面接に通らない原因はコレだ!就職・転職活動で活用して欲しい!

[就職・転職]

筆記試験は通るのに、なぜか面接試験はいつも落ちてしまうと頭を抱えるひとも少なくないでしょう。どうすれば、面接試験にも合格できるのか詳しく見ていきましょう。

筆記試験は通るのに面接試験が通過できない

面接試験に通らない理由

学力があり筆記試験は通るのに、なぜか面接試験には通らない。それには様々な理由があるのです。下記で面接試験に通らない理由を挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機は差別化できるくらい考えた?

志望動機はしっかり考えられているか

面接試験を受ける前に志望動機はしっかり練られているでしょうか。なぜ、その会社で働きたいのか、明確な理由が言えることはとても大切です。「自分を成長させたいから」「御社の売り上げに貢献したいから」などというありきたりな回答ではダメです。なぜその会社で働きたいのか具体的に答える必要があります。「御社の〇〇の商品の〇〇の部分に魅力を感じ、これは他社にない部分であると考え、私も〇〇の分野で知識を深めて成長していきたく、御社を志望しました。」くらいの具体性があるといいです。

最低限これくらいは言えるようにしましょう。つまり、他の受験者と違いを見せるためにもよく練られた志望動機はとても大切なのです。もし前職で何か経験があるならば、その経験を生かした志望動機が言えるとなお良いでしょう。また、志望動機を言っても、「それは他社でもできるのでは?」という意地の悪い質問がよく言われます。そのような質問には、希望の会社でしか得られないようなことを言うと良いでしょう。なかなか見つからなくても、主力商品が〇〇だからとか、創業者の〇〇社長の〇〇な考えに共感したなどでも良いので、何かしら、その会社独自のものを伝えると、よく調べた証拠にもなるので評価が得られる可能性があります。

自分はどんな仕事をしたいか明確化できているか?

自分がどんな仕事をしたいか明確化できているか

自分がどんな仕事をしたいか明確化できているかもとても大切です。会社に入ってどんな仕事をしたいのか、会社に入ることが目的ではなく、その先が見えているかがとても重要になります。採用担当者はそこも見ています。漠然と会社に入りたいではなく、あなたがどのような仕事で会社に貢献できるのか、たとえ未経験であったとしても、何の仕事をしたいのかイメージすることが大切です。

他の仕事を振られても取り組める柔軟性があるか?

仕事には柔軟性も大切

何の仕事がしたいか明確にすることも大切ですが、それに固執しすぎてもよくありません。新入社員は様々な仕事を振られるので、必ずしも望んだ仕事ができるとは限らないからです。ですから、やりたい仕事はあるけれども、どんな仕事を与えられてもこなすことができる前向きな姿勢や柔軟性が大切です。やりたい仕事を伝えると、「それ以外の仕事でも率先してできるか?」と聞いてくることが多いので、「できます。」と伝える方が無難です。ここで「できません。」と伝えると融通が効かない人間としてマイナスに見られてしまうでしょう。

転勤があるのに、頑なに拒んでいないか?

転勤がある仕事での面接対応

転勤がある仕事の場合、転勤を拒んでしまうと採用されない場合があります。求人案内には転勤があるかどうかも書いてあるはずです。転勤がある仕事の場合は、「転勤が可能か」聞いてくることが多いです。そこで転勤不可と伝えると落とされる可能性が高いでしょう。もし、転勤が嫌ならば、転勤がない求人を選ぶべきです。転勤がある仕事なのか、事前によく調べておきましょう。

なぜか上から目線で面接に挑んでいないか?

偉そうな面接者

面接希望者のなかには、なぜか上から目線のひともいます。偉そうに受け答えすると採用担当者には悪いイメージを与えてしまうことでしょう。自分をアピールすることと、偉そうにすることは違います。何もスキルがないのに偉そうにしても採油担当者からは何もわかっていない人間と見られるだけです。そのような上から目線ではなく、誠実に真面目な対応が必要です。

応募会社のことをよく調べたか?

会社のことを何も知らずに面接に挑む

就職希望先のことを何も知らないと面接で的確に受け答えできません。その会社のメイン事業は何か、年間売り上げはいくらか、支店はあるのか、代表取締役は誰か、従業員数は何人か、創立何年目か、などなど、応募先の会社をよく調べることです。会社のことをよく調べることで、会社のイメージが見えてきます。あなたがなぜその会社に入りたいのかを考える上でも、会社のことをよく知るのはとても重要なことなのです。

経験がない自分を無理に隠そうとしていないか?

未経験の自分を無理に隠そうとしていないか

その業界について未経験であるのに、無理に経験者のような素振りを見せていないでしょうか。採用されたいがために知りもしないのに知ったかで面接に挑むと足元を見られる結果となります。未経験かどうかは経歴書を見れば採用担当者にすぐバレます。業界未経験であるならば、無理に嘘をつかないことです。未経験だけれども、前向きに取り組みたいということを伝えましょう。もともと未経験でも採用予定であるならば、仕事に対する姿勢が大切です。経験者ぶるよりも、素直さや真面目さをアピールすることが大切です。

経歴などに嘘をついていないか?

履歴書や職務経歴書で嘘をついていないか

履歴書や職務経歴書で嘘をついていないでしょうか。それは違法行為ですから絶対しないでください。自分を良く見せたい気持ちもわかりますが、採用担当者にありのままの姿を見てもらうことです。面接で嘘をついてはいけません。今の自分のスキルや人間性を見てもらうようにしましょう。

扱いづらそうな人間に見えていないか?

協調生なく扱いづらい人間

協調性がなく扱いづらい人間に見られていないでしょうか。組織の中で働くには協調性は非常に大切になります。扱いづらい人間と見られると、社内のトラブルメーカーになる可能性があるということで、不採用になる可能性が高いです。採用担当者に扱いづらい人間と見られないように努力してください。あまり自我が強すぎると、面倒な人間と見られる可能性が高いです。相手の話をよく聞いて、誠実さをアピールするようにしましょう。アピールしたい、会社に入りたいあまりに、自分が自分がと前のめりになりすぎないことです。採用担当者は謙虚さも重要なポイントとして見ています。

熱意を持って面接に挑んでいるか?

熱意を持って取り組めているか

面接では熱意を持って挑むことが大切です。採用担当者はどれだけやる気があるのかも重要視しています。どんなにできる人材でも、やる気が見えなかったり、適当な受け答えをしていると採用されない可能性が高いです。本当にその会社で働く気持ちがあるのか、真剣に考えてやる気を見せましょう。熱意があれば、きっと採用担当者にも伝わります。やる気を伝えることは何よりも大切なことです。

面接試験の準備はできているか?

面接の準備はできているか

面接に挑む前に、今一度、準備ができているか、よく確認してみましょう。当日着る服装は準備ができているのか、当日の行き方も把握しているのか、意外と当日に道に迷い焦ることがあります。面接時間に遅刻してしまうと、かなりマイナスイメージになるので、面接会場までのルートを確認しておきましょう。何時の電車に乗るのか調べておくことも重要です、

面接では良い意味でも悪い意味でもそのときの自分しか知られない

面接ではよくも悪くも表面的な部分しかわからない

頭に入れておいてほしいのが、面接では良くも悪くもあなたの表面的な部分しか計り知れないことです。採用担当者はあなたの全てを知ることは短い時間の面接では不可能に近いことです。なので、表面的にでもわかるようにやる気を見せること、誠実さや真面目さや謙虚さを見せること。無理に取り繕うわけではありませんが(小手先の表現ではバレる可能性が高いです)、相手のよく見せる努力は面接ではとても大切なのです。結局のところ、採用担当者は技術や経験よりも人柄を重視している会社の方が圧倒的に多いです。一緒に働きたいと思える人物かどうかを見ています。

なので、面接を通るコツとしては、相手が一緒に働きたいと思う人間になれるかどうかです。しっかり受け答えができて、人間的にも問題なく熱意があれば、受かる可能性も高くなります。今まで面接で落ちていたひとはこれまで紹介してポイントを押さえて今一度挑戦してみてください。さらに面接対策について学びたい場合は、新卒採用でも中途採用でも効果がある、知らないから落ちる面接の4点減点法がオススメです。公式サイトを見ると多くのひとが、この教材で成果を出しているのがわかります。面接は数をこなすことでわかってくる部分もあるので諦めずに取り組むことが何よりも大切になります。諦めずにしっかり面接対策をして、前向きに面接に挑みましょう。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ