住宅購入するなら住宅ローンの比較検討は必須!

[住宅ローン]

住宅購入を検討するならば、住宅ローンの比較検討もしなければいけません。住宅が安く買えるかどうかは、いかに低金利ローンが組めるかどうかにも関わってくるのです。家を買うことばかり考えるのではなく、いかに好条件の住宅ローンが組めるかどうかも検討しなければいけないのです。

不動産は贔屓にしている銀行としか付き合わない

不動産投資 - 住宅ローン

住宅購入をするときに、不動産会社を通して購入すると思います。その際に、住宅ローンを組むのも不動産会社にお願いすることが多いでしょうが、必ずしもその不動産会社が好条件の住宅ローンを組めるとは限りません。不動産会社はそれほど多くの銀行と取引しているのではなく、贔屓にしている銀行と取引を行います。なので、購入者にとっては、必ずしも最適な住宅ローンではない可能性があるのです。高い金利で住宅ローンを組まされている場合もあります。

ただ、素人には組んだ住宅ローンが高いかどうかなんてわからないので、そのまま契約してしまうのです。もし、住宅購入するならば、本当に提示された住宅ローンがベストなのか、よく考える必要があります。ひょっとしたら割高である可能性もあるのです。

金利によって数百万円の違いが出てくる

不動産購入するときに、金利によっては数百万円の違いが出てきます。安く済ませられたと思っても、実はかなり高い住宅ローンを組まされている可能性もよくあるのです。ですから、住宅ローンを検討するときはよく比較検討してローンを組む必要があります。

ただ、素人目にはベストな住宅ローンなんてわからないですし、しかも、銀行と話し合う時間もないため、なかなか思い通りの住宅ローンが組めないわけです。だからこそ、個人で行うのではなく、住宅ローンに詳しい専門家に相談するようにしましょう。

専門家に相談すれば、銀行との折衝や金利の比較検討、手続きなども任せることができます。自分は依頼するだけで良いので、面倒な手続きをすべて任せたい場合は、住宅ローンコンサルタントに依頼するのが良いでしょう。住宅購入を検討する方は、本当によく住宅ローンについて考えた方が良いと思います。僅かな金利差でも数百万円の違いがあるので、不動産会社だけに任せず、住宅ローンのプロにも相談してみましょう。

住宅ローンの見直しをするなら!

下記では住宅ローンに関するオススメサイトをご紹介しています。

住宅ローン借り換え一括審査申込み「住宅本舗」

「住宅本舗」では、住宅ローン借り換えの一括審査申し込みが可能です。最大6銀行に仮審査申し込みができるので、金利の比較検討ができるのです。多数の金融期間にいっぺんに審査申し込みをして、住宅ローンの比較検討したい方は、「住宅本舗」を利用すると良いでしょう。

保険見直しでお金の悩みも解決できる!「保険のトータルプロフェッショナル」

「保険のトータルプロフェッショナル」

「保険のトータルプロフェッショナル」では、相談時に保険見直しだけでなく、希望すれば「家計チェック」「住宅ローンの見直し」「住宅購入のコツ」「賢い貯蓄方法」「賢い節税方法」など、総合的なお金の問題についての解決策・アドバイスを受けることができます。保険は、住宅とも密接した関係なので、住宅ローン以外にも、保険の見直しや節税方法を知りたい方は、「保険のトータルプロフェッショナル」をチェックしてみましょう。「保険のトータルプロフェッショナル」

住宅ローンの見直し診断がシミュレーションできる!「モゲチェック・プラザ」

モゲチェック・プラザ」モゲチェック・プラザ」

「モゲチェック・プラザ」は住宅ローンの見直し(借り換え)をプロに任せられる住宅ローンコンサルティングサービスです。最適な見直しプランの相談や全国120銀行の中から最適な借り換え先住宅ローンを提案してもらえます。「モゲチェック・プラザ」では、住宅ローンの見直し診断がシミュレーションできます。また、来店不要で電話10分で銀行を選択し、その後の面倒な手続き(申込書への入力や書類収集の手続き)を全て任せることも可能です。住宅ローン返済額の平均引き下げ金額は480万円と大幅減少が期待でき、年間相談件数は600件以上と、多くの方から高い支持を得ているのです。「モゲチェック・プラザ」

成果報酬型ローン借り換えサービス「住宅ローン借り換えセンター」

「住宅ローン借り換えセンター」「住宅ローン借り換えセンター」

「住宅ローン借り換えセンター」は、成果報酬型ローン借り換えサービスなので、利息が削減できなければ一切費用は発生しません。ローンの借り換えに成功すれば、家計費負担を減らすこともできます。特に、ローン残高が1,000万円以上ある方や、ローン残期間が10年上ある方は、ローン残高を減らせる可能性があります。公式ホームページでも、600万円以上削減できたケースも掲載されていますので、「住宅ローン借り換えセンター」のサイトを見てみると良いでしょう。「住宅ローン借り換えセンター」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ