フリーランス(個人事業主)ってどんな仕事があるの?

[フリーランス]

フリーランスっていうけど、実際にどんな仕事があるの?と疑問に思う方もいるでしょう。フリーランスの仕事内容について詳しく見ていきましょう!

フリーランスの仕事はいろいろある

フリーランスの仕事

フリーランスや個人事業主の仕事は、実に様々なものがあります。今は仕事が多岐にわたり、個人でもパソコンやネットがあれば稼ぎやすくなりました。一人の人間でも、自分の生活費くらいは稼ぐことができるのです。フリーランスの仕事はどのようなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

ライター・ライティング・コピーライター

ライティングの仕事

まずは、ライターの仕事です。記事を書いたり、コラムを書いたりしてお金を稼ぐことができます。ライティングはスキルというよりも、その人自身の人生経験や価値観が反映されるものでもあります。うまく書こうとかではなく、普通に書いたものがウケることはよくあるのです。特別な技術がなければライターに成れないかというと、そういうわけでもなく、普通にライターやライティングの仕事ができます。

どちらかというと表現方法やセンスが問われるのは、コピーライターの方かもしれませんね。コピーライターは一文で表現しなければいけなかったり、少ない文字数で、サービスや感情などを伝わるように表現しなければいけなかったりするので、数多く書いていかないとなかなか共感する、インパクトを与えるコピーライティングは難しいのです。

Webデザイン・コーディング

Webデザイン・コーディング

Webデザインやコーディングなども、フリーランスの方がよく請け負う仕事でもあります。ある程度、デザインやコーディングができれば、仕事を受けることができるのです。また、デザインはセンスというよりも、ツボを押さえていれば、ある程度ウケるデザインができるものです。芸術性よりも、いかに素早くお客さんにウケるデザインができるかが重要になります。要所要所を押さえたデザインがWebデザインではウケるでしょう。

また、コーディングだけ請け負うフリーランサーもいます。コーディングが得意な人は、コーディングだけ請負お金を稼ぐこともあるでしょう。ただ、なかなかコーディングだけだと買い叩かれる可能性もあるので、できればデザインなどもできた方がより稼ぎやすいでしょう。

スマホアプリ・ウェブアプリ

アプリ開発

スマホアプリやウェブアプリを独自に開発して、販売したり、広告料で稼ぐ個人事業主もいます。これらのアプリ開発は作るまで大変でしょうが、売れれば、一気に稼げる可能性があります。ヒット作を立て続けに出せれば、相当稼ぐことができるでしょう。プログラミング能力も必要でしょうし、ウケるヒット作を作り出す着眼力も必要になります。発想力も重要な要素となるでしょう。

デザイン・グラフィック

デザイン・グラフィック

デザインやグラフィックで稼ぐフリーランサーもいます。デザインなどはある意味で完成でもあり、ウケるデザインが書ければ、ある程度お金を稼ぐことができるでしょう。デザインだけで食べている個人事業主は少なくありません。デザインの案件というのは、結構多くあるものなのです。自分のデザインやグラフィックが売れるためには、なるべく手広く売り込みすることが大切になるでしょう。太い客をつかめば、継続してお金を稼ぐことができるでしょう。

カメラマン

カメラマン

撮影技術と機材が揃っていれば、カメラマンとしてもフリーランスで仕事をすることができるでしょう。フリーランスカメラマンの技術を求める企業も少なくありません。腕が良ければ、フリーランスカメラマンでも良いわけです。腕があれば、フリーランスでカメラマンとして稼ぐことができるでしょう。

ユーチューバー

ユーチューバー

ユーチューバーも個人で動画配信して広告費などを稼ぐ人たちです。人気が出る動画を配信できれば、それだけでもお金を稼ぐことができるでしょう。映像撮影や動画編集や企画に興味があれば、このような稼ぎ方もできます。

販売系

販売系

販売系で稼ぐ個人業主も少なくありません。自ら仕入れて売るという転売でお金を稼ぐ人もいるでしょう。また、ハンドメイドで作品を作り、自分で売るということだってできます。太いお客さんを掴むことができれば、そこそこ稼ぐことができるはずです。今は、ネットで簡単に自分の商品を売ることができます。

人脈を築くことが大切

人脈を築くこと

フリーランスや個人事業主の方が、仕事をもらうには、人脈を築くことが大切です。幅広い人脈があった方がよりお金を稼ぎやすくなるでしょう。ですから、なるべく多くの人と交流することも大切です。こちらからアプローチしなくては、出会いや人脈を築くことはできないでしょう。積極的に行動していくことが大切です。SNSなどを使って、自分の活動を広く発信するのも良いでしょう。

また、下記のようなサイトで案件を紹介してもらうのも有効です。特に最初のころは実績もそれほどないと思うので、まずは小さな案件でも仕事を重ねていき、実績や信頼を得ることが、フリーランスで生きて行くためには必要となるでしょう。

フリーランスの方におすすめなサイト!

下記では、フリーランスの方におすすめなサイトを紹介しているので、これから仕事がほしい方なども、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

フリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名以上!「ギークスジョブ」

「ギークスジョブ」「ギークスジョブ」

「ギークスジョブ」は、フリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える案件検索サイトになります。

運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、豊富な案件数を誇っています。

「ギークスジョブ」の公式サイトはこちらになります。「ギークスジョブ」

フリーランス向け!Webエンジニア・デザイナー案件情報多数!「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」は、フリーランス(個人事業主)のエンジニアやデザイナーの方へ、Web系を中心とした案件情報を提案しています。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、サイト登録者に対して、案件の提案やキャリアに関する相談などのサポートを行ってくれます。

また、参画者優待サービスとして、宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典があります。

「レバテックフリーランス」の公式サイトはこちらになります。「レバテックフリーランス」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ