水商売からの転職は不利なのか?

[就職・転職]

キャバクラやスナックなどで働いたひとが転職を考えるとき、水商売で働いたことが不利になるのではないかと思うかもしれません。水商売からの転職は本当に不利なのか詳しく見ていきましょう。

水商売の経験者は転職が難しいのか

水商売からの転職は不利なのか

キャバクラ、スナック、クラブなどで働いた経験のある女性は転職が難しいのでしょうか。仮に水商売の経験が長く、正社員歴が極端に少ない場合、確かに水商売で働くひとえお敬遠する企業もあります。不採用を出す企業もあるでしょう。でも、そのような企業ばかりではありません。水商売の経験が活かせる仕事はあります。

水商売の経験が活かせる職業

水商売経験者が活かせられる仕事

水商売という仕事は肉体的にも精神的にもハードな仕事です。ですから、普通のひとよりもタフであり、精神的にも強いひとが多いです。なので、一般的には難しいとされる、他人がなかなかできない営業職も向いていると思います。

保険などの営業職

水商売から保険営業に転職

営業職は高いコミュニケーション能力がないとできません。様々なお客さんを相手にする水商売の女性は、高いコミュニケーション能力の持ち主です。普通の女性よりもはるかに対応力があり、ひとが何を考えているのか、何を思っているのかの察知力がものすごく高いです。そのようなひとは、相手の立場にたってサービスができる営業職が向いているのです。

たとえば、保険の営業職で良い成績を上げるひとは、水商売出身の人が少なくありません。現役の水商売で働く女性が保険の営業で稼ぐこともあります。水商売で売り上げを上げるように、保険でも売り上げを上げるだけなので、営業の対象が変わるだけなので、水商売の経験が活かせやすいのです。もし、水商売経験のなかで、自分の営業スタイルが確立されているならば、保険会社でも活かせられます。

また、保険会社では人脈があるひとを優遇します。水商売時代に築き上げた人脈があるならば、きっと保険などの営業にも活かすことができるでしょう。もし、水商売時代の同僚や顧客に信頼されていれば、そういったひとと契約して紹介を増やしていく営業法もあるのです。

美容関係

水商売から美容関係に転職

水商売経験者ならば、美容関係でも活躍できるでしょう。たとえば、化粧品・健康食品やサプリメント・美顔器など、こだわりが強い通好みなものこそ売れると思います。海外のごく一部のマニアで流行っているものをいち早く日本で売るなんていうのもいいでしょう。

元水商売のひとなら、人一倍美容に気を使っているひとが多いので、こだわりある商品が営業しやすく、売れやすいのです。こだわりある方がセールスポイントにもなります。たとえば、店頭に並ぶようなものではなく、美容に気を使っているひとにしか売らない、こだわりの美容商品(美顔器など)を扱えば、売りやすいでしょう。それには、流行の先駆けを行くことになるので、知識だけでなく、見極める目も必要ですが、水商売時代に培ったひとやものを見る目が活かせられるはずです。

エステティシャン・カウンセラー

水商売経験者は美容関係やカウンセラーに向いている

水商売の経験では、お客様の話を聞く能力が養われたはずです。そのような経験はカウンセラーにも向いています。結婚カウンセラーなど、水商売経験者が多く、仕事的にも合っているのです。水商売を経験しているひとは、人の話を聞くのがとてもうまいひとが多いです。そのような能力はカウンセラーとして相談者の声をしっかり聞けるひとなのです。

また、水商売経験者は美に対してのこだわりが強いひとも多く、そのようなこだわりがエステティシャンとしての才能も開花させる場合があります。やはり、健康関係や美容関係は向いている傾向にあるでしょう。

水商売からの転職は早い方がいいのか

水商売からの転職は早い方が良いのか

このように、水商売から転職することは可能であり、十分活かせられる業界はあります。また、もし転職するならば、なるべく早い方がいいと思います。転職しようか迷っている時が、転職するチャンスです。新しい業界に行くならば、なおさら早く転職して経験を積んでいった方がいいでしょう。

働きながらでも転職活動ができる

水商売で働きながらでも転職できる

また、転職活動は働きながらでも可能です。実際に精力的に動くひとだと、働きながら転職活動をするひともいます。この方が失業期間を作らなくてよく、すぐに収入源を確保できるのでオススメでもあります。ただ、体力的に大変なので、自分の状況と照らし合わせてみると良いでしょう。

水商売経験は職歴に書かない方が良いか

水商売経験を職務経歴に書かない方が良いのか

水商売の経験は職歴に書かない方がいいかですが、無難なのは書かないことです。やはり、古い考えの人だと、水商売をマイナスイメージに見ています。どんなにこちらが頑張り経験を積んでいたとしても、残念ながら軽視する人がいるのです。ですから、もし隠せるならば書かないのも一つの方法です。水商売期間のことを聞かれたら、フリーターや友人のお店の手伝いなどと、適当に答えておけば良いでしょう。

水商売経験を不利に思う必要なし

水商売からの転職を不利に思う必要はない

以上のように水商売からの転職についてお話ししてきました。水商売という世界は過酷な世界であり、決してマイナスなことばかりではありません。人を見る目があるひとが多いので、必ずや他の業界でも活かせられることでしょう。ぜひ前向きに挑戦してほしいものです。ちなみに、今は水商売経験者に特化した転職サイトもあります。水商売経験者水商売からの転職に熟知しているので、このようなサイトを使えば、さらに転職しやすくなるでしょうから、ぜひ登録しておくと良いでしょう。これからさらに良い出会いがあると思うので、自分の経験を活かし、ぜひ頑張ってみましょう!

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ