仕事をやめたい・転職したいWEBデザイナーへ!今の会社が全てではない。

[就職・転職]

今の会社をやめたい、新しい会社に転職したい、というWebデザイナーも少なくないでしょう。

個人的には、Webデザイナーの皆さんは、どんどん転職していいと思います。むしろ今の会社にいることが最善な選択肢とは言い切れません。むしろ、他の会社・仕事を探した方が、自分には合っている場合もあります。

目次

会社や社長上司に嫌気がさすWebデザイナーも少なくない

会社や上司に嫌気がさすWebデザイナーも少なくない

あまりに理不尽な要求をする会社や上司に嫌気がさしているWebデザイナーも少なくありません。いつまでも、そういう会社にいる必要はないのです。

社長が制作のことをよく理解していない

Web制作会社の社長は、そもそも制作のことをよくわかっていないことがあります。

とくに、制作以外の事業も行っているような会社だったりすると、制作についてよく知らないのにもかからず、打ち合わせをすると社長がWebデザイナーに否定的な意見を言うことも少なくありません。

そして、タチが悪いのは、技術があるかどうかにかかわらず周囲に影響力のある(仕切るとも言える)Webデザイナーに対しては社長はあまり文句を言わないのに、下っ端のWebデザイナーに対しては否定的なことを言う社長もいるのです。

贔屓したり、不公平な扱いをする社長

自分の体裁ばかり気にして、害がないような人間に対してのみ不満や否定を言う社長もいます。本来、社長という立場は社員を公平に見ることが大切であるにもかからず、社員によって贔屓したりするのです。

また、社長のデザインの好みによっても、否定的なことを言われたりします。自分が良いと思うようなデザインでも、社長がダメと言えば却下されてしまいます。

また、このときも社長が贔屓するWebデザイナーの場合は、簡単に許可がおりることもあるので、納得できないという思いをすることがあります。

特に従業員10名以下の中小企業だと、社長との距離感も近いので、こういう問題が発生したりするのです。自分が良いと思うデザインでも、社長の一存で却下されることはよくあります。

上司や同僚もフォローしてくれない – イエスマン/イエスウーマンの社員たち

上司や同僚もフォローしてくれない - イエスマン/イエスウーマンの社員たち

さらにきついのが、社長から個人攻撃を受けても、上司や同僚の誰もフォローしてくれないことです。

みんな社長のいいなりになってしまい(俗にいうイエスマン・イエスウーマン)、誰も自分の味方をしてくれません。さっきまで仲良く話していた同僚も、社長の方を持ち、さらに集中攻撃にあってしまいます。

言いやすそうなひとは攻撃対象にされやすい

特に会議などではこのようなことが起こります。納得いかないのは、攻撃しやすそうな社員を標的にして、会議でフクロ叩きにすることです。

デザインの良し悪しは二の次で、とにかく誰かを叩いて会議を進ませたいという、わけのわからない空気感があります。こういうのは、会議とは名ばかりのただのいじめです。

こういうおかしな風潮が、Web制作現場にあります。会議と言いつつも、まず誰かを叩くことから始まります。ひどいときは、叩いただけで終わる会議もあり、かなり苦痛で不効率な時間を与えられることもあるのです。

こういう意味のない時間を送らされる会社には、いつまでもいる必要はないでしょう。

言われた通りにしたら、さらに責められる

また、さらにきついのが、社長や上司から言われた通りに仕事をしているにもかかわらず、うまく成果が出ていないと結局怒られることです。

また、最初に決めた仕事の方向があるにもかかわらず、会議を重ねると、勝手な意見がどんどん出てくるので、ベクトルがズレてくることがよくあります。

散々振り回された挙句、結局責められる

こちらが言われた通り仕事をしていても、平気でベクトルをずらされるのです。そして、軌道修正しても、さらに違う方向に持って行かれるので、結局は当初の狙いとは全然違うところに軌道修正させられ、振り回されて結果も出ず、さらに批判や責められる対象に合うのです。

こちらが思うことはあっても、会社の言う通りにして制作していたにもかかわらず、周りは自分勝手な意見で責められることばかりなので、怒りを通り越して呆れることもあります。

自分が関わっていないプロジェクトほど、他人は責任を負わないので身勝手なことばかり言ってくるものです。

しかし、社長の意見には従わないといけないこともあり、その通り制作を進めていても、結局成果が得られず、制作担当のこちらに責任を負わされることがあるのです。

周りは責任を押し付けてくる

周りは責任を押し付けてくる

本当はこちらの責任ではないのに、こちらに責任を押し付けてくることもあります。

また、本来は上司が部下の責任も負うものだと思いますが、平気で部下に責任を押し付けてくる上司もいます。こういう上司が社内にいると、常に自分の立場が危ぶまれるので、安心して制作を行うことができません。

ディレクターからの強引な指示

また、ディレクターとの関係も微妙なときがあります。

こちらの言い分を聞いてもらえず、ただお客さんからの指示をそのまま伝えるディレクターは、結構無理な要求をしてくることもあります。また、ディレクター自身がそれほど技術面を知らず、無理な要求をしてくるケースもあるでしょう。

また、小さい制作会社だと、そもそもディレクターがいなく、ディレクションとデザインを両方任せられることもあります。こういう場合は、間に入ってくれるひとがいないので、直接Webデザイナーが責められることも多いのです。

結局はお客さんの意向が第一

どんなに自分が良いと思っても、結局はお客さんの意向が第一です。

お客さんに言われた通りにデザインしても、「やっぱり違う」と別のデザインを要求され、しまいには元のデザインに戻されたり、急ぎの短納期に安い仕事をさせられたりと、理不尽な思いをすることもあるでしょう。

しかし、クライアントはお金を払ってくれる人たちなので、我慢するしかないでしょう。

なかなか自分の思い通りに通らないことも、Webデザイナーの辛いところではあります。

足を引っ張ろうとしてくる内部の人間

足を引っ張ろうとしてくる内部の人間

あなたが成果を上げていることに、あまりよく思わない社員もいるでしょう。

そういう社員は、あなたの足を引っ張ろうとしてきます。こちらが一生懸命制作に取り組んでいても、邪魔をされることもあるのです。

「能力がない人間」とレッテルを貼られる

これまで仕事をしっかりしていたとしても、少しのミスや成果が上がらないと、「出来ない社員」「能力がない人間」というレッテルを貼られることがあります。

そうなると、デザインの勉強をして、デザイン力が上がってきても、会社からは評価が得られず、否定されることがあります。一度、そのようなレッテルを貼られると、なかなか払拭することは難しいです。

Webデザイナーは最初の印象が大切

だからこそ、WEBデザイナーは最初に制作するデザインの印象が大切です。

最初から会社に悪い印象を与えてしまうと、デザインの勉強をしていても、制作チャンスが与えらえず、その後も苦しむことがあります。

制作のことをあまり知らない社長や経営者は、すぐにレッテルを貼る傾向にあるので、注意が必要です。また、いつまでもチャンスを与えてくれない会社は、自分の成長にもならないので、転職を考えた方がいいかもしれません。

WEBデザイナーは終電が無くなっても働きつらい、徹夜とか

また、WEBデザイナーのつらいこと・きついことは、終電過ぎても作業をする日があることです。

仕事に追われている場合は、徹夜で働くWEBデザイナーも少なくありません。労働基準法とか関係なく働かなければいけない状況に陥る場合があります。

しかし、あまりオーバーワークしすぎると体に影響を及ぼします。こういうケースでは、自己都合で退職しても、ハローワークに訴えれば、会社都合で退職できる可能性があります。

なので、長時間労働のしすぎで、自己都合でやめることになっても、会社都合に変更できる可能性は十分あるので、ハローワークや労働基準監督署に訴えかけるといいでしょう。

ハードワークでデザイン力がつくという意見もある

また、長時間労働を行うことで、デザイン力がつくという意見もあります。

確かに、長時間作業すれば、デザイン力がつくかもしれませんが、自身の体にとってはよくありません。デザイン力が上がっても、あとで働けない体にならないためにも、健康管理は大切です。

Webデザイナーは鬱になる人も少なくない

周りは責任を押し付けてくる

Webデザイナーの仕事は、長時間閉鎖的な空間で仕事をするため、うつ病になる人も少なくありません。

仕事に追われることが多いですし、会社との人間関係によりストレスを伴うこともあります。制作だけでなく、内部体制などの問題で精神的にも追い詰められて、うつ状態になるWebデザイナーも少なくないのです。

会社が嫌だから風邪が治らない

いろいろ会社から言われるので、会社が嫌でたまらないWEBデザイナーも多いです。

自分のWEBデザインができない、無理やり意に沿わないWEBデザインをさせられ嫌気がさし、「会社に来たくない」と思うWEBデザイナーも少なくないでしょう。制作や人間関係での結構精神的ストレスも大きく、そのような原因もあり、なかなか風邪が治らず、体が弱っているWEBデザイナーもいます。

休日は体調が良くなるのに、会社で働く平日は死にそうな顔のWEBデザイナーも少なくありません。

だから、WEBデザイナーの職場は風邪など誰かにうつりやすいので、職場に行くだけで風邪を引くこともあります。仕事に追われるWEBデザイナーは、風邪を引いても職場に来ないといけないため、他のWEBデザイナーに病気が移り、全員が風邪を引きながら仕事するということもあります。

WEBデザイナーは華やかな仕事に見られていますが、きつい職場環境で働かなければいないこともあるのです。

自分のデザインをごり押ししてくる同僚・上司

自分のデザインをごり押ししてくる同僚・上司

自分の意見が第一優先で、意見をまげない上司や同僚も少なくありません。

そのようなデザイナーは、自分のデザインをごり押ししてきます。何かと自分の意見を通したがり、自分の意見が通らないと不平や不満や、他のデザインを否定してきます。

こういうタイプの人間は自分が評価されないと気が済みません。誰かのデザインよりも、「自分のデザインに注目してほしい、他人のデザインは優れていない」と、自分勝手な考えを抱きがちです。

WEBデザイナーの世界にも妬みや嫉妬、相手の邪魔や否定をするような汚い世界があるのです。

他人のデザインを認めないWEBデザイナー

他人のデザインを認めないWEBデザイナー

自分勝手なデザイナーは、他人のデザインを認めようとしません。

常に自分が一番優れているWEBデザイナーと信じて、相手のデザインを受け入れないのです。

だから、相手のデザインを見ても、否定的な言葉しか出ません。

このようなWEBデザイナーがいる職場は不幸な職場です。

たとえ、自分のデザインを頑張って作っても、否定されて、自信を失わせようとします。

自分のデザインを向上させるためには、このような職場から離れた方がいいかもしれません。

もっと励まし合える環境が理想

もっと励まし合える環境の方が人は伸びます。

相手がうまくいかないように、引きずろうとする行為(職場環境)では、自分が成長しないでしょう。

しかも、自分が一番だと思うWEBデザイナーに限って、デザインや配色がイマイチだったりします。

しかし、変に自信過剰でこちらが指摘すると怒り出すので、周りが気を使ってなかなか言えないのです。

自分勝手なWEBデザイナーは、周りに気を使わせてしまうのです。

そのようなWEBデザイナーがリーダーになったときほど、悲惨な職場環境はありません。

俺はプログラムもできると言い張るWEBデザイナー

俺はプログラムもできると言い張るWEBデザイナー

また、自分勝手で自己評価が大きいWEBデザイナーほど、自分はプログラムもできると言い張ることがあります。

主にデザインしかしていないのに、なぜかプログラムもできると言い出すのです。

そのようなひとは、片手間でPHPをいじったくらいなのに、プログラムもできると言い張ります。

そのような言動で優位に見せたいのでしょうが、変に自分を優位に立たせようとするWEBデザイナーに気を使い、気疲れして、それが自分のデザインにまで支障を及ぼしてしまうことがあるのです。

周りも見下したがるWEBデザイナー

優れていないWEBデザイナーこそ、周りを見下したがります。

「自分は優れているWEBデザイナーだ」と行動や言動から見せてきます。

力がないWEBデザイナーほど、自分を大きく見せようとするものです。

そして、それに付き合うしかない労働環境にいると、地獄でしかないのです。

お山の大将WEBデザイナー

このようなお山の大将WEBデザイナーは実は結構いるのです。

自分の子分をつけたがり、家来にしたがるWEBデザイナーはいくらでもいます。

それが、会社からの評価にもつながるからです。

この業界は、平気で同僚であるWEBデザイナーを蹴落としたり、デザインの批判をしてきます。

わがままなWEBデザイナーは多い

わがままなWEBデザイナーは多い

わがままなWEBデザイナーは多いのです。

そのようなWEBデザイナーに振り回される他のWEBデザイナーは少なくなく、職場いじめのようなこともあり、WEBデザイナーがうつ病になり退職するケースも少なくありません。

ここで言いたいことは無理して今の職場にとどまることはないということです。

いち早く、今の会社を辞めた方が、さらに自分のデザインスキルを成長することができるかもしれません。

WEBデザイナーは変な気を使うとデザインに影響を及ぼします。

いらぬ神経は使うべきではないでしょう。

それよりも自分のデザインに集中した方が良い作品ができるはずです。

他の会社でもWEBデザイナーの需要はある

他の会社でもWEBデザイナーの需要はある

しかし、「WEBデザイナーとして転職したいけど、就職先があるのか心配」と思う方もいるでしょう。

実は、WEBデザイナーを欲しがる企業は予想以上にたくさんあります。

なので、今の会社が嫌ならば、思い切って転職するのもありなのです。

同じ会社に長くいるとわからないかもしれませんが、外を見れば、WEBデザイナーの需要はまだまだ十分あるのです。

なので、会社を辞めたいと思ったら、思い切って転職してしまうのもアリなのです。

ブランクがあっても、WEBデザイナーになれる

中には、WEBデザイナーとして、デザイン会社に入ったけど、デザインを任されず、他の雑用などさせられデザインにブランクがある方もいるでしょう。

そのような元WEBデザイナーでも大丈夫です。

WEBデザイナーとして作業した経験が少しでもあるならば、新しい職場でも生かすことができます。

ブランクがあるWEBデザイナーについては、下記のページでも詳しく説明しています。

インハウスWEBデザイナーのメリットデメリット

インハウスWEBデザイナーのメリットデメリット

また、もし今の会社を辞めたいならば、インハウスのWEBデザイナーもおすすめです。

インハウスWEBデザイナーのメリットデメリットについて、下記で説明したいと思います。

社内WEBデザイナーメリット

インハウスWEBデザイナーのメリットは、ノルマの意識しなくていいことでしょう。

WEBデザイン会社が頭を悩ますのが、資金繰りです。

いかに新規の客を獲得して、お金を回していくのかが大切になります。

しかし、インハウスの場合は、すでに収入源があるので、ある程度の会社の安定性もあるのです。

だから、資金作りの心配は、普通のWEBデザイン会社よりもしなくていいですし、経営的にも比較的安定していると思います。

また、納期もそれほど厳しくありません。

インハウスWEBデザイナーならば、社内メディアやサイト作成が多く、納期もある程度融通が利きます。

これが一般的なデザイン会社だと、社外のクライアントなので、厳しい納期や価格設定が強いられることがあるのです。

なので、定時に帰りたいならば、インハウスWEBデザイナーを目指すのも良いでしょう。

社内WEBデザイナーデメリット

逆にインハウスWEBデザイナーのデメリットは、大元の会社の考えに大きく左右されることです。

なので、経営方針的にも自由度が低いことが考えられます。

サイト制作のジャンルも限られるので、自分のデザインの幅を広げにくく、様々な案件を扱うデザイン会社に比べて、スキルアップしにくい可能性もあります。

インハウスWEBデザイナーは未経験への間口も広い

インハウスWEBデザイナーは未経験への間口も広い

ただ、インハウスWEBデザイナーの方が人材育成に重きが置かれているようにも思います。

一般的なデザイン会社だと即戦力を求められがちですが、インハウスだと育てようという意識が強い傾向にあります。

やはり、デザイン外での収入源が会社にあるため、安定した雇用形態を結びやすいのです。

なので、業界未経験者こそインハウスWEBデザイナーを目指すのも良いかもしれません。

WEBデザイナーはこれからどうなる?なくなるの?

WEBデザイナーはこれからどうなる?なくなるの?

WEBデザイナーの将来は暗いという意見もありますが、まだまだ今後もWEBデザイナーが活躍できる機会は多くあると思います。

やはり、どこの企業も自社サイトには力を入れたいはずなので、優秀なWEBデザイナーを必要としているのです。

ただ、WEBデザイナーとして働く人は今後も増えて行くでしょうから、WEBデザイナーはさらに高いスキルが求められるでしょう。

デザインができるだけではなく、マーケティングやプログラミングなどもできると、付加価値がつけられるので、さらに仕事が増える可能性もあるでしょう。

下記のページでもWEBデザイナーの将来について触れているので、参考になるかもしれません。

WEBデザイナーは常に勉強することが大切

WEBデザイナーの仕事を続けるには、常に勉強し続けることが大切です。

新しい技術はどんどん出てくるので、最新のトレンドをつかみデザインに活かすためにも、日々勉強することが大切でしょう。

実際に現役WEBデザイナーでも、スクールに通って勉強しているひとも少なくありません。

下記のページでもおすすめのスクールを紹介しているので、興味ある方は参考にしてみると良いでしょう。

 

WEBデザイナーは転職しても不利になるわけではない

WEBデザイナーは、転職しても必ずしも不利になるわけではありません。

むしろ、いろいろな会社・仕事で経験を積んだ方が、プラスに評価されることもあるのです。

なので、今の会社・仕事に不満があるのならば、思い切って転職するのもありでしょう。

下記でも、WEBデザイナー向けの求人サイトを紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職サイトはGEEKLY(ギークリー)

ソーシャルゲーム業界やウェブへの転職希望ならGEEKLY(ギークリー)

GEEKLY(ギークリー)は、WEBデザイナーなどクリエイター系求人を扱っているオススメな転職サイトです。

大手求人案件も扱っており、年収アップできる可能性も十分あるでしょう。

また、自分のスキルに合う求人を紹介してくれますし、適切なアドバイスを受けることができます。

これから、WEBデザイナーの転職を考えている方は、GEEKLY(ギークリー)を検討してみると良いでしょう。

「GEEKLY(ギークリー)」の公式サイトはこちらになります。ソーシャルゲーム業界やウェブ業界へ転職するならGEEKLY(ギークリー)を見ておこう!

広告・WEB・マスコミ業界への転職ならマスメディアン

広告・WEB・マスコミ業界への転職ならマスメディアン

マスメディアンも、WEBデザイナーなどクリエイティブ系求人案件が多数揃っている転職サイトになります。

WEBデザイナー業界での転職活動を検討している方は、ぜひ見ておくといいでしょう。

WEB業界に精通したエージェントが多数在籍しているので、WEB業界・広告業界への転職を考えている方に、ぜひおすすめです。

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります、広告やウェブなどクリエイティブな転職活動ならマスメディアン!

また、その他にもおすすめの求人サイトは、下記のページでも紹介しているので、興味ある方は参考にしてみると良いでしょう。

いろいろ求人案件を見てみると、良さそうなものもあるかもしれないので、まずは積極的に動いてみることが大切です。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ