ピアノを買いたいがお金がない

お金がないけどピアノがほしい

自分の子供や自分のためにもピアノを買いたい!でもお金がない!という人も少なくないでしょう。お母さんの場合は、愛する我が子にピアノを習わせたいと考えるかもしれません。でも、ピアノを買うとなると百万円近くかかるので、どうしても手が出せないと感じる人もいるでしょう。

子供のピアノの適齢期

子供のピアノの適齢期はいつなのか、これは人それぞれかもしれませんが、早い方がいいでしょう。早い子だと3歳くらいにはピアノを始めています。やはり、早く始めるほど、音を聞く耳が発達するので、ピアノを習うなら早い方がいいでしょう。

ピアノと電子ピアノ(キーボード)の違い

お金がないのでピアノを買う代わりに検討するのが、電子ピアノやキーボードです。これらでも、ピアノの演奏の代わりをすることが可能です。ただ、アナログ楽器と電子楽器の最大の違いは、電子楽器は僅かなプッシュでも音が出てしまうことです。アナログ楽器はしっかり鍵盤を押さないと音が出ません。また、微妙な強弱も電子ピアノでは出しにくく、やはり綺麗な音を出すのであれば、生のピアノで練習するのが一番なのです。

電子キーボードでも88鍵盤のものを

ただ、それでもお金がないという人は、ピアノと同じ鍵盤数の電子ピアノやキーボードを用意します。フルの88鍵盤のキーボードピアノを選ぶといいでしょう。

本気で音楽を学ぶならピアノがいい

やはり本気でピアノを学ぶなら、アナログの本物のピアノを購入するべきです。生のピアノで演奏すると、電子楽器との違いがよくわかります。やはり、お金がなくても検討する余地はあるでしょう。

お金がなくても初期投資は必要

ピアノは初期投資のかかる楽器ですが、その後の音楽教育を考えるとやはり持っていて損はない楽器です。維持するのにもお金がかかるので、大変な面もあるかもしれません。ただ、分割払いできるものもあるので、お金がなくても、ピアノの購入を教育のためにも検討してみるといいでしょう。

お金がない人も借りられるオススメな金融機関とは