お金がないときにどうすればいいのか?

お金がないときにどうすればいいの

今は、手取り月収20万円を切る人も少なくなく、お金がない人も多いです。本当にお金がないときに、どうすればいいのでしょうか、お金がない人がどうするべきなのか考えていきましょう。

お金がないときは国の支援を頼る

本当に仕事も収入もなくお金がないときは、国の支援制度に頼るのも一つの方法です。かなり貧しくどうすることもできない場合は、生活保護の申請をしましょう。生活保護になれば、最低限の生活ができます。戸建てや車などの資産を持つことができませんが、最低限の生活を生活保護で送ることも可能です。本当にお金がなくどうすることもできない場合は、生活保護の申請を検討してみましょう。

お金がないときはまず無駄遣いを無くす

お金がなくどうすることもできないときは、まず無駄遣いを減らすことです。無駄に外食などしていないでしょうか。本当にお金がないときは極力無駄遣いを無くしましょう。無駄や浪費を省くことでお金を貯めることができます。お金がないときこそ、お金を大事に使いましょう。

お金がないときはアルバイトで少しでも収入を得る

お金がなくどうすることもできないときは、まずはアルバイトでもいいので少しでも日銭を稼ぐことです。お金がないときは、悩むよりも行動に出た方が早いです。本当にお金がなくどうすることもできないならば、まずは手軽なアルバイトから始めて少しでも収入を得るようにしましょう。

お金がないときはクレジットカードに頼る

手持ちでお金がないときにはクレジットカードに頼る方法もあります。クレジットカードを使えば、支払い時期を遅らせたり、リボ払いや分割払いができるので、お金がないときに効果的です。ただ、クレジットカードを使っても、支払う必要があるのには変わりないので、あまりクレジットカードで無駄遣いしないように注意しましょう。

お金がないときは低利息の金融会社にお金を借りる

そのほかにお金がなくどうすることもできない場合は、低利息の金融会社に借り入れを申し込むのも一つの方法です。やはりお金がなく、どうしても現金が必要になるときがあります。そのようなときは、金融会社に借り入れを申し込むのも一つの方法です。ただし、金利が高いと利息を払うだけで精一杯となってしまうので、低利息の金融会社で借り入れするようにしましょう。

借り入れできる金融会社はこちらです。

お金がないときは稼げる方法を考える

本当にお金がないときは、行動に移すことも大切です。どうすることもできないと嘆くのでなく、稼ぐ方法を模索しましょう。どうすれば稼げるのか考えることが大切です。お金がなくどうすることもできなくとも、コツコツと稼げる方法を模索しましょう。お金がないときこそ、前向きに行動することが大切です。