ガールズバー経営は儲かるのか

ガールズバー経営は本当に儲かるのか

ガールズバー経営が儲かるかについてのお話しです。ガールズバーは夜のビジネスなので、お金をお客も使い易いです。うまくいけば、儲かることもあるでしょう。ただ、ガールズバーを開くには様々なことをしなくてはいけません。

お店を借りたり改装で初期投資がかかる

まず、新規店舗を開店するには、お店を借りたり、改装したりと初期投資がかかります。本気で改装したりするとすぐに数百万は飛んでいくでしょう。自己資金だけでは賄えず、借金する人もいるでしょう。ガールズバーの場合は内装がとても大切な要素なので、どうしてもお金をかけてしまうのです。だから、初期投資も当然かかります。自己資金もある程度必要でしょうし、資金がない場合は、銀行などから借りることも検討すべきでしょう。

資金調達にオススメのキャッシング会社はこちら!

気立ての良い女の子を見つけるのが大変

さらに、ガールズバーでは気立ての良い女の子が必要です。心配りのできる女の子がいると店内の売り上げも伸びます。そこには、女性スタッフの育成も大切になるでしょう。若い女性スタッフは感情豊かなので、お店に慣れさせるまで時間がかかります。質の良い女性を集めるのも簡単ではありません。ガールズバーの運営で一番大変なのが、女性スタッフの人材確保です。特に女性スタッフの育成は非常に難しいです。男性のような体育会系で通る世界ではないので、微妙な女性の心の動きがわかる人でないと経営は難しいでしょう。女性が商品なので、女性心をつかむことが非常に大切になります。また、女性同士の職場なので、派閥争いも出てくるでしょう。そこでは、いかにして関係性をよくさせるか、役回りが問われます。ガールズバーの経営で儲けるためには、女性スタッフこそ大切にしないといけません。人間関係、コミュニケーションを大切にして、常に良い職場環境を保つ必要があるでしょう。

お酒を揃える必要がある

また、ガールズバーなので、お酒を集める必要があるでしょう。いろいろなお酒を用意した方がお客さんも喜んでくれます。どのようなお酒を用意すればいいのか、考える必要があるでしょう。顧客によってお酒の好みがありますが、むやみに手広くしないことが大切です。いろいろなお酒を用意してしまうと、何でも屋さんになってしまい、お店の特性を活かすことができません。お酒はある程度絞って出した方がいいでしょう。それよりも、女性スタッフの気遣いやサービスに重点を置いた方がいいです。気が合う女性スタッフがいれば、男性客もまたお店に通うようになるでそう。なので、お酒の種類を豊富に揃えるよりも、女性スタッフの教育が大切になるでしょう。

極論を言うと、お酒と女の子があればOK

以上のように、ガールズバーを運営するには、実店舗とお酒と女の子がいれば、運営することができます。ただし、それまでにいろいろな費用がかかるので、自分でよく計算する必要があるでしょう。ただ、うまくお客さんを獲得できれば、末長く経営でき利益も得られるでしょう。まずは、どこにお店を出すか、お酒や女の子を選ぶ力も必要になります。土地柄もとても大切です。開店したい場所にライバル店がないか、また駅から近く、お客さんが通いやすいかなどよく調査しましょう。安易にお店を立ち上げるとかなり大変な目にあいます。それでなくても、初期投資がかなりかかるビジネスです。調査は慎重に行うべきでしょう。

今、儲かるビジネスがこちら!

キャバクラより客単価は安いので儲けるには工夫が必要

また、客単価もキャバクラより安いので、工夫がいるでしょう。ドリンクをやや高くしたり、飲み放題をつけるかわりに女性スタッフのお酒は高くするなど、様々な工夫が必要です。ただ、ガールズバーは起動に乗れば、運営しやすいとも思います。それには最初のスタートダッシュが肝心です。

ガールズバーのお得な求人情報はこちら!

そして、他にも上げられるのが、いかに経費を削減できるかです。ガールズバーを開店するときに、本当に経費を削減できているでしょうか。まだまだ、無駄な出費が多いことも考えられます。ギリギリまで切り詰めてしまうと、経営するのに圧迫感があるかもしれませんが、それでも抑えられる出費は抑えた方が、いざという時に、動けます。ガールズバーを運営していく上で大切なことは、いかに効率よく経費削減できるかです。削減するところはして、お金をかけるところはかける。このメリハリがないと、ガールズバー業界で生き残っていくことは難しいでしょう。ここは、運営者の腕の見せ所です。本当に経費削減できているかよく見直してみましょう。ガールズバーは軌道に乗せるまでが大変ですが、軌道に乗れば、儲けられるビジネスでもあります。

ガールズバーの利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアルはこちら