銀行にお金がない、お金が借りれない!

[借金・ローン]

銀行にお金がない

銀行にお金がない

いざ、銀行口座を見てもお金がないという状況があるかもしれません。いつの間にかお金を使っていて、残高がゼロになっていることもあります。そのような、場合はどうしてもお金が必要ならば、銀行からお金を借りることも考えるでしょう。

銀行でお金が借りれない

しかし、銀行でお金が借りれないこともあるのです。お金がどうしても必要なのに、銀行はお金を貸してくれません。それは、以下のような原因があるからです。

過去に自己破産や債務整理をしている

もし、過去に自己破産や債務整理を行っていた場合は、銀行からお金を借りることができない場合があります。債務整理や自己破産を行なった人は、「信用情報機関」に名前が残ります。つまり、ブラックリストに載ってしまうのです。このブラックリストは金融会社が共有して持っています。なので、どこの銀行で借りようとしても、ブラックリストに載っているため、お金を借りることができないのです。ちなみに、自己破産した場合は最低でも7年は銀行からお金を借りることができないとも言われています。それほど、銀行からお金を借りるのは簡単ではないのです。

住宅ローンなど借金を滞納している

また、住宅ローンなど借金をしていて、ローンの支払いが滞っていると、銀行からお金を借りることができません。銀行はローン滞納記録も持っています。そのような滞納記録が残っていると銀行からお金を借りることができないのです。また、クレジットカードのわずかな支払い滞納も残ります。たとえば、仲間との飲み会をクレジットカードで払い、その支払いをずっと滞納していると、信用情報機関の記録に残ってしまい、銀行からお金を借りることができないのです。なので、銀行からお金を借りようと思ったら、借金の滞納がないか、まずチェックしてみましょう。

銀行以外でお金を借りる方法を探す

もし、銀行でお金を借りれないならば、銀行以外から借入を検討するのもありです。銀行以外ならお金を貸してくれるかもしれません。ただ、中にはヤミ金業者もあるので、高金利でお金を借りないように注意しましょう。もし、お金を借りたいのならば、以下のサイトを検討してみましょう。

お金がない人が借りるなら、こちらの金融会社を参考にしましょう!

今すぐ借りる!お得なキャッシングローン!!

お金を借りたい人は、下記のサイトがオススメなので、検討してみましょう!

貸金業者の無料案内サイト「おまかせ紹介君」

「おまかせ紹介君」キャッシング「おまかせ紹介君」キャッシング

「おまかせ紹介君」は、キャッシング無料案内サイトになります。「おまかせ紹介君」に申し込みをして、電話で申し込み内容の確認が行われ、キャッシングできる業者を案内してくれます。融資の最高金額は300万円になります。

24時間WEB申し込み可能!「アロー」

キャッシングお得なカードローン24時間申し込み可能なキャッシング

「アロー」は来店不要で24時間WEB申し込み可能です。独自審査なので、過去に自己破産・債務整理された方でも相談可能です。最短45分で審査が完了します!

無担保ローン!「ユニーファイナン」

無担保ローン可能キャッシング可能

「ユニーファイナン」は、無理のない返済プランで無担保ローンが可能です。

審査は最短10分!「ニチデン」

無担保ローンキャッシング無担保ローン

審査も最短10分!即日融資も可能!振込ローン・不動産担保ローン・事業者ローン対応の「ニチデン」ならば最大90日間、利息0円で借りれます!

債務整理・個人再生をするなら!

多額の借金に苦しんでいる方は、個人再生や債務整理などを考えていきましょう!

全国対応可能!「忍成法律事務所」

債務整理「忍成法律事務所」「忍成法律事務所」個人再生・債務整理

忍成法律事務所ならば、全国対応で、債務整理や任意整理の無料相談が可能です。匿名でも無料相談できるので、借金について悩んでいる人は、まず無料相談してみましょう。

債権者との極限の交渉を行う「ジャパンネット法務事務所」

「ジャパンネット法務事務所」「ジャパンネット法務事務所」債務整理

「ジャパンネット法務事務所」は、債権者側との駆け引きを熟知した、極限の交渉術を武器に、損をしない、一切の妥協ない返還請求を行います。「ジャパンネット法務事務所」は、全国各地から数多くの依頼があり、実績と経験ある、債務整理専門の法律事務所になります。

全国1,000以上の登録事務所と提携!「専門家案内サービス」

「専門家案内サービス」では、債務整理・自己破産・借金問題など、法律関連のトラブルを解決できる専門家を全国1,000以上の登録事務所から紹介してもらえます。無料、無料相談、夜間相談、休日相談などの希望も出せます。法律相談を考えている方は、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ