フリーランスのWEBデザイナーが仕事を得る・生き残るためには!営業ノウハウ・収入などについて!

[フリーランス]

フリーランスのWebデザイナーが仕事を得るためには、どのような努力をしなければいけないのか。

いま現在、フリーランスをしていて、なかなか仕事が得られない、将来に不安を抱えている。

または、これからフリーランスとして、独立を考えている、Webデザイナーはこれから仕事を得るための方法について、考えていきましょう。

既存顧客だけだと売り上げは落ちていく一方

既存顧客だけでは足りない

既存顧客だけで仕事をしていると、確実に売り上げは落ちていく可能性があります。

既存顧客からいつまでも仕事をもらえるとは限りません。

また、既存顧客自体も、そもそもいつまでも仕事があるとは限らないのです。

つまり、現状に甘んじていると、いつかは将来で厳しい状況に陥ることが考えられます。

ですから、既存顧客だけで満足しないこと、甘んじないことが必要でしょう。

WEBデザイナーのフリーランスとして、いつまでも活躍するためには、新規案件も貪欲に取っていかないといけないのです。

フリーランスWEBデザイナーの月収は20~30万円くらいも多い

実際にフリーランスのWEBデザイナーになったとしても、生活は結構大変です。

フリーランスのWEBデザイナーになれば、結構稼げるのではないか、と思うかもしれませんが、実際は月収20~30万円程度のWEBデザイナーも多いのです。

これだと、会社員の給料とさほど変わりませんし、むしろ保険や税金などの支払いを考えると、会社員時代よりも収入は低いかもしれません。

フリーランスのWEBデザイナーとして生きて行くのもなかなか大変なのです。

フリーランスのWEBデザイナーは、デザイン以外の付加価値が求められる

フリーランスのWEBデザイナーは、デザイン以外の付加価値が求められる

フリーランスのWEBデザイナーは、競争が激しいので、業界で生き残るためにも、デザインだけではない付加価値が必要になるでしょう。

今は、WEBデザインもコーディングができるのは当たり前なので、それ以外に、例えばプログラミングやSEOなど出来ると、付加価値になるでしょう。

WEBデザイン+プログラミング

WEBデザインができても、プログラミングが出来る方はそれほど多くいません。

WEBデザイナーが、プログラミングでユーザーアクションが行える動的サイトが作れれば、WEBデザイナーの付加価値になるでしょう。

WEBデザイン+SEO

WEBデザイナーは、SEOに関する知識が乏しい方も少なくありません。

いくら良いデザインが作れても、検索結果で上位表示されないようでは、サイトの売り上げ成果にはつながりません。

これからのWEBデザイナーは、SEOにも加味したサイト作成作りが必要になるでしょう。

コンバージョンにつながるWEBデザインが作成できれば、WEBデザイナーとして生き残れる可能性も高くなるはずです。

フリーランスのWEBデザイナーは営業活動がかなり大切

また、フリーランスのWEBデザイナーで大切なことは、技術力もさることながら、営業活動もとても大切です。

いくら技術があっても、それを売り込まなければ、なかなか仕事にはつながりません。

特に技術者は自分を売り込むというのが苦手な方も多いため、なかなか新たな仕事を得ることができない場合があります。

なので、フリーランスで活躍したいのであれば、営業力を磨くと良いでしょう。

しかし、いきなり営業力を磨くといっても、どうすれば良いかわからない方もいるでしょう。

そのときは、まず外に出て、出会いの場を広げてみることです。

勉強会やセミナー、交流会などに積極的に参加すると良いでしょう。

Webデザイン関係のセミナーに参加するのもいいですが、個人的には起業家が集まるようなセミナーの参加もオススメです。

なぜなら、そのようなセミナーには、個人経営者なども多く参加しており、ホームページを作成していくれるWEBデザイナーを探している場合が少なくないからです。

そのようなセミナーに参加すれば、いきなり仕事を得られるチャンスができるかもしれません。

いきなり飛び込み営業や電話営業するのに気がひける方なども、まずはセミナーや交流会に参加して人脈を築いていくと良いでしょう。

必ず自分のポートフォリオを用意しておくこと

そして、フリーランスのWEBデザイナーが、仕事を得るためには、必ず自分のポートフォリオを用意しておくことです。

過去にどのような作品を作ったのか、すぐに相手にわかるようにしておくと良いでしょう。

良い作品や事例があれば、十分アピールにもつながるはずです。

相手にとっても、実績がわからない人には、なかなか仕事を頼まないでしょう。

仕事がもらえるように、自分のスキル・実績がすぐにわかるポートフォリオを持っておくことは大事なことです。

ポートフォリオは、大切な営業ツールですから、しっかり作成しておくことです。

ポートフォリオは常に更新する

また、いつまでも古いままのポートフォリオでは、相手に十分売り込むことはできません。

ですから、ポートフォリオは常に更新する・新しい作品を追加することが大切です。

更新するのを忘れてしまいがちの方は、せめてポートフォリオ提出が必要なときに、提出前に更新して新しい作品を見せるようにすると良いでしょう。

いつまでも古い情報のままでは、相手に時代遅れのイメージを与えてしまうので、ポートフォリオの更新は大切なことです。

制作料金を決めておく

また、フリーランスのWEBデザイナーは制作料金をよく決めておくことが大切です。

案件によっては制作日数も違ってくると思うので、制作期間と必要となるスキルをよく考えながら、制作料金を考える必要があるでしょう。

周囲で活躍しているWEBデザイナーの料金を参考にするというのもありますが、値段に結構ばらつきがあったりするので、自分の目安というものを持っておくと良いでしょう。

連絡ツールもしっかり整理する

また、連絡ツールもしっかり管理することです。

仕事用のメールアドレスの管理や、ライン・Facebookなども仕事用に利用するかどうかなど、あらかじめよく考えおくと良いでしょう。

プライベートとビジネスの住み分けをしないと、どうしても曖昧になりやすいので、分ける必要があるでしょう。

フリーランスのWEBデザイナーは体調管理も大切

フリーランスのWEBデザイナーは、しっかりと休みが決まっていないので、働こうと思えばいつでも働けてしまいます。

なので、座り仕事が多く、運動不足になりがちです。

ですので、休むときは休み、適度に運動をして、体調管理を行うことも大切です。

Webデザイナーは常に勉強し続ける必要がある

Webデザイナーは常に勉強が必要

Web業界は常に変化していきます。

フリーランスとして活躍するには、常に最新のトレンドを学ぶ必要があるでしょう。

現状に甘んじていると、スキルもデザイン力も衰退していく一方です。

新規顧客を得るためにも、常にアンテナを張り巡らせて、個人のスキルアップを高める必要があるでしょう。

フリーランスとして、活躍していくためには、日々勉強する向上心が必要になります。

向上心を持つことが、新たなレベルアップにもつながるのです。

フリーランス向けのサイトを積極的に活用する

フリーランスとして活躍していくならば、やはりフリーランス向けのサイトを活用すると良いでしょう。

いまは、フリーランス向けの仕事を集めたサイトも多くあります。

そのようなサイトを利用すれば、仕事を得られるチャンスも多くなるでしょう。

しかし、フリーランスになる方は、年々増えている傾向にあります。ですから、簡単に仕事が見つからない状況も出てくるかもしれません。

なので、なるべく多くのサイトを積極的に利用することが、新たな仕事を得る機会にもつながるはずです。

いまは、大手企業から直接仕事がもらえるサイトもあるので、中間マージンも抑えられ、高い報酬が期待できる場合もあります。

いまは仕事があったとしても、今後も継続してあるとは限りません。

今のうちから、様々な仕事・案件に目を向けることも必要になるでしょう。

フリーランスの方におすすめなサイト!

下記では、フリーランスの方におすすめなサイトを紹介しているので、これから仕事がほしい方なども、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

フリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名以上!「ギークスジョブ」

「ギークスジョブ」「ギークスジョブ」

「ギークスジョブ」は、フリーランス・フリーエンジニアの登録数が7,500名を超える案件検索サイトになります。

運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、豊富な案件数を誇っています。

「ギークスジョブ」の公式サイトはこちらになります。「ギークスジョブ」

フリーランス向け!Webエンジニア・デザイナー案件情報多数!「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」「レバテックフリーランス」

「レバテックフリーランス」は、フリーランス(個人事業主)のエンジニアやデザイナーの方へ、Web系を中心とした案件情報を提案しています。

Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、サイト登録者に対して、案件の提案やキャリアに関する相談などのサポートを行ってくれます。

また、参画者優待サービスとして、宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典があります。

「レバテックフリーランス」の公式サイトはこちらになります。「レバテックフリーランス」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ