電話応対は3回コール以内に出る

[ビジネスマナー]

電話応対は3コール以内に出ること!

3コール以内に電話に出る

ビジネスマナーの鉄則として、3回コール以内に電話に出るよう言われています。電話機が鳴り、3コール以内に、社員が電話に出るようにします。この時に電話に出るのは、新入社員が電話に出ることが多いです。

そもそもなぜ3コール以内なのか?

では、なぜそもそも3コール以内に電話に出る必要があるのでしょうか。それは、相手に待たせる時間にあります。1コールはだいたい3秒です。3コールということは、9秒になり、それ以上だと10秒以上になってしまいます。10秒電話で待たせると、相手は相当長く感じます。なので、3コール以内、つまり10秒以内に出ることが重要なのです。早いほど相手を待たせないので、なるべく早く出るようにしましょう。

電話応対では相手に待たせてはいけない

このように、電話応対では、いかに相手を待たせずに早く電話に出れるかが重要になります。長く待たせることは、相手への不快感を与えてしまうのです。電話応対では、コールが鳴ったら、すぐに電話に出るようにしましょう。

さらに覚えておきたいビジネスマナーはこちら!

本気でビジネスマナーを学ぶならば!

今さら訊けないビジネスマナー講座の口コミレビュー情報

ビジネスパーソンとして成功するために、本気でビジネスマナーを学ぶならば、「今さら訊けないビジネスマナー講座」がオススメです!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ