業界未経験・実務経験ないフリーターからでもWEBデザイナーになれる!

[就職・転職]

Webデザイナーになりたい、サイトをデザインするって、なんだかカッコいい。でも、実務未経験だし、Webデザイナーになれる自信がない。そう思う人も少なくないでしょうが、Webデザイナーは未経験からでもなれますよ。

普通にフリーターで業界未経験からでもWEBデザイナーになれるって話

未経験フリーターからWEBデザイナーになる

長年フリーターをやっていると、正社員になれないんじゃないかと思う人もいるでしょう。そんなことはありません。普通に未経験からでもWEBデザイナーに慣れます。WEBデザイナーになりたいけど、業界未経験のフリーターだと難しいのではと思うでしょう。そんなことはありません。フリーターから普通にWEBデザイナーになった人はいます。結局はやる気なんですよ。本気でやろうと思えばWEBデザイナーになれます。

WEBデザイナーに資格はいらない

webデザイナーに資格はいらない

そもそもWEBデザイナーは、資格が入りません。これが一級建築とかなら、医者とかならば、資格が入りますが、WEBデザイナーなら特に資格なく、仕事をしてしまえば、WEBデザイナーと名乗れるのです。だから、WEBデザイナーには誰でもなれるのです。問題は、本気でやる気があるかどうか。

WEBデザイナーになるなら、コーディングなど学ばないといけません。どのような仕組みでWEBがデザインされているのか知る必要があるのです。けれども、それを知ってしまえば、あとは比較的簡単にWEBデザインができます。WEBデザイナーでない人は、WEBデザインって難しそうだと思うかもしれませんが、実際にはそんなに難しいことはありません。結構、勉強すればできるものです。なので、興味あれば、どんどん挑戦してみまそう。

Webデザイナーになるには学校に通うのが近道

Webデザイナーになるためには

もし、Webデザイナーになるならば、学校に通った方が早くwebデザイナーになれます。スクールに通えば、いち早くwebデザイナーとしての知識が得られるでしょう。html&cssやデザインの基礎など、経験値を積んだ先生から教わった方が、効率よく成長することができ、webデザイナーを目指せます。

また、スクールでは、webデザイナーの就職斡旋をしているところも多いので、普通に応募するよりも、webデザイナーの職業に就けやすいのです。さらに、スクールでポートフォリオの作成も行うことができるでしょうし、webデザイナーになるためのステップアップとしてスクール利用するのは、賢い方法だと思います。

いかに売れるデザインを作れるかが大切

webデザイナーは売れるデザインを作ること

WEBデザイナーはセンスというよりも、いかに売れるデザインを短期間に作れるかです。短期間にお客さんにOKがもらえるデザインができれば、普通にwebデザイナーとしてビジネスが成り立ちます。また、お客さんからの受注がもらえるでしょう。質も大切ですが、納期が重要です。いかに素早くデザインができるかが大切。

webデザイナーというと、美的センスがある人でないとなれないと思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはないのです。仕事ができるwebデザイナーは、単にお客さんが受けるツボ・デザインを知っているだけのこと。決して優れたセンスがあるということではありません。

もし、優れたセンスが必要ならば、それは芸術家です。彼らは研ぎ澄まされた感性によって作品を表現します。その中には、大衆には受け入れられない作品もあるでしょう。センスというのは、すべての人に受け入れられるわけではないのです。

webデザイナーと芸術家は違う

しかし、webデザイナーは、センスではなく、お客さんに受け入れられるサイトを作ってお金を得ることができます。つまり、webデザイナーは、超絶なる美的センスは必要なく、ある程度の質やお客さんが求めているレベルを超えられるものならば、それで良いのです。

webデザイナーには、センスよりも、正確さと速さが必要なのです。芸術家とは違うということを理解しておきましょう。

webデザイナーは常に独学も必要

webデザイナーは独学も必要

webデザイナーになるには、スクールに通うのも効果的ですが、独学こそ必要なことです。webデザイナーとして成長するには、常に勉強していかなければいけないでしょう。なぜなら、技術は常に発展していきますし、コーディングやデザインも変化していきます。

ですから、この業界は終わりがなく、常に学ばなければいけないのです。webデザイナーになることに満足してしまったら、成長はないでしょう。いつか、仕事をもらえなくなる可能性があります。大切なのは、webデザイナーになることではなく、webデザイナーとして成長し続けることなのです。

webデザイナーは常に勉強すること

webデザイナーは、スクールでは学びきれないことだらけです。仕事をしていくうちに、壁にぶつかり、学ばなければいけないことも多くなるでしょう。それらに対して積極的に勉強する気持ちがあるかどうかが大切なのです。勉強する気持ちがあれば成長していくでしょうし、やる気がなければ成長は止まってしまいます。

webデザイナーとして仕事をもらいお金を稼ぐには、常に勉強することが大切なのです。webデザイナーという仕事は、常に勉強する仕事だということを覚えておきましょう。この業界に終わりはないのです。

良いと思ったデザインを徹底的に真似して盗む

未経験の方がデザインを学ぶときにぜひしてほしいことが、真似ることです。技術というのは、真似ることでスキルが上がってきます。良いと思ったデザインをとにかく真似てみることです。真似なんて、簡単にできると思うかもしれません。

しかし、真似ることも難しく、また同じように真似て作業してみても、制作者の工夫や意図を知ることができます。これが自身のスキルにも役立つことになるのです。真似して学ぶことを繰り返していけば、アイディアの引き出しも増えていきます。真似て良いところを吸収して、そして自分なりのデザインを確立していくことこそが、とても大切なのです。

趣味的なポートフォリオはダメ

趣味的なポートフォリオはダメ

webデザイナーの求人に応募するとき、ポートフォリオを作成するはずです。ポートフォリオがない人は、その時点で落とされる可能性が高いと思った方が良いでしょう。webデザイナーは技術職です。自分の持つスキルによって、採用されるかどうかが違ってきます。ポートフォリオがなければ判断対象がないので、採用しようがないのです。

webデザイナーとして応募するならば、必ずポートフォリオを用意しましょう。そして、ポートフォリオは高い完成度まで仕上げてください。趣味的な、デザインもコーディングも適当なポートフォリオだと、落とされる可能性が高いです。特に制作会社は細かいデザインやコーディングについて細かく見ています。

webデザイナーのポートフォリオ

趣味で作ったような適当なサイトだと、それだけで悪い評価が付けられてしまいます。ですから、売ってもおかしくないようなサイトまで仕上げることです。デザインもしっかりと、jsなど使って動きあるサイトが作れれば尚良いでしょう。企業はポートフォリオであなたのスキルをチェックします。

ポートフォリオはいくら時間をかけてもいいのです。採用側が受けるような質の高いポートフォリオを必ず一つは用意しましょう。

テンプレートは使わないこと

webデザイナーはテンプレートを使わないこと

ポートフォリオを作成する際に、テンプレートを使う人もいるでしょう。既成のデザインにそのままテキストや画像を当て込んでポートフォリオに持って行く人もいますが、それはやめてください。制作会社に持っていけば、すぐにバレます。

また、テンプレートを使っては、いつまで経っても自身の技術習得にはなりません。結局は既製品を少し編集するくらいしかできなくなってしまうのです。自分の技術をあげたいならば、ゼロから作りましょう。それが本当のポートフォリオです。

その方が、技術力も上がりますし、当然採用されるチャンスも増えてきます。webデザイナーとして活躍するならば、技術力を高める必要があります。デザインしかり、コーディングもゼロから行っていきましょう。その方が良いポートフォリオが作れます。

webデザイナーも結局は人柄重視

webデザイナー人柄重視

そして最後に言いたいことは、webデザイナーの採用も人柄重視ということです。どんなに技術があろうとも人柄がよくないと採用されません。逆に、技術が多少なくても、人柄が良いとそれだけで採用される可能性は十分にあります。

やはり、どの企業も一緒に働きたいと思う人を採用したいのです。ですから、webデザイナーは技術も大切ですが、性格や人柄も重要であることを覚えておいてください。所詮、人と人との関わりなので、技術が良ければOKではなく、人柄もとても大切なのです。協調性があり、意見を出し合って、仲間と仕事できる人がどの企業からも好かれます。

本気でWEBデザイナーを目指すならば、未経験だからと諦めないこと

本気でWEBデザイナーを目指すならば、未経験だからといって諦めないことです。自分で勉強してデザインを学ぶこと、また積極的に求人応募してみましょう。応募してみないことには、先に進みません。まずは、応募してみること。採用が難しいかもしれないと思うような案件でも、実は通ることもあります。ですから、最後まで諦めずに懸命に応募してみましょう。

WEB業界へ転職したいならば、WEb業界に強い転職サイトを利用するのもいいでしょうし、また転職エージェントを利用して、自分に合う案件を紹介してもらうと良いでしょう。複数エージェントと関係を持っておけば、それだけ多くの求人案件を目にすることができるはずです。

未経験からでもフリーターからWEBデザイナーになれる

未経験からでもwebデザイナーになれる

以上のように、未経験からでもWEBデザイナーになれることをご紹介しました。みんな最初は未経験です。経験を積んで、デザインをわかってきます。経験を積めばデザインできるようになるのです。まずは、場数を踏むようにしましょう。フリーターだからと恐れる必要はありません。諦めなければ、未経験でも雇ってくれる会社は必ずあります。なので、自分も独学でもいいので、デザインの勉強をしておきましょう。

フリーターがWEBデザイナーに転職するならこちらのサイトを見ておきましょう。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ