遺品整理が出来ない・辛い – 故人との向き合い方とは

[遺品整理]

遺品整理が出来ない理由はいろいろあると思います。家族を亡くして、どのように遺品整理と向き合えば良いのか、考えていきましょう。遺品整理は、故人との関係を再認識するためにも、今後のためにも大切なことなのです。

遺品整理が出来ない理由はいろいろある

遺品整理ができない

遺品整理がなかなか出来ない理由は、いろいろあると思います。どういうことで遺品整理が出来ないのか、理由を一つ一つ見ていきましょう。

故人のことを思い出し遺品整理が出来ない

一つ考えられるのは、やはり遺品整理をすることで、故人のことを思い出し、亡くなったことが辛く、遺品整理ができないということです。

なかなか亡くなったことを受け入れられず、まだ心の余裕がなく、遺品整理が出来ない。亡くなった方の家に行くだけでも、悲しさがこみ上げてしまうので、遺品整理に行くこともできない、と辛い精神状態にいる遺族の方も少なくありません。

遺品が多すぎて整理が出来ない

遺品が多すぎる

また、遺品が多すぎて整理が出来ないケースもあるでしょう。亡き人が一人暮らしの場合でも、相当な遺品の数があることが予想されます。それを家族で整理するのは大変なことです。

生活品は思いの外、多いものです。遺品整理はただでさえ悲しい作業でもあるのに、その数の多さに肉体的な疲労も伴う作業なのです。

遠方に住んでいるためなかなか行けない

また、遺品整理をしたくても遠方に住んでいるため、なかなか遺品整理に行けないこともあるでしょう。特に、新幹線など使わなければいけないほど、離れている場合だと、なかなか行くのも大変です。

仕事の関係もあるでしょうから、行ける日も限られており、また遺品整理なので気持ちも沈みやすく、なかなか重い腰をあげることが出来ないということもあるでしょう。

遺品整理に行く時間が無い

たとえすぐに行ける距離だとしても、仕事などで忙しく、なかなか遺品整理に行く時間が無いこともあるでしょう。

遺品整理なので、遺品の数次第では数日かかることもあります。なので、なかなか時間を作ることが難しいということもあるでしょう。特に現代人は仕事に忙しくなかなか遺品整理する時間を作れないということもあります。

いつまでも遺品整理をしないとどうなる?

遺品整理をしないとどうなるのか

では、いつまでも遺品整理をしないとどうなるのでしょうか。様々な理由で遺品整理できなかった場合のケースについて考えていきましょう。

持ち家の場合は老朽化が進む

例えば、故人が持ち家に住んでいた場合、いつまでも遺品整理をしなければ、どんどん家の老朽化が進むでしょう。人がいない家というのは、老朽化が進むと言われています。

固定資産税ばかりかかり、支出が増えて行くだけです。また、老朽化が進んだ家は、売りに出すのも難しくなってくるので、家を守るためにも、なるべく早く遺品整理をして、持ち家をどうするか考えるべきでしょう。

害虫による被害が起こる場合も

遺産整理しないと害虫が発生するリスクも

遺品整理をせずそのまま放置していると、害虫が大量発生し、住居が腐敗していくことが考えられます。特に食品をそのままにしておくと、害虫の餌となり、害虫が大量発生してしまうことも考えられます。

そうなると害虫による隣人トラブルにもなりかねません。周囲にも迷惑をかけてしまうことになるので、害虫発生させないためにも、遺品整理はなるべく早く行うべきでしょう。

空き巣被害や不審火が起こりかねない

また、いつまでも放置しておくと、いつ不審火が起こるとも限りません。誰もいない家というのは狙われやすいもので、空き巣被害を受ける可能性もあります。また、久しぶりに故人の家に訪れたら、浮浪者が住み着いていたという可能性もなくは無いでしょう。

誰もいない家、物で溢れかえっている家は、何かと狙われやすいです。不慮の事故や犯罪を発生させないためにも、遺品整理しておくことは、大切なことなのです。

遺品整理する前に相続人の間でよく話し合っておく

遺品整理

遺品整理をする前に、まず相続人や遺族の間でよく話し合っておきましょう。誰が遺品整理に行けるのか、また財産がある場合はどのように相続人の間で分けるのか、事前に話し合っておくことで、後々のトラブルを防ぐ効果が期待できます。遺産相続は争いやすい問題です。後々揉めないためにも、どう分けるのかよく話し合っておきましょう。

遺品整理は遺族と故人とが向き合う貴重な作業

また、遺品整理は辛いでしょうが、作業を行うことで、遺族と故人が向き合う良い機会となるでしょう。いろいろな写真や思い出が出てくるでしょうし、家族の絆を確かめあえる時です。

本当の意味で心を整理をするためにも、遺品整理は大切なことなのです。

ただ、無理に急ぐことはないと思います。精神的に辛い場合は、少し時間を空けるのも良いでしょう。亡くなったばかりのときは、精神的に辛く、落ち着くのにも時間がかかることもあるでしょう。

遺品整理は遺族だけで行うのは大変なので業者に頼むのもオススメ

遺品整理はプロの業者に頼むこと

また、遺品整理は遺族だけで行うのは大変なことです。遺品に対する思い入れもありますし、膨大な遺品の数を遺族だけで捨てるのは大変なことです。大量なゴミが出てきた場合の処分にも困るでしょう。

やはりプロの業者に頼み、遺品整理を手伝ってもらうのがいいと思います。また、第三者が入れば、客観的に残すものと捨てるものを分けることがしやすくなるはずです。

なかなか自分たちだけで片付けるのは大変だと思うので、プロの力を借りるようにしましょう。下記でもオススメの遺品整理専門会社を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

遺品整理を考えているならば、こちらをチェックしておきましょう!

下記では、遺品整理する際に役立つサイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理の高価買取専門「スピード買取.jp」

「スピード買取.jp」「スピード買取.jp」

「スピード買取.jp」は遺品整理の高価買取を行っています。TVCMも放送しており、知名度がある会社です。日本全国無料で出張査定可能で、申込みから最短30分で来てもらうこともできます。

また、即日現金可能で、クーリングオフなどアフターフォローもしっかりしているので、安心して「スピード買取.jp」に依頼することができるのです。「スピード買取.jp」

遺品整理専門の「ライフリセット」

「ライフリセット」「ライフリセット」

「ライフリセット」は、遺品整理専門の会社になり、故人がお部屋に残した遺品や不要物を整理します。遺品整理を行うならば、一度「ライフリセット」へ問い合わせてみるのも良いでしょう。【ライフリセット】

不用品回収の「オールサポート」

「オールサポート」「オールサポート」

「オールサポート」は、おかたづけ・遺品整理を行っている会社です。通常の業者と違い、買取知識にたけており、安く作業を行うことができます。「オールサポート」は月間1000件ほどの依頼を受けており、評判も良いのです。

また、お客ごとに予算に合わせた複数のプランを提案してもらうことができます。また、「オールサポート」では、単品回収も格安で行っているので、1点からでも依頼することができるのです。「オールサポート」

着物高価買取の「ウルトラバイヤープラス」

「ウルトラバイヤープラス」「ウルトラバイヤープラス」

「ウルトラバイヤープラス」は、着物の高価買取を行っています。自宅に梱包材がなくても、無料の「宅配キット」を用意してもらえ、送料無料で宅配査定が行えます。また、買取キャンセル時の返送料も無料なので、安心して利用することができるのです。

遺品整理で着物が出てきたら、「ウルトラバイヤープラス」に査定依頼してみると良いでしょう。ウルトラバイヤープラス

骨董品の高額買取の「日晃堂」

「日晃堂」「日晃堂」

「日晃堂」は、骨董の買取専門店です。リサイクル業界でも珍しい、骨董品やアンティークを専門にしたサービスで、出張費、査定料、手数料は全て無料です。骨董品の値段を調べたい方は、「日晃堂」に問い合わせてみると良いでしょう。日晃堂

切手の高価買取専門「買取プレミアム」

「買取プレミアム」「買取プレミアム」

「買取プレミアム」は切手専門の買取サイトになります。自宅まで無料で出張、査定、買取をしてくれます。遺品整理で切手が出てきたら、「買取プレミアム」に買取依頼してみると良いでしょう。買取プレミアム


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ