつかの方法があります。これから紹介する方法を使えば、克服できるようになるかもしれません。自分なりの解決方法も探してみましょう。

恥をかくことを恐れない

電話応対が怖いと思うのは、自分が恥をかくことへの怖さかもしれません。恥をかきたくないから、電話に出たくないと考えることもあります。大事なことは、恥をかくことを恐れないことです。たとえ、恥をかいたとしても、それは一時でしかありません。むしろ、電話応対ができないと一生続いてしまいます。恥は一時なので、恐れずに電話応対してみましょう。

先輩の電話対応を真似る

先輩の電話応対を真似てみることも有効です。どのようにして、先輩や上司がスムーズに電話応対しているのかを見てみましょう。じっくり観察して真似れば、いずれはできるようになってきます。焦らずに、自分のできることから始めていきましょう。徐々に習得することで、スムーズな電話応対ができるようになってきます。

とにかく経験を積む

まずは、とにかく経験を積むことです。誰しも最初は初心者でした。恐れずに挑戦することで、できるようになってきます。今は、単純に経験が足りないだけかもしれません。まずは、失敗してもいいので、経験を積んでいきましょう。

電話応対の改善は日々努力あるのみ

電話応対の改善は、日々の努力が必要になります。お客さんから、突然、電話が来ても、焦らないことです。冷静に電話応対するようにしましょう。冷静にすれば、より相手の言葉をクリアに聞くことができます。まずは、焦らずに、恥をかいても気にしない心構えが必要になります。

初心者が身につけたいビジネスマナーはこちら!

本気でビジネスマナーを学ぶならば!

今さら訊けないビジネスマナー講座の口コミレビュー情報

ビジネスパーソンとして成功するために、本気でビジネスマナーを学ぶならば、「今さら訊けないビジネスマナー講座」がオススメです!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ