会社を辞めるときは上司や社長が反対するが聞いてはいけない

[就職・転職]

会社を辞めようとしたとき、上司や社長(中小企業の場合は社長と関わることが多いため)が退職することに反対を示す場合があります。けれども、これは聞いてはいけません。自分の意思を通して辞めるべきです。

「お前は他の会社では通用しない」という常套句

得意な仕事を見逃す

よく聞くことが、「お前はいま会社を辞めても、次の職場では通用しない」という常套句です。はっきり言って笑ってしまうくらいおかしな言葉です。なぜなら、次の会社で通用するかどうかは、その上司にわかるはずないからです。あなたが転職して、次の会社で通用するかなんてわかるはずがありません。その会社でどれだけあなたが努力して力をつけていくのか、新たな仕事を見つけてやりがいを感じるのか、次の職場の給料がどれほどなのか、この先も長く続く社会人生活を、いまの上司がわかるはずありません。

そのような言葉を言う上司に対しては、「あなたは未来が予想できる神ですか?」と笑いながら聞きます。そのときに「そうだ」と答えたら、すぐさま退職した方がいいでしょう。わけわからない宗教に入らされるのがオチです。

結局会社は人材を手放したくない

結局、このような意味不明な言葉を言うのは、貴重な人材を会社から離れてほしくないのです。昨今のニュースなどでもわかるように、どこの会社も人手不足で、人材確保に悩んでいます。貴重な人材を獲得するのは大変なのです。

しかし、それでいながら、会社で働く従業員を適当に、雑に扱う、上司や会社が多すぎるのです。どれだけ、貴重な人材が、その会社で働いているのか、上層部たちはよくわかっていないのです。昔から、人材は人財とも言われており、従業員は宝なのです。そのことに気づかず、単にこき使ったり、部下を下僕のように扱う上司が実に多いです。

そのような会社に自分を安売りすることなく、もっと自分の価値を認めてくれる会社に転職すべきなのは、誰が見ても明らかでしょう。

卑劣な会社は従業員の価値を否定したがる

新入社員が暴力を受けて仕事を辞めたい

卑劣な会社、発展性のない会社ほど、従業員の価値を否定したがります。部下を価値のない人間に仕立て上げたり、罵倒したり、考え方そのものを否定します。それでいて、会社で働き続けることを強要するのです。本当に奴隷のような環境を強いてくる会社は、残念ながら多いのです。

そのような会社でいつまでも働いても、自分の才能を土深く埋めてしまうだけです。会社から否定され続け、すっかり自信を失っている人もいるかもしれませんが、実は自分も気付かぬほどの、素晴らしい才能を持っていたりするのです。それなのに、会社から否定され続けてしまったので、その良さに気づかず、いつまでも奴隷生活を続けさせられている会社員が、この国には実に多くいます。いまこそ、そのような状況を打破すべきなのです。

所詮、上司や会社は自分たちのことした考えていない

辞めると言うと、急に心変わりしたように、あなたの心配をしているかのような振る舞いをしだします。「この会社を離れたら人生が大変なことになる、取り返しがつかなくなる」ばりのことを言い始めます。中小企業で働いてるにも関わらず、まるで大企業で働くエリートが人生を逸脱するかのような、言い方が全力で説得してくることもあります。

要するに、あなたが抜けられると、仕事で支障をきたすので、やめてもらいたくないのです。あなたのことを考えているように見せて、みな、自分のこと会社のことしか考えていないのです。ですから、そのような上辺だけの言葉に騙されないようにしましょう。所詮、ひどい扱いをしてきた上司の心の中なんて、適当なものです。自分の仕事の成り行きが困るから、あなたが会社を辞めるのを全力で死守しようとしているだけなのです。

会社を辞める覚悟ができたなら考えを変えない方が良い

バイトを辞めたいバックレたい!

上司や経営者は、あなたより交渉術に慣れていることが予想されるので、会社を辞めるというと、あの手この手を使って交渉してきます。仕事環境を改善する・給料の見直しを図る・役職を与えることを将来的に検討している、などなど会社にとどまってほしいために、色々な誘惑を出してきます。また、会社を辞められるといまの仕事が進まない・同僚はどうなるのだ・みんなあなたを信じている、などなど情にも訴えようとするでしょう。

しかし、それらに騙されないことです。それは単に会社にとどまってほしいから、色々言っているだけにすぎません。また、一度辞めると言った人間が、会社に残るのは、相当気まずいものがあります。それこそ、何か貸しを会社に作ったようになってしまうのです。上司や社長に何かを言われたからと言って、揺らぐのはやめましょう。会社を辞めれば、もう人生で付き合うことはないのです。所詮、仕事だけの関係です。

転職して新たな出会いを探した方がよほど良いでしょう。いつまでも、無意味な交渉に耳を貸すのはやめましょう。色々と説得してくるのですが、そのようなことを聞くべきではありません。これからの自分の人生、社会人生活に重きを置いて転職を行いましょう。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ