ガールズバーの採用面接で履歴書は必要なの?

ガールズバーの面接では履歴書が必要なのか

ガールズバーの面接を受けるときに、履歴書が必要なのか、頭を悩ます女性も少なくないでしょう。そこで、今回は、ガールズバーの求人採用面接で履歴書がいるのかお話ししたいと思います。参考にしてみてください。

ガールズバーの面接には履歴書はいらない

ズバリ、ガールズバーの面接では、履歴書不要のお店が多いです。ガールズバーでは、ほとんどのお店が履歴書を必要としていません。それだけ、働く人材が欲しいと言えます。履歴書なしでも面接してもらえるガールズバーのお店はあるのでよく確認してみると良いでしょう。

ガールズバーの面接では身分証だけ持って行こう

ガールズバーには、自分の身分証だけ持っていけば働くことができます。学生証や免許証や保険証やマイナンバーなど、自分を証明できるものならば可能です。なので、面接には、履歴書ではなく、身分証を持っていきましょう。やはり、身分証だけは必要になるので、最低限、自分の身分がわかる証明証は必要になるでしょう。

ガールズバーの面接で聞かれること

あと、ガールズバーでは、履歴書は必要ありませんが、面接でいくつか聞かれることがあります。以下の項目は答えられるようにしましょう。答えられるように、事前によく確認しておきましょう。

週何日、何時間働けるか

まず、いつ働けるかです。お店側はやはり多く働ける女性を必要としています。週何日、何時間働けるのか、自分のスケジュールと照らし合わせて、面接時に答えられるようにしましょう。やはり、お店側はどの程度働けるのかが気になります。それだけ人もいないので、どれくらい働けるか聞きたいのです。ここでは、無理に多くいう必要はありません。自分の都合に合わせて言えばいいでしょう。ただし、数ヶ月に一回とか、極端に少ないと落とされる原因にもなるので注意してください。それ以外なら、ガールズバーの仕事は基本的に自分の都合に合わせられる仕事なので、比較的自由にシフトを組んでもらいやすいでしょう。

今までに接客や水商売の経験はあるか

これまでに水商売や接客の経験があるか聞かれることもあります。お店側は経験者を必要としていることもあるのです。もちろん未経験でも採用していますが、経験者であれば、それだけプラスに評価されることもあります。これは、お酒に関わる接客業をしたことがあるかで見ています。やはり、キャバクラなど経験している女性はそれだけで即戦力と成り得るのでチャンスなのです。ただ、未経験であっても、そういう女の子も多く面接にやってくるので全く問題ないでしょう。

親はガールズバー勤務に同意しているか

親がガールズバーなど水商売で働くことに同意しているのかも重要なポイントです。なぜなら、親が反対することで、やめてしまう女の子たちもいるからです。あらかじめ、親の同意を得ることも必要かもしれません。働く女性によっては、親に隠して働くこともあります。お店側は急に辞められることを恐れているため、親の確認を取っているのか気に成るのです。しかし、親の確認を取らない女性、内緒にする女性も多いでしょう。だから、ここは正直に親にバレないので大丈夫とでも言っておくといいでしょう。もちろん、両親に確認済みならば何も困ることはありません。

なぜ水商売の仕事がしたいのか

なぜ水商売の仕事をしたいのか聞かれることもあります。ただなんとなく働きたいのか、お金を稼ぎたいのか、自分の意思を問われることもあるでしょう。この質問にも事前に答えられるようにしましょう。これは、普通にお金を稼ぎたいからで、問題ないでしょう。なぜなら、多くの女性がそうであるからです。本当に好きでガールズバーの仕事をする女性は何人いるでしょうか。正直にお金を稼ぎたいからでいいと思います。変に取り繕うよりも正直で好感が持てるでしょう。また、お金を稼ぎたいというバイタリティあった方がうまく行く場合もガールズバーの仕事ではよくあることなのです。

お酒は飲めるか

ガールズバーなので、お酒が飲めるかも聞かれることがあります。ただし、飲めないのに、無理に飲めると答えなくてもいいでしょう。ガールズバーでは、ソフトドリンクを用意してくれたりします。逆に飲めると嘘をつくと、後々お酒を飲まされることがあるので、辛いこともあります。飲めない女性は、正直にお酒が飲めないと伝えましょう。

ガールズバーの面接では履歴書は必要ない

ガールズバーで働くガーズルバー体験入店

以上のようにガールズバーの面接時の履歴書についてお話ししてきました。このように、ガールズバーでは必ずしも履歴書を必要としません。ただ、身分証の提示を求められたり、いくつか質問されることもあるので、そのようなことには、あらかじめ準備しておきましょう。やはり、準備してガールズバーの面接に挑んだ方がうまくいくことが多いです。テキトーに面接を受けるのはやめましょう。働きたいという気持ちを持って面接に臨むことがとても大切です。ハキハキ受け答えできるように事前に練習しておきましょう。