家を失い家族を失う人続出!

[住宅ローン]

実は今、大事なマイホームを購入しても、家も家族も失うひとが少なくないのです。購入当初は払えるはずだった住宅ローンも、いつしか払えなくなるということがあります。住宅ローンを組むときは慎重に行う必要があるのです。

いつまでも給料が手に入るとは限らない

いつまでも給料が入るわけではない

住宅ローンを組んだ当初は、給料はいつまでも手に入るものだと勘違いしてしまいがちです。でも、仕事をいつまでも続けられるわけではないのです。なぜなら、人は病気になったり、怪我をしたりで、仕事ができなくなることもあります。今は、うつ病にかかる人も大変多く、医療では治せない病気に苦しむ人もたくさんいるのです。

しかし、マイホーム購入者は、いち早く住居を購入した方が結果的に安く家を手にいれることができると感じて、早期のマイホーム購入を行います。でも、いつまでも仕事ができ、給料が手に入るとは限らないわけです。

うつ病で苦しむマイホーム購入者

世の中には、うつ病で苦しむマイホーム購入者もいます。順調に仕事をしていたのに、ある日突然、うつ病に苦しむ日がやってくるのです。そのような人は、仕事をすることもできなくなり、休みがちになったり、最悪の場合は仕事を辞めることにもなります。

そうなると、払えるはずだったマイホームも払えなくなり、生活も困窮することになるのです。それまで仲良くできた家族も、嘘のように離れていき、家も家族も仕事も失うということがあります。つまり、マイホームを購入して、幸せな生活を送っていたとしても、いつ人は奈落の底に落ちていくかわからないのです。

住宅ローンの見直しは定期的に行う

住宅ローンの見直しを行う

マイホームを購入したならば、大切なことは住宅ローンの見直しを定期的に行うことです。人によっては、金利が高い場合もあります。金融機関により金利も違えば、ローン残高も変わってきます。いつまでも高いお金を払い続けるのではなく、今後何が起こるかわからないので、蓄えを持っておくためにも、ローンの見直しは定期的に行う方が良いでしょう。

住宅ローンの見直しをするなら!

下記では住宅ローンに関するオススメサイトをご紹介しています。

住宅ローン借り換え一括審査申込み「住宅本舗」

「住宅本舗」では、住宅ローン借り換えの一括審査申し込みが可能です。最大6銀行に仮審査申し込みができるので、金利の比較検討ができるのです。多数の金融期間にいっぺんに審査申し込みをして、住宅ローンの比較検討したい方は、「住宅本舗」を利用すると良いでしょう。

保険見直しでお金の悩みも解決できる!「保険のトータルプロフェッショナル」

「保険のトータルプロフェッショナル」

「保険のトータルプロフェッショナル」では、相談時に保険見直しだけでなく、希望すれば「家計チェック」「住宅ローンの見直し」「住宅購入のコツ」「賢い貯蓄方法」「賢い節税方法」など、総合的なお金の問題についての解決策・アドバイスを受けることができます。保険は、住宅とも密接した関係なので、住宅ローン以外にも、保険の見直しや節税方法を知りたい方は、「保険のトータルプロフェッショナル」をチェックしてみましょう。「保険のトータルプロフェッショナル」

住宅ローンの見直し診断がシミュレーションできる!「モゲチェック・プラザ」

モゲチェック・プラザ」モゲチェック・プラザ」

「モゲチェック・プラザ」は住宅ローンの見直し(借り換え)をプロに任せられる住宅ローンコンサルティングサービスです。最適な見直しプランの相談や全国120銀行の中から最適な借り換え先住宅ローンを提案してもらえます。「モゲチェック・プラザ」では、住宅ローンの見直し診断がシミュレーションできます。また、来店不要で電話10分で銀行を選択し、その後の面倒な手続き(申込書への入力や書類収集の手続き)を全て任せることも可能です。住宅ローン返済額の平均引き下げ金額は480万円と大幅減少が期待でき、年間相談件数は600件以上と、多くの方から高い支持を得ているのです。「モゲチェック・プラザ」

成果報酬型ローン借り換えサービス「住宅ローン借り換えセンター」

「住宅ローン借り換えセンター」「住宅ローン借り換えセンター」

「住宅ローン借り換えセンター」は、成果報酬型ローン借り換えサービスなので、利息が削減できなければ一切費用は発生しません。ローンの借り換えに成功すれば、家計費負担を減らすこともできます。特に、ローン残高が1,000万円以上ある方や、ローン残期間が10年上ある方は、ローン残高を減らせる可能性があります。公式ホームページでも、600万円以上削減できたケースも掲載されていますので、「住宅ローン借り換えセンター」のサイトを見てみると良いでしょう。「住宅ローン借り換えセンター」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ