FXで勝てるようになるためには、様々なことを学ばないといけません。FXで勝つためにはどのような勉強法があるのか、詳しく見ていきましょう。

FXで勝つための勉強法

FXで勝てる勉強法とは

FXの勉強法というのは、ひとつではありません。人によって投資方法が違うように、勉強方法を様々あります。

しかし、FXで稼ぐためのヒントが得られる勉強法はいくつかあるのです。FXの何を勉強すれば、勝てるようになるのか、お金を稼げるようになるのか、下記で見ていきましょう。

FXに関する書籍を読むこと

FXを勉強するために書籍は必要

まず、FXについて何も知らないひとやFX初心者は書籍を購入してみることです。ネットでもFXの情報は多く出ていますが、一遍的であったり、FXの全体像が掴みずらいこともあります。

まず、FXの基本的なことを学ぶのであれば、初心者用の書籍を購入して勉強してみるといいでしょう。

本は1~2冊でも構いません。まずは一冊読破すれば、だいたいのFXの全体像がわかりますので、一度、FXに関する本を購入してみるといいでしょう。

インジケーターの基本的なことを知る

インジケーターを学ぶFX勉強法

また、FXをするのであれば、移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどの指標(インジケーター)の見方を知っておくといいでしょう。

移動平均線は多くのトレーダーが活用する指標です。また、他にも投資家によっては使うインジケーターも多くあります。

インジケーターを頼りすぎても勝てるわけではありませんが、ポジションを持つときの、ある程度の参考になる指標ですので、インジケーターの基本的なことについては知っておくといいでしょう。

FXデモトレードをして操作方法を学ぶ

FX初心者こそデモトレードに参加する

また、FXを学ぶならば、デモトレードも有効です。デモトレードは自分のお金を使わず、仮想資金でFXをしますが、デモトレードも実際の相場で取引を行うので、参考になります。

なるべく自分のお金だと思って、デモトレードでも真剣に取引することが大切です。デモトレードをする目的は、ツールを覚えることです。

基本的なツールの操作方法を知るためにもデモトレードは有効です。ただ、デモトレードで勝てるからといって、本番の相場で勝てるとは限りません。自分のお金でするFXは、また全く違うからです。

トレードの記録をつけて見返す

トレード記録をつけて見直す

ただ、デモトレードは本番前の勉強として有効活用できるでしょう。また、デモトレードでも本番のトレードでも取引した記録を残しておくことが大切です。

取引記録を残しておき、後で見返しましょう。

自分はどのような時にポジションを持ったのか、損失したのならば、なぜいけなかったのか、今後の投資方法を改善させるためにも、記録簿をつけて後で見返すことはとても大切なのです。

自分の投資癖や改善方法などが見えてきます。

情報商材を購入してFXを学び

情報商材でFXを学ぶ

また、投資方法は情報商材からも勉強することができます。

情報商材というと怪しいイメージもあるかもしれませんが、FXの情報商材は確かな情報で、FX投資家も積極的に情報商材から学んでいる人も多いです。

FXで勝つ人の効果的な投資方法などを学べる良い機会なので、情報商材でのFX勉強法をぜひ検討してみると良いでしょう。

もし、本気でFXで儲けたいならば、下記のページで紹介しているFX教材も見ておくと良いと思います。

コミュニティに参加して仲間を得る

FacebookのコミュニティでFXを学ぶ

mixiやFacebook、Twitterなどでは、FXのコミュニティが形成されています。そのようなコミュニティに参加して、FX仲間を作ることもよいでしょう。

仲間と切磋琢磨してFXを頑張ることができますし、FXに関する有益な情報を得ることができます。どうしても、FX投資は孤独になりがちなので、仲間を得て、自分の士気を上げることも大切です。

FXセミナーで有益な情報を得る

FXセミナーで有益な情報を得る

その他に、オススメのFX勉強法は、セミナーなどに参加してみることです。セミナーではプロ投資家の生の声を聞くこともできます。

やはり、書籍などで勉強するよりも、実際に会って話を聞くのとではだいぶ違います。また、セミナーには同じようにFXを勉強したい人が集まるので、良い交流の場にもなるでしょう。

有料セミナーはお金をかけても行く価値があるものが多いので、ぜひセミナーへの参加を検討してみるといいでしょう。

リアルなお金で少額から取引を開始する

リアルな自分のお金でFXする

やはり、FXのよい勉強法は、自分のお金で取引してみることです。どんなに読んだり聞いた情報よりも、自分の経験に勝るものはありません。

自分の大事なお金で取引することで、得る経験はかなり多いのです。それには、失敗もあると思いますが、それも含めて良い経験になります。

自分のお金が失われたときこそ、真剣に勉強するチャンスなのです。

なぜ負けたかとことん研究する

FXでは研究することが大切

自分のお金を失ったときは、すぐに軍資金を増やすのではなく、なぜ負けたのか、何が悪かったのかを真剣に考えることです。

自分のお金を失うことで、本気でFXを学ぼうと思い始めます。自分が取引した通貨ペア、ポジションなどについて見返してみてください。

そして、次はどのように取引すればよいのか、改善方法を探して、次に活かすことです。自分のお金で取引することは、一番の学習の場なのです。

FX会社の情報から学ぶ

FX会社から情報を得る

FX会社から、様々な情報が流れてきます。それらも貴重な判断材料となるので、サイトなどをよく見ておくといいでしょう。

経済イベントの情報や、相場の動きなどを詳しく解説しています。すべてを鵜呑みにするわけではありませんが、取引をする上でよい情報源ともなり得るので、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

下記のページでも、おすすめのFX会社を紹介しているので、興味ある方はチェックしてみると良いでしょう。

ノウハウ・情報コレクターにならないこと

ノウハウコレクターにならない

注意してほしいのが、ノウハウコレクターにならないことです。情報だけ集めて、実際の相場で取引しないのは、何も得られません。

やはり、情報を得てそれを自分なりに解釈して、相場に参加することが、一番学べる機会でもあるのです。

情報を得るのはいいですが、実際に自分で取引することこそ、とても大事なことなのです。

トライアンドエラーで勝てるFX投資方を勉強する

FXはトライアンドエラーを繰り返す

FXの勉強法はこのように、様々あります。FXは常にトライアンドエラーです。繰り返し、試行錯誤することで、自分なりの勝てる投資方法が見えてきます。

それまで、いろいろな失敗を経験することが大切です。小さな失敗を繰り返して、将来的にコツコツ儲けていくことです。

それには、上記で説明したような、様々な勉強方法を用いて、勝てる自分の投資方法を確立していきましょう。