うつや精神的病やストレスで退職・転職を考えている方にお伝えしたいことがあります。

うつなどが理由で退職される際には、これから言うことを参考にしてみると良いかもしれません。

無理に仕事をしようとすると精神も肉体も壊してしまう

無理に仕事をしようとすると精神も肉体も壊してしまう

生活がかかっているため、うつになっても無理して働こうとしてしまうかもしれませんが、無理して働いても精神や体を壊してしまうだけです。

鬱など精神的な病や負荷がかかっている状態にさらに無理して働いてしまうと、精神にも体にも大きな負担を及ぼし、働けなくなってしまう可能性もあります。

なので、精神的に不安定な場合は無理をしないことが大事です。

会社に休ませてもらえないか聞いてみる

鬱など精神的に辛い場合は、働こうとはせずに、会社に休ませてもらえないか聞いてみることです。

それでも無理に働かせようとする会社ならば、もはやそこで働く必要はないでしょう。

会社のいいなりとなり、無理して働いても、自分の体を壊してしまうだけです。

自分の精神や体を犠牲にしてまで働く必要は全くないのです。

労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか

労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか

もし、長時間労働や上司のパワハラなどにより、精神的な苦痛を感じた場合は、労災申請や治療費・慰謝料の請求ができないか、専門家に相談してみるのも良いでしょう。

個人の状況によっては、慰謝料などが請求できるケースも十分にあります。

精神的にも辛い状況だと、一刻も早く今の職場と縁を切りたいかもしれませんが、慰謝料など請求できれば、これからの生活の助けにもなるので、一人で悩まずにまずは専門家に相談してみると良いでしょう。

失業保険をもらう際に会社都合にできないか

また、失業保険をもらう際も、自己都合ではなく会社都合にできないか、ハローワークや専門家に相談してみると良いでしょう。

会社都合になれば、より早く失業保険をもらえるので、仕事をしていないときの生活の大きなサポートにもなるはずです。

会社に原因があり退職をする際は、会社都合にして失業保険が早くもらえる可能性も十分にあります。

これからどうするかが大切

これからどうするかが大切

うつ病など精神的な苦痛により退職する際は、これからどうするかが大切です。

今のところをやめたとしても、次の職場でまた精神的な苦痛を感じ、働くのが難しくなる可能性もあります。

なので、これからを見据えた準備が大切になります。

今、うつ病や発達障害など障害がある方の就職と定着を支援する「ニューロワークス」という施設があるのはご存知でしょうか。

「ニューロワークス」の公式サイトはこちらになります。「ニューロワークス」

「ニューロワークス」は、うつ病などの精神障害や、ADHDどの発達障害、知的障害、難病などの障害がある方が、就職をするための訓練を行う場所なのです。

就職活動のサポートに加え、PCスキルやコミュニケーションなど就職に必要な知識やスキルも学べます。

脳と身体の健康に良い生活習慣を身に付けるプログラム

さらに「ニューロワークス」では、就職後も安定して働き続けるため、脳と身体の健康に良い生活習慣を身に付けるプログラムも行っているのです。

プログラムには、下記のような内容が含まれています。

  • ストレスケアのマインドフルネス
  • 集中力や注意力を鍛える脳トレ
  • 食事や睡眠のレクチャー
  • 健康な体を手に入れる運動

「ニューロワークス」では、精神科医・脳科学者監修、多数の論文の分析に基づくブレインフィットネスプログラムを導入しているのです。

いざ新たな仕事先が見つかったとしても、また鬱になってしまわないか不安な方も多いはずです。

そういう意味でも、「ニューロワークス」で脳と身体の健康に良い生活習慣を身に付けることは、とても大切なことなのです。

ほとんどの方が無料または低料金で利用可能

また、費用もほとんどの方が無料もしくは低料金で利用できています。

さらに、交通費助成やランチ支給制度もあるので、お金の心配をすることなく、プログラムを学ぶことができるのです。

もちろん、業界研究・応募書類の作成や添削・面接同行・企業訪問や職場実習など、充実した就職活動サポートもあります。

鬱などで退職される方は、これからの人生・仕事・生活が大切です。

なので、まずは「ニューロワークス」で、脳と身体の健康に良い生活習慣を身につけた上で、新しい仕事を探した方が長く働けるのではないかと思います。

興味ある方は、ぜひ「ニューロワークス」をチェックしてみると良いでしょう。

「ニューロワークス」の公式サイトはこちらになります。「ニューロワークス」

「ニューロワークス」「ニューロワークス」