webデザイナーはなぜ離職率が高いのか

なぜwebデザイナーは離職率が高いのか

webデザイナーの離職率は高いと言われています。なかなか一つの会社で定年まで働くことは、web業界ではあまりありません。なぜ、webデザイナーは離職率が高いのでしょうか。その原因を詳しく見ていきたいと思います。

webデザイナーは3年周期で転職するという話

webデザイナーの転職は、3年周期とも言われています。なぜ、3年周期かというと、ちょうど会社の事も分かり、ある程度スキルも習得する時期だからです。だったら、そのまま続ければいいと思うかもしれませんが、それではデザインに偏りが出てしまうのです。デザインを考える場合は、やはりいろいろな引き出しがあると有利です。しかし、3年以上同じ会社で仕事をしてしまうと、どうしてもデザインに偏りやマンネリが出てしまうのです。なので、新たなアイディアや新鮮な空気を求めに、webデザイナーは転職します。特に独身webデザイナーの場合は、守るものがないので、どんどん転職していきます。新たな感覚を求めに、様々な制作会社を渡り歩くのです。そうすることで、デザインの幅が広がり、良いwebデザイナーに成長できるとも考えられています。

会社が求めるwebデザイナーではない

また、webデザイナーが離職する理由として上げられるのが、会社が求めるスキルをwebデザイナーが持ち合わせていないことです。webデザイナーは経歴を盛って採用試験に挑むことも少なくありません。採用側も試験だけでは把握できないので、とりあえず採用して人材を見定めるわけですが、実際に作業をさせてみると、そのwebデザイナーが思うようなスキルを持ち合わせていないことがわかります。そうなると試用期間中にクビを切ることもあるのです。また、webデザイナー自身が自主退職するケースもあります。このように、雇用側とのスキルのミスマッチにより退職するケースもあります。

webデザイナーが新たなスキル求めて転職

あとは、先ほどにも紹介した通り、新たな経験を求めにwebデザイナーが転職するケースです。一つの会社にいると、どうしても制作するジャンルに偏りが出てきます。ジャンルに偏りがあると、どうしてもデザインも偏りがちなのです。だから、新たな経験を求めて転職するのが多いのも、webデザイナーの特徴でもあります。自己成長させるために、転職を選ぶのです。デザインが好きな人ほど、このような道へ進む傾向にあります。

webデザイナー転職するwebデザイナーに転職する

人間関係が悪いから転職

他にも離職率が高い理由として考えられるのが、人間関係の問題です。やはり、チームで作業するために、どうしても人間関係で問題が生じることもあります。webデザイナーは何よりも人間関係、会社の雰囲気が大切とも言われています。人間関係がこじれると思うような制作をすることができません。どのような人と仕事をするかは、ある意味で運でもあるので、人間関係に恵まれない人は転職を選ぶことが多くなるでしょう。

マイナビでwebクリエイターマイナビでwebクリエイター未経験から

webデザイナーの需要があるので転職

また、webデザイナーの需要はまだまだあるので、転職しやすいということが言えます。やはり、どの企業も自社ホームページを持ち、ネット上で大きく展開していきたいのです。そのような時に、SEOにも詳しいwebデザイナーがいれば、さらに売り上げが伸びる可能性があるので、webデザイナーをどの企業も必要としているのです。なので、webデザイナーの離職率の高さは決して悪い意味だけではなく、それだけ活発に業界が動いているということでもあります。この業界は転職回数が多いのは、必ずしもマイナスには取りません。むしろ様々な経験をしていることで、プラスに評価されることもあるのです。webデザイナーとして活躍を考えている人は、自身のキャリア構築を優先に考えて就職活動をすると良いでしょう。

未経験からITエンジニア無料でITエンジニア研修