初めてのガールズバーバイトで辛い(つらい)ことは?

[水商売]

初めてガールズバーのアルバイトを体験してみる

初めてのガールズバーアルバイトは辛い?

初めてガールズバーでアルバイトしたいけど、どんな仕事をするのか、不安に思う人もいると思います。そこで、初めてのガールズバーアルバイトについて、話していきたいと思います。

お酒が飲めないので辛い

ガールズバーでお酒が飲めない

まず、初めてガールズバーでアルバイトをする場合に辛いことは、お酒を飲むことではないでしょうか。お酒が弱い女の子は、お酒を飲むのが辛いと思います。飲み続けるとなれることがありますが、それでも、アルコールに対して拒否反応がある人もいるでしょう。そこで、ガールズバーは自分でお酒を作れるので、ソフトドリンクを用意することもできますし、自分用にカクテルに似せたソフトドリンクを用意することもできるのです。なので、ガールズバーで働いていても、無理にお酒を飲む必要がなくなります。

夜遅くまで働くので辛い

夜遅くまでガールズバーで働くのが辛い

あと、ガールズバーは夜遅くまで営業しているので、夜勤が辛いと思うこともあるでしょう。夜遅くなると眠くなることも多々あります。

ただ、ガールズバーで働いていると、夜の遅い仕事もなれることが多いです。また、夜仕事をすれば、その分、稼げるチャンスも多くなります。

立ち仕事なので辛い

ガールズバーは立ち仕事が大変

ガールズバーで初めて仕事をすると、立ち仕事が多いので、辛いと思う女の子もいます。確かに、立って移動することが多いので、辛いと感じる女性もいるでしょう。

ただ、動くので痩せたい女の子にとっては、オススメなアルバイトです。また、キャバクラと違って、ガールズバーではヒールを履かなくていいので、立ち仕事が多い女の子には嬉しいことでしょう。

酔っ払った男性客を相手にするので辛い

ガールズバーで酔った男性客を相手にしたくない

やや辛いのが、酔っ払った男性客を相手にすることです。お酒が回るとやたらと絡んでくる男性客もいるでしょう。でも、キャバクラほどガールズバーではおさわりがないので、心配いりません。

呼び込みは夜寒いので辛い

ガールズバーは呼び込みが大変

あとは、ガールズバーでは街頭に出て呼び込みすることもあります。冬場の呼び込みは寒く、辛い思いをするかもしれませんが、頑張っていれば、指名客や固定客が取れるようになるでしょう。

初めてでも慣れてくる!

ガールズバーの仕事は初めてでも慣れてくる

このように、初めてガールズバーで働くと辛いこともありますが、頑張っていれば慣れて稼げるようにもなります。

色々経験することで自分の成長にもつながるので、ガールズバーに興味ある女性は一度働いてみるのも良いでしょう。

高時給が稼げる!ガールズバー&キャバクラ求人情報!

ガールズバー求人情報キャバクラ求人情報

「体験ガールズバイト」は、キャバクラやガールズバー、クラブ、スナックなど女性向けのナイトワーク専門求人サイトになります。これからナイトワークで働きたい女性は、多くの求人が掲載されているので、ぜひチェックしてみると良いでしょう!

キャバクラ求人求人・ガールズバー仕事

「TRY18」は、テレビ取材実績もあり、メディア紹介が多数されている業界最大手のナイトワーク専門求人サイトになります。業界では珍しく、厚生労働省認可がおりており、安心・安全・信頼性の高いサイトです。

「TRY18」は、全額日払い・完全自由出勤で好きなときに働けます。お店によってはドレスのレンタルも可能です。トラブルなどがあったときも、24時間電話サポート可能なので、安心して利用できるサイトです。

格安でオシャレなドレスを購入するなら!

「DressLine」オシャレドレス「DressLine」格安ドレス

ラウンジ・キャバクラ・ガールズバーなど、ナイトワークで使用するドレスをお探しなら、「DressLine」がオススメです。「DressLine」は、数多くのテレビ番組に衣装提供している実績のある会社で、オシャレなドレスを手に入れることができます。

それでいて、価格は1,980円〜とかなりの破格なので、格安でオシャレで可愛いドレスが手に入ります。新商品は毎週続々アップされるので、ドレスほか、パーティーバックやアクセサリーなどお探しの方にもオススメです!

ナイトワークから昼間の仕事に転職するなら!

水商売転職昼間の仕事に転職

水商売で働く女性を対象にした昼間のお仕事への転職サイトが「ANE JOB」です。ナイトワーク経験者を必要としている企業のみが非公開求人を掲載しています。

実はナイトワークの経験を生かして、お昼の仕事に転職している人は少なくないのです。特に美容関係やドレス関係に、ナイトワーク経験者は強いと言われています。これから転職を考える女性はぜひ参考にしてみると良いでしょう!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ