FX投資をしていると、なぜか負けてしまう、いつも自分が思う方向とは逆に動く、と感じている人も少なくないでしょう。なんで、勝てないんだ!いっその事、予想とは逆の方向にわざと指してみようかと考える人もいるかもしれません。けれども、それをしたところで勝てるわけではないのです。

あえて逆に指値を出してもFX投資で勝てるわけではない

FX投資で勝てるわけではない

自分が予想した動きとはなぜか逆にチャートが動く、いっそのこと、わざと自分が思う方向とは逆にポジションを保ってみようと思うかもしれません。けれども、これをやったところで勝てるわけではありません。だいたい、根拠もない取引です。なんとなく取引をしても勝てるわけではないのです。

投資で大切なのは、取引をするときに根拠を持つことです。気まぐれで投資をしても勝てるわけではありません。一つ一つの取引を大事に行う必要があります。なぜポジションを持とうとするのか、根拠を持つようにしましょう。根拠がないと、勝ってるとき、負けているときの原因がつかめません。

投資は気分や、単に逆に指しても勝てるわけではないのです。

冷静に相場を検証することが大切

感情に流されずに、冷静に相場を見つめることも大切です。また、経験を積むこと。チャートの動きに慣れることも重要でしょう。日頃からチャートの動きを観察して状況をつかむことが大切です。

また、相場の雰囲気を読むこと。買いが強いのか、売りが強いのかを、なんとなく感じ取る力も必要になるのです。なんとなく取引してもうまくいくものではありませんが、経験値や勘というのは、重要になってきます。その都度、状況判断していくことが、投資には必要となるでしょう。

待つ姿勢も大切

不必要にポジションを持つのではなく、時には待つ姿勢も大切なのです。何か気配を感じるとき、どっちに転ぶかわからないときは、様子を見るということも大切です。それにより、今後の相場の動きが見えてきたりもします。なかなか先が見えない場合は、焦らずに、じっくり状況判断していきましょう。

ただ一つ言えるのは、先ほどから言っているように、ただ予想とは逆にポジションを持てば勝てるわけではないということです。