ガールズバーで働くデメリットについて

ガールズバーで働くデメリットとは

今回は、ガールズバーで働くデメリットについてお話しします。ガールズバーは高時給で稼げると言われていますが、ガールズバーで働くデメリットは何でしょうか。

立ち仕事で足が疲れる

ガールズバーは立ち仕事で疲れることもある

まず、ガールズバーで働くデメリットであげられるのが立ち仕事で足が疲れることです。キャバクラと違って、バーなので立って接客することが多いのが、ガールズバーです。

当然、足が疲れてむくむこともあります。なので、マッサージなどをして、足の疲れを癒す必要があるでしょう。

夜型人間になってしまう

ガールズバーは夜型人間になりやすい

ガールズバーは夜に営業していることが多いので、どうしても夜型人間になってしまうことです。夜起き続けると朝起きれなくなり、健康的にも良くないので、しっかり体調管理する必要があるでしょう。

終電を逃すと帰りづらい

ガールズバーの仕事は終電を逃してしまう

また、ガールズバーは夜遅くまで営業しているので、終電を逃すこともあります。終電を逃したら、お店側から送迎があることもありますが、お金がかかることもあるので、始発までどこかで待機することもあります。うまく時間を潰せれば良いのですが、朝の待ち時間はなかなか大変なこともあるでしょう。

会話を合わせるのが大変

ガールズバーの仕事は会話を合わせるのが大変

いろんなお客さんがくるので、最初は男性客の会話に合わせるのも苦痛かもしれません。相手の気分を害さないように対応するのにストレスを感じることもあるでしょう。

でも、会話のコツをつかむとうまくコミュニケーションが取れるようになります。

ガールズバーでの会話のコツとは

つらいこともあるけど、楽しく稼げる!

ガールズバーは楽しく働けることもある

このように、ガールズバーで働くことでつらいことやデメリットもありますが、その分、楽しいことや稼げることもあるので、どちらに比重を置くかは本人次第でしょう。

迷っている場合は、とりあえず働いてみるのも手だと思います。意外と楽しく働ける場合もありますよ!

稼げるガールズバーの求人情報はこちら!