FX損きり貧乏から脱出しよう!損きり貧乏とは

FX損きり貧乏から抜け出す方法とは

FXでは損きり貧乏で苦しめられる人も少なくないでしょう。ひたすら損きりしてしまう人も少なくないはずです。本当は損きりしたくないのに、どうしても市場が逆方向にいってしまい損きりをさせられることもあるのです。そうするといつも負けてしまいなかなか勝つことができません。このようにFXでは損きりばかりして損きり貧乏になる人も少なくないのです。

損きりできないのも大きな問題

また、損きり貧乏とは逆で損きりできない人も少なくないです。本当は損きりしないといけないのに、損きりできない人も少なくないのです。そうなると、ますます含み損が膨らみ、結局は強制ロストカットさせられることもあります。なので、損きりできないことも一つの大きな問題と言えるでしょう。FXでは損きりをどのタイミングで行うかがとても重要になってきます。

損きりできないといつの間にか損失が膨らんでいることがある

損きり貧乏から損きりをしない方法を選ぶかもしれません。けれども、損きりしないと実は含み損がどんどん膨らんでいくのです。そんなに大きく含み損にならないだろうとタカをくくっていたつもりが、含み損はどんどん膨らんでいきます。そして、いつの日か持ちこたえられなくなり、強制ロスカットされてしまうのです。なので、損きりをしないという選択は注意しなければなりません。むしろ、損きりは積極的にするようにしましょう。確かに、損きりばかりでは損失を生むだけですが、それでも強制ロスカットされるよりも、ダメージを少なくさせられるのでまだマシです。強制ロスカットになると、再起不能レベルに陥ります。なので、自分なりの損きりルールを決めて、損きりするようにしましょう。

FXは一回の負けで退場させられることもある

たとえ9勝していても1負が大きな負けだと利益が吹っ飛んでしまうのがFXの怖さです。なので、常に取引は注意する必要があります。焦らずに無理のない取引を行うことが大切です。勝てているからといって、いつまでも勝てるわけではありません。負ける時は来るのです。なので、その時が来ても焦らないように大きな負けを防ぐこと。むやみに損きりもしないことです。FXでは勝てていたとしても、余裕を見せてはいけません。一度の負けが利益分を吹っ飛ばすことも容易にあるからです。なので、勝ち続けているときも損失には十分に気をつけましょう。

自分の中でFXルールを作ることが大切

OL会社員がFXで本気稼ぎする副業FXでお金を稼ぐ

FXで勝つためには自分なりのルールを持ちましょう。それに忠実になることです。もし負けがすぎるならば、一度市場から離れることも大切です。むやみやたらに市場に参入しないことです。見極めることも大切なのです。自分の中でしっかりとしたルールを持ちましょう。うまくいかない場合は起動修正することも大切です。むやみやたらに市場に介入しない、損きりばかりしない、自分のルールにのっとり冷静に取引を行うことが大切です。焦らないこと。