チャットレディの引越し&賃貸契約

チャットレディでも賃貸契約できるのか

チャットレディを本業としている女性で、引越しを考える人もいるでしょう。そのような場合に、賃貸契約をどうするのか迷うことがあります。

チャットレディを生業にしているけど、なかなか世間的に信用度が低く、賃貸契約で言いにくいこともあるでしょう。そこで、チャットレディの賃貸契約について考えていきたいと思います。

職業をわざわざチャットレディと伝える必要なし

まず、賃貸契約の職業欄にはわざわざチャットレディと書く必要はないのです。個人事業主やIT系の個人事業などと書いておけばいいでしょう。WEB制作のフリーランスなどでもいいかもしれません。とにかく、チャットレディではない違う業務であることを伝えましょう。

確定申告もしくは課税証明書があればOK

また、確定申告を提出するとチャットレディがバレると考えるかもしれませんが、そんなに不動産会社も細かくみません。

なので、確定申告書を提出しても大丈夫です。もしくはが課税証明書でもいいでしょう。要は、不動産会社はきちんとした証明書が見たいだけなのです。チャットレディの源氏名を聞かれることはないので安心してください。

どんなにお金があってもチャットレディと伝えると審査が落ちことも

仮に職業をチャットレディと伝えてしまうと、どんなに保証金を積んでも、審査に落ちることがあります。世間的な信頼面もそうですし、チャットレディの場合は深夜もうるさいのではと懸念されてしまうのです。特に新築マンションなど、審査が厳しい不動産だと、どんなに資金に余力があっても落ちてしまうのです。

それほど不動産も会社を調べたりしない

また、チャットレディと言わなければそんなにバレることはありません。確定申告書を見て、不動産会社が詳しく調べることはないのです。あくまで、証明できるものがあれば、事足ります。

今の時代は借り手がつくのも大変

今の時代は、貸し手も借り手を見つけるのが大変です。なので、きちんと家賃を払ってくれるならば、意外と楽に賃貸契約できる場合が多いです。

なので、チャットレディを生業にする女性は、チャットレディであることは伏せて、確定申告書や課税証明書を提出すれば良いでしょう。あまり深く悩まずに、不動産屋へ問い合わせてみましょう。