第二新卒/20代の就職・転職は本当に厳しいのか?大変なのか?

[就職・転職]

第二新卒は、新卒よりも就職が難しいと言われることがありますが、本当にそうなのでしょうか。

第二新卒の就職について、詳しく触れていきたいと思います。これから就職活動を行う方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

第二新卒の就職・転職には、新卒よりも難しい面は確かにある

第二新卒転職活動の厳しさ

確かに、第二新卒は、新卒の就職活動よりも難しい面はあります。では具体的に、第二新卒の採用試験や就職活動ではどのような厳しさがあるのか、下記で詳しく見ていきましょう。

新卒より書類選考が通りにくい – 即戦力としての経験やスキルが求められる

まず、第二新卒の採用試験は、新卒採用よりも書類選考が通りにくいことがあります。

第二新卒は、経験者としての能力を求められることもあり、ハードルが高く、書類選考が通りにくいこともあるのです。また、未経験の業界に転職したくても、既に同年代とは経験の差が生まれているので、業界によっては、転職しづらい傾向にある場合があります。

このように第二新卒では、即戦力としてある程度のスキルが求められます。経験やスキルがないと、書類選考の時点で落とされる可能性も当然あるのです。

第二新卒になると、書類選考なども通りにくくなると思った方がいいかもしれません。

大手企業の第二新卒枠は限りなく少ない

また、大手企業の場合は、そもそも第二新卒枠が限りなく少ない場合があります。

中には、第二新卒枠を設けていない企業もあります。第二新卒枠を設けるくらいならば、新卒採用で多めに人材を確保してしまおうと考える企業も少なくありません。

下手に社会人経験がある人よりも、社会人経験がない新卒の方が、自分の企業のカラーに染めやすいと考え、新卒の人材を好む傾向にあります。なので、大手企業を目指すほど、第二新卒枠は少なく、転職や就職が厳しいことが予想されます。

前職の実績や経験について聞かれることが多い

また、第二新卒の転職面接では、結構な頻度で前職での仕事の実績や経験を聞かれます。

たとえわずかな在職期間でも、その間に何をしたのか、どのような仕事で会社に貢献したのかを聞かれることでしょう。これらについて的確に答えられないと、何ができる人材なのかわからず、採用試験で落とされることもあるのです。

なので、何か少しの実績でも経験でもいいので、前職で自分が行った仕事や実績についてまとめておきましょう。これらは、就職面接でも使える武器となるはずです

自身の経験を整理しておくためにも、一度振り返っておきましょう。

前職をやめる理由を必ず聞かれる

また、必ずと言っていいほど聞かれることが、なぜ前職をやめたかです。ここは100%聞かれると思った方がいいでしょう。

ここでの答えは、ネガティブなことを言わないことです。仕事が辛かったからとか、上司とソリが合わなかったからとか、休みがなかったからとか、ネガティブなことを言うのはやめましょう。

後ろ向きな言葉を言ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまいます。会社に入ったら不満ばかり言う人間と思われてしまうのです。そのような人を雇いたいとは、なかなか思ってもらえないでしょう。

なので、前職を辞めた理由は、たとえ後ろ向きの理由であったとしても、自分を成長させるためとか、スキルアップのためとか、したい仕事があるため、というポジティブな理由を言うようにしましょう。

そうすれば、前向きで向上心ある人材として高評価を得られる可能性があるでしょう。前職を辞める・辞めた理由を聞かれたら、後ろ向きな言葉よりも、前向きな言葉(自身の成長やスキルアップのためなど)を言うように意識しましょう。

在職中の場合は転職活動がしにくいことも

また、第二新卒の転職活動で厳しい面は、在職中の場合は転職活動がしにくいことです。失業期間を空けないために、在職中に転職活動をする人もいるでしょう。そうすると、本当に時間がなく、限られた時間でしか転職活動ができません。

なので、なかなか思うように転職活動できずに、厳しい面もあるのです。採用試験は平日に行うことが多いので、なかなか土日に面接を受けることはできません。平日となると仕事終わりか、有給休暇で休むしかないので、面接を受けるのが非常に厳しい状況なのです。

地方への転職活動はさらに難しい

さらに、地方への転職活動の場合は、面接だけでも1日以上かかる場合があるので、時間の確保が相当厳しいこともあるでしょう。

また、交通費もかかるので、お金の面でも厳しいと感じることもあります。ただ、そもそも在職中に転職活動をしなければいけないかというと、そうでもありません。失業中でも採用されることは多々あるのです。なので、あまり在職中だけにこだわる必要はないでしょう。

ただ、そうは言っても、貯金がない場合や一人暮らしの場合は、経済面できついことがあるでしょう。そのような場合は、やはり在職中でしか転職活動ができず、厳しい思うをするかもしれません。

このように第二新卒の転職活動は時間的にも経済的にも体力的にも辛いことは多々あるのです。

多くの反対意見を聞かなければならない

また、第二新卒で転職しようとする場合は、多くの反対意見を聞くことになるでしょう。

「やめるのはまだ早い」とか「仕事をなめている」など、様々な意見を聞かなくてはいけないのです。自分の思いとは反することを言われるので、辛いと思うこともあるでしょう。

しかし、そのような言葉に惑わされないことです。自分の道は自分で切り開くしかありません。自分の思うこと、やりたい仕事、できることは、自分にしかわからないのです。

なので、あまり反対意見に惑わされないようにしましょう。反対意見ばかりで精神的に厳しいこともあるでしょうが、前を向いて進むことです。

初めての転職で戸惑い・不安がある

特に第二新卒の転職活動は、初めての転職活動の人も少なくないので、戸惑いや不安も生じてくるでしょう。誰かに相談したいけれども、相談できない。

本当に良い会社に転職できるか不安という人もいるでしょう。そう思うのは誰もが同じです。でも、第二新卒の需要もあることは確かなことです。どこの企業も若い人材がほしいのです。なので、諦めなければ、きっと企業との良い出会いがあるでしょう。

厳しいと言われながらも、第二新卒の需要がある理由

厳しいと言われながらも、第二新卒の需要がある理由

第二新卒の転職や就職活動は難しいと言われますが、第二新卒の需要があるのも確かなことです。なぜ、第二新卒への需要があるのか、下記で見ていきましょう。

第二新卒でもまだまだ若さがある

第二新卒といっても、二十代の方が多いと思います。企業からすれば、まだまだ若手の部類です。

若手は企業も欲しい人材であり、第二新卒の需要もあるのです。なので、採用してくれる企業は少なくないので、あまり悲観的になりすぎる必要はないでしょう。

正直仕事は、ある程度経験を積めば覚えられます。どんなに不得意でも年数を重ねれば、仕事を覚えることも可能です。

そういう意味では、まだまだ20代の若い世代は、時間的にも余裕がありますし、たとえ未経験の業界でも年数を重ねれば即戦力にもなるので、20代/第二新卒を積極的に採用する企業も少なくありません。

若さというのは、就職活動において大きな武器なのです。

少しでも社会人経験があれば、プラス評価に見られることも

また、少しでも社会人経験がある第二新卒の場合は、新卒よりも経験がある分、社会人としての評価が得られる場合もあります。

新卒の場合はどうしても学生感覚が抜けきらない部分もあるでしょう。その点、第二新卒ならばある程度社会人として経験を積んでいる場合は、企業もそれだけで即戦力として評価してくれる場合もあります。

社会人経験がある、まだまだ若い第二新卒だからこそ、採用者にとっては魅力的に見える場合もあるのです。

20代の転職は、転職回数が少ない方がいいの?

また、第二新卒/20代で転職する方は、転職回数を気にする方もいるでしょう。

「あまり転職回数が多くない方が、採用担当者にも突っ込まれないし、仕事に飽きやすい人間に見られたくない」と思うかもしれませんが、必ずしも転職回数が多いからといって、マイナス評価になるわけではありません。

転職が多いことは、逆に様々な仕事を経験しているというメリットもあります。これまで経験した仕事が次の仕事に活かせられるならば、転職回数が多いことは、必ずしも不利にはならないのです。

第二新卒はフレッシュさや若々しさをアピールすると良いかもしれない

第二新卒は、社会一般ではまだまだ若い部類です。

また、年齢が若い分、業界経験の同年代ともそれほど差がない可能性もあります。なので、若さとフレッシュさをアピールすれば、採用してもらえる可能性は十分にあるのです。

若い年代は、柔軟性があり可能性がある人材として見てくれる企業も少なくありません。なので、若さやフレッシュさを存分にアピールして、転職・就職活動を行うと良いでしょう。

20代/第二新卒の転職は在職中にすべきか?やめたから転職すべきか?

20代/第二新卒の転職は在職中にすべきか?やめたから転職すべきか?

また、20代/第二新卒の転職を、在職中にすべきか、それともやめてからすべきか、意見が分かれるところだと思います。

先ほどにも申し上げましたが、在職中に転職するのは時間もなく精神的にもきついです。ただし、そうはいっても会社を辞めてから転職活動を行おうとすると、経済的な面もあるので、長期間の転職活動は難しいでしょう。

実家暮らしならば辞めてから転職活動を行うのもあり

もし、実家暮らしの方ならば、一人暮らしのときよりもある程度経済的な余裕もあると思うので、会社を辞めてから転職活動を行うのも良いでしょう。

生活のことは親にお願いして、転職活動に専念することもできなくはありません。

失業手当期間中に職を探す方法もある

ただ、一人暮らしの場合は貯金の関係もあるでしょうが、なかなか辞めてから転職活動を行うのは難しいでしょう。

ただし、一人暮らしの方でも、失業手当を持っている期間中に転職する方法もあります。前職で失業保険に加入していた方(正社員ならほぼ加入しているはず)ならば、会社を辞めても失業手当をもらいながら、転職活動をすることができます。

ただし、自己都合で辞めた場合は、失業手当をもらえるまで、およそ4ヶ月はかかるので、やはりある程度貯金がないときついでしょう。

一方、会社都合で辞めた場合は、すぐに失業保険をもらうことができるので、前職を辞めてからでも転職活動を行うことはできるでしょう。

自分はこれから何をしたいのか、ビジョンを明確に持とう

第二新卒の方で大切なことは、これから何がしたいのか、ビジョンを明確にもつことです。

ビジョンをより明確にすれば、行動力が生まれますし、自分がどういう仕事に進みたいのかも見えてくるはずです。これは、採用企業側へのアピールにもなりますので、ぜひビジョンを明確にしておくことをお勧めします。

自分が何をしたいのか明確にしておかないと、またやめる可能性が高い

自分がこれから何をしたいのか、どう生きていきたいのか、どんな仕事をしたいのか、具体的にしておかないと、次の会社で働いたときも「やっぱり違う、自分に合っていない」と思い、また辞めてしまう可能性が高いでしょう。

ですから、自分が何をしたいのか明確なビジョンを持つことです。

最初は何がしたいのかわからないとも思いますが、それでも探すこと・自分に問い続けることが大切です。いろいろ考えた先に、自分はどうしたいのかが、きっと見えて来るはずです。

それが見えて来るまで、必死に考える必要があるでしょう。そして、ビジョンや目標がよりはっきりしたときこそ、本当にやりたい仕事が見つかるときだと思います。

そうなれば、次の仕事はもっとやる気に満ちて、モチベーション高く仕事ができるでしょう。

第二新卒の就職・転職は辛いこともあるかもしれないが、前に進み続けること

第二新卒の転職活動は新卒採用とは勝手が違うので、不安に思うこともあるかもしれません。

それでも前を向いて突き進むことです。諦めずに転職活動を続ければ、きっといい縁があることでしょう。また、今は厳しい状況かもしれませんが、これは今後の人生で必ず生きてくる経験です

会社経営者と直で話ができるのは、就職活動でしかなかなかチャンスはありません。いい経験だと思い、また自己成長するチャンスだと思い前向きに挑戦してみましょう。

ちなみに、第二新卒の就職・転職活動を行う場合は、下記のサイト(第二新卒)がオススメなので、ぜひチェックしておくといいと思います。

新卒・既卒の未経験にもオススメの第二新卒ナビ!

既卒・フリーターの就職内定は第二新卒ナビ

第二新卒ナビは、まさに第二新卒の転職者向けのサイトになります。

業界未経験者でも積極的に採用している企業も多数掲載されているので、第二新卒で転職活動するならば、第二新卒ナビはぜひ登録しておいた方が良いでしょう!

他の転職サイトにはない優良企業も多数掲載しています。

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】はこちら!既卒フリーターの転職こそ第二新卒ナビ!

大手なので扱う求人件数も多数のマイナビエージェント

マイナビエージェント転職年収アップを目指すならば!

マイナビエージェントは第二新卒者、若者向けの転職サイトです。

IT業界だけでなく、様々な業種の求人案内を掲載しています。またリクルートエージェントが、採用試験の挑み方や面接での受け答え方法など、的確なアドバイスをくれるので、転職を考えている人は、マイナビエージェントには登録しておいた方が良いでしょう。

転職サイト「typeの人材紹介」無料転職サポートが受けられる!

転職サイト「typeの人材紹介」で年収アップできる転職を行う

転職サイト「typeの人材紹介」も転職サイトとしてかなり有名です。

転職サイト「typeの人材紹介」にのみ掲載されている求人案内もあるほどなので、必ずこちらのサイトにも第二新卒者は登録しておいた方がいいでしょう。

専門エージェントが履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。転職活動でのノウハウも学べるので、転職活動するときに、ためになるサイトです。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

マイナビジョブも第二新卒者向けの転職サイトになります。

やりたいことが見つからない、これからどんな仕事をすればいいかわからない第二新卒の方は、マイナビジョブでは客観的に自己分析できるツールがあるので、試してみると良いでしょう。

また、専門スタッフが親身になって転職カウンセリングもしているので、詳しい履歴書や職務経歴書の書き方、また効果的な転職活動方法も教えてくれるでしょう。

マイナビジョブもせひ有効活用するといいと思います。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’S!!20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ

20代専門第二新卒の転職20代専門第二新卒の転職

最短1ヶ月で採用可能!【若者正社員チャレンジ】

【若者正社員チャレンジ】で転職チャンスを掴もう新卒3年未満離職者対象

【若者正社員チャレンジ】は、仕事を既に辞めている第二新卒者にもオススメです。

若者向けの転職サイトなので、業界未経験でも積極的に採用してくれる求人案内が多数あり、短期間で採用されるチャンスも十分にあります。

他の業界へ挑戦したい人もぜひ参考にしてみるといいでしょう。

経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業はこちら!若者正社員チャレンジ事業で離職者転職大成功!

若者正社員チャレンジ事業で離職者転職大成功!若者正社員チャレンジ新卒3年未満離職者の転職

異業種の求人案内も得られるはたらいく

はたらいくでお仕事先を見つける!転職年収アップ

はたらいくは、異業種で働きたい第二新卒者にもオススメな転職サイトです。

業界未経験者の第二新卒の方を積極採用している企業も多数掲載されているので、これから様々な業界での転職を希望している第二新卒者の方は、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。

圧迫面接にも心折れる必要はない

応募先の企業によっては、もはや時代遅れのような圧迫面接をしてくる企業もあります。

あなたが言うことをやたらと否定してくる採用担当者もいますが、そのような言葉を気にする必要はないでしょう。

あなたは「うまくいかなかった」と思うような面接でも、実は採用される場合もあるのです。ひとはどこを見ているかわかりません。最後まで諦めることはないでしょう。

また、圧迫面接をする企業が優れた企業かはわかりません。むしろ、社内でパワハラが起きている可能性もあります。

あまりにも理不尽なことばかりいう採用担当者や役職がいる会社は、入社しても辛いだけかもしれないので、注意した方がいいでしょう。会社は他にもたくさんあるので、そのような会社にあまりこだわる必要はありません。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ