おそらくこの記事を読んでいる方は、今の会社が自分に合わない、もしくは自分に合う会社を探している方が多いと思います。

では、自分に合う会社とはなんなのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

自分に合う会社を見つけるのはとても難しい

自分に合う会社を見つけるのはとても難しい

数多くある会社の中で、自分に合う会社を見つけるのは、簡単なことではありません。

会社によって特性や職場雰囲気も違いますし、自分に合っているかどうかは、実際にその会社で働いてみないとわからないことは多々有ります。

なので、自分に合う会社が見つかるのは、ある意味で運次第かもしれません。

そもそも自分に合う会社がない場合もある

そもそも自分に合う会社が本当に実在するのかも疑わしいです。

というのは、ひとの考えはひとそれぞれであって、会社にいる人間の考え方も様々です。

だから、完全に自分に合う会社というのはないのではないか、と思うことがあります。

事実、この記事を書いている自分自身も何社も転職をしていますが、これまで自分に合う会社に出会えたことはありません。

会社が自分に合わせてくれるわけではない

会社が自分に合わせてくれるわけではない

まず、残念なことに会社は自分に合わせてくれるわけではありません。

つまり、自分が会社に合わせる必要があるかもしれないのです。

自分に合う会社を探しても簡単に見つかるわけではありません。

ならば、自分から会社に合わせて行った方が、働きやすくなる可能性があります。

いつまでも自分に合う会社を探していても、実際にその会社で働いてみなければわからないですし、なかなか自分に合う会社は見つからないものです。

そんなことをしても、いつまで経っても安定した生活を送ることができないので、むしろ自分から会社に歩み寄る姿勢も大切かもしれません。

自分自身を捨てることになるのか

そういうと、自分自身の個性を捨てることになるのか、と思うかもしれません。

しかし、個性というのは会社に合わせても、失わない個性もあります。

会社で働くには、ある程度組織の中で歩調を合わせることも必要になるでしょう。

その上で、自分の考えや個性を主張し、会社や社会を良くしていけば良いのではないでしょうか。

結局のところ自分勝手に行動しても、組織として成果を出すことは難しいことです。

ならば、ある程度の協調性を持って仕事をすることも大切になるでしょう。

自分に合う会社を探しているときは、自分のことしか考えていないかもしれない

自分に合う会社を探しているときは、自分のことしか考えていないかもしれない

ひょっとしたら、自分に合う会社を探しているときは、自分のことしか考えられていないかもしれません。

もし、他のひとと協力して自分は会社や社会のために何ができるか、考えられたらもう少し視野も広がるかもしれません。

ただし、そうは言ってもなかには、本当に自分の考えとは合わない会社もあるでしょうから、その辺りは自分でよく考える必要があるでしょう。

自分のやりたいことがあり、どうしても会社の考えと同調できないときは、思い切って転職を考えるのもアリだと思います。

自分自身を客観的に見ることも大切

自分が考えていること・望んでいることはなかなか自分自身では理解していないこともあります。

そういうときは、やはり転職エージェントに相談してみるのも一つの選択肢です。

自分自身のことをいろいろ話すことで、自身の考え・性格・将来の方向性などが見えてくることがあります。

また、転職エージェントはいろいろな業界の職場環境を知っているので、的確なアドバイスがもらえることもあります。

なので、自分に合う会社を探している場合は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

個人的には、転職業界大手のDODAは、転職に関していろいろ相談できるのでオススメです。DODA

やはり、自分ひとりで悩んでも、答えが見つからない場合も多々有ります。

なので、転職に詳しいエージェントに思い切って相談してみるのも良いと思います。

下記のページでも、オススメの転職サイトについて紹介しているので、興味がある方はチェックしてみると良いでしょう。