20代30代のITエンジニア転職で準備すべきこと!方向性と注意点を知る!

[インフラ求人]

もし、20代30代の方が、これからITエンジニアに転職しようと考えた場合は、注意すべきことや準備すべきことがあります。これから、ITエンジニアとして転職したい方は、どのようなことに気をつけるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

これまでの経験を洗い出ししてみること

これまでの経験を洗い出ししてみる

まず、転職活動をする前に、これまでの自分の経験を洗い出ししてみましょう。SEやネットワーク構築などの経験があれば、アピール材料になることでしょう。また、たとえIT業界を経験していなくても、何かしらIT業界に役立つスキルを身につけているはずです。

例えば、接客業であったとしても、コミュニケーションスキルやお客への対応力が身についているはずです。このようなスキルもIT業界で生かすことができます。ITエンジニアもチームで動くことがあるので、コミュニケーション能力や協調性は重要になります。また、顧客への対応も部署によっては行う場合もあるので、接客技術は十分生かされます。

自分にとっては、何でもない技術・スキルのように見えても、実は結構他業界でも生かすことができるので、これまでの経験やスキルを洗い出しすることはとても大切なのです。

多くの方が社内評価に騙されている

また、社内評価に騙されている方も実は少なくありません。今、行っている仕事、もしくは自分の人格や仕事の仕方は、もっと評価されても良いかもしれないのです。ひょっとしたら、今の会社では過小評価されている可能性もあります。社内の人間は、他へ行っても通用しないとかいうかもしれません。でも、実際はそんなことない場合が多いのです。

今の会社が過小評価しているだけであって、実は外に出れば、自分のスキルは十分役に立つこともあります。特に、技術系のスキルを持っていれば、十分生かせられるでしょうし、そうでなくても、前向きに仕事を取り組む姿勢は、社外ではもっと高く評価される場合もあります。ですから、今の社内評価が全てだと思わないようにしましょう。社外に出れば、もっとやりがいのある仕事、給料の良い仕事にめぐり会える可能性も十分にあるのです。

若ければ採用したい企業は多くいる

今は、空前の売り手市場でもあります。もし、20代ならば若さだけでも多くの企業が欲しいと思うことでしょう。若さはかなりの武器になります。たとえ、それほどスキルがなくても、経験を積めば、それなりの人材になってきますし、若いひとなら、育てる時間も十分あるわけです。若さは大きな魅力といっても良いでしょう。

また、30代であっても、まだまだチャンスはあります。今は、ネットワーク系の企業も社員の年齢層が高くなってきているので、若い人材が欲しいのです。経験がそれほどなくても、採用される可能性は十分にあるでしょう。あとは、20代の方だと、もしサーバーやネットワーク系の転職を考えているならば、IT研修が無料で受けられて、しかも転職活動のサポートが受けられるスクールがあります。そのようなスクールに参加してみるのも良いでしょう。無料で受講でき、実機を触りながら学べるので、大変オススメです!

ITエンジニアに転職する方は、方向性を定めることが大切

ITエンジニアへの転職を目指す

もし、これからITエンジニアへの転職を目指すならば、方向性を定めることが大切です。ITエンジニアによっても仕事は様々あります。例えば、システムエンジニア・サーバー構築・ネットワーク構築・データベース設計・Webサービス開発・アプリ開発など色々あるわけです。

ITエンジニアといっても、仕事は様々あるので、自分はどれを目指したいのか、どういう仕事をしていきたいのか、よく考えるべきでしょう。そうすることによって、学ぶスキルや言語も違ってくるでしょうし、仕事内容も変わってくるはずです。自分が何を目指しているのか、どういう仕事をしたいのか、転職活動する前に、よく考えておきましょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの場合は、ネットワークの設計・構築・運用・保守を行います。ネットワークのセキュリティの向上など、ネットワークについての課題に対処する必要があります。そのため、ルーターやサーバーといった通信機器について、最新の情報を持っている必要があります。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語に精通している必要があります。Webサービスやアプリ開発をする際もPHPやRubyといった言語の習得が必要になりますし、ネットワークやデータベースについての知識も必要になるでしょう。

データベースエンジニア

データベースエンジニアの場合は、大量の情報を効率良く保存し読み込む必要があり、OracleDatabase・MySQLといった、データベースを扱うための知識が必要になるでしょう。

転職活動ではやはり熱意が大切

経験者だろうと、未経験者だろうと、転職活動する場合は、やはり熱意・やる気がとても大切になります。受け身の姿勢では、魅力的な人材に見られないでしょう。大事なことは、自分から積極的に行動することです。本気でその仕事に取り組むこと、仕事に対してやる気を持つこと。

自分はその仕事をやりたいという姿勢を、採用担当者も見ています。やる気があれば、ある程度のスキル不足も経験と共にカバーできてしまうものです。先にもいったように、自分は今後どういう仕事をしたいのかをよく考えて、転職活動で仕事に対する熱意を採用担当者に見せていきましょう。

将来のキャリアプランを明確に出来ているか

ITエンジニアのキャリアプラン

また、ただ希望する仕事をしたいというだけでなく、将来のキャリアプランが出来ているかも大切なことです。漠然と仕事をこなすのではなく、5年後10年後に自分はどうなっていたいのか、具体的なプランが出来ているのかは、計画性を示す上でもとても大切なことです。キャリアプランがしっかり出来ていれば、将来に対してよく考えている人材とみなされることもあるでしょう。

例えば、将来マネージャー職に就きたいのか、それとも技術を磨き、第一線で仕事を続けていきたいのかで、また考え方も変わってくるでしょう。将来のビジョンを明確にすることで、今後の自分の行動も違ってくるはずです。キャリアプランについては、よく意識していった方が転職活動でもアピールになるでしょう。

当然、志望動機・転職理由は明確にしておくこと

また、当然のことですが、志望動機や転職理由は明確にしておきましょう。なぜ、他社ではなく、その会社に応募するのか、その会社の他社との違いは何なのか、よく調べておきましょう。よく研究されているものほど、際立つ志望動機になります。ありきたりな動機は避けましょう。

また、転職理由もネガティブな理由はあまり出さないことです。上司のそりが合わなかった・やりたい仕事ができなかったなどは、ネガティブな人材にとられる可能性があります。あくまでも前向きな転職理由にしましょう。よく言われるのは、自身のスキルアップのためという転職理由が無難でしょう。より具体的な理由が言えれば、相手も納得しれやすいでしょう。

資格はあれば良いが絶対条件ではない

資格取得は絶対条件ではない

ITエンジニアの転職を考えたときに、資格取得が脳裏によぎるかもしれません。確かに資格があればアピール要因になるので、転職活動前に資格取得勉強をする方も少なくないでしょう。ただ、資格取得はあくまで応募者を図る物差しの一つでしかありません。

資格取得も大事ですが、もっと大切なことは、その人材は何ができるかなのです。いくら資格を持っていようとも、勉強したことを生かせないような人間では、採用担当者からも魅力的には見えないでしょう。大事なのは資格を取得することではなくて、どういう働きができるのか、何ができるのかなのです。資格取得に励むのも良いですが、自分の仕事スキルを上げる方に注目しましょう。仕事をするには、経験してスキルを上げていくことこそが、何よりも大切なのです。

正社員・契約社員・派遣社員・個人事業主

ITエンジニアには、正社員・契約社員・派遣社員・個人事業主といった働き方があります。安定性だけでみると、正社員の方が安定に感じるかもしれません。ただ、残業時間などを含めると、派遣社員よりも正社員の方が時給換算でいうと安いということもあります。派遣社員でも意外と侮れないのが、ITエンジニアの世界なのです。

また、ITエンジニアは派遣社員や契約社員から正社員になれる道もあります。経験を積み、成果を残していくと、正社員になれる可能性もあるのです。また、スキルや人脈があれば、個人事業主としても活躍できるチャンスはあるでしょう。ITエンジニアの場合だと、個人事業主として活躍している方も少なくありません。

ITエンジニアは体力が必要

ITエンジニアは体力が必要

時には、ITエンジニアの場合は納期や緊急対応に追われて、夜遅くや徹夜で働く場合もあります。ですから、ITエンジニアの場合は体力が必要な仕事でもあるのです。そういう意味でも、まだ体力ある20代30代は就職市場でも人気なのです。

また、体力も必要ですし、日々の体調管理も大切になります。夜遅くまで仕事をすることもあるので、体を崩さないように、しっかり体調管理を行わなければいけません。ハードに仕事をこなせる健康的な体が、ITエンジニア業界でも必要でしょう。

スクールに通うのも一つの方法

また、不慣れな言語習得の場合は、オンラインスクールなど、プログラミングスクールに通うのもオススメです。プログラミングスクールに通えば、専任講師が教えてくれるので、短期間に効率良く言語習得が可能になります。時間がない社会人ほど、そのようなプログラミングスクールで、短期集中して言語を学ぶのも良いでしょう。

やりがいを取るか、安定を取るか

ITエンジニアはやりがいか安定か

また、転職活動する際に、やりがいを取るのか、安定を取るのかで迷うところでもあるでしょう。やはり、家族を持っていたりすると、ある程度の給与が必要になるでしょうし、会社の安定性も気になるところです。ただ、仕事にやりがいを求めるならば、収入だけではなく、どのような仕事ができるのか、注目していくべきでしょう。やりがいを取るのか、安定を取るのかは、人それぞれになりますが、転職活動する際に、よく考えておく必要があるでしょう。

キャリアコンサルタント・エージェントを有効活用せよ

もし、これからITエンジニアとして転職していきたいならば、キャリコン(キャリアコンサルタント)・転職エージェントを有効活用していきましょう。やはり、転職活動に詳しい方たちは、有益な情報を持っていることが少なくなく、転職活動に多いに役立ちます。求人案件だけでなく、どういうアピールをすれば効果的なのか、どういう人材を欲しがっているのかを知ることもできるのです。

ただし、エージェントにより求人案件に偏りがある場合もあります。エージェントによって持っている求人案件の数や種類も違うはずです。また、エージェントの考えて、求人案件に募集できない場合もあります(対象条件に合っていないとみなされる場合など)。ですから、転職活動を成功させるためにも、複数のエージェントに登録しておくことをオススメします。やはり、より多くのエージェントと知り合った方が、出会える求人案件も多いはずです。良いと思う求人は躊躇せずに応募してみると良いでしょう。

妥協せずにどんどん応募してみる!あきらめないこと

転職活動をしていると、この求人はレベルが高そうだから採用されないのではないか、と思うことがあります。しかし、駄目元で受けてみると、なぜか採用通知をもらうケースもあります。なので、転職活動は応募してみないと結果はわかりません。意外と簡単そうな採用面接で落とされることもあるので、結構わからないものです。

また、第一志望の採用通知が来ていない場合は、たとえ第二志望では採用通知が来ていたとしても、第一志望の通知が来るまで、なるべく働くかどうか決めるのを先方(第二志望)にも待ってもらうことです。厳しい状況になるかもしれませんが、自分が進みたい先を全力で目指すべきでしょう。将来を左右する転職活動でもあるので、最後まであきらめないことです。下記にもオススメの求人サイトを載せているので、ぜひ参考にして、ITエンジニアへの道を突き進んでいってください。ITエンジニアの仕事は大変な面もありますが、やりがいある仕事です!

SE・インフラ系求人を探すならばこちら!

下記では、SE・インフラ系求人に特化したサイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

社内SEを目指す方必見!IT・Webエンジニア転職の「社内SE転職ナビ」

「社内SE転職ナビ」「社内SE転職ナビ」

「社内SE転職ナビ」は、社内SEに特化したエンジニア専門の転職メディアです。より具体的なサポートを希望の方には、業界を熟知したキャリアアドバイザーが、エンジニアのキャリアを徹底サポートし、最適なキャリア形成をアドバイスしてくれます。

「社内SE転職ナビ」では、客先常駐のない求人を検索出来たり、アドバイザーお勧めの求人が確認でき、自身の希望、客観的な視点からのアドバイス双方が受けることができます。

システムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、ITコンサルタント、ゲーム業界、情報システム担当者などエンジニア全般の転職を考えている方は、「社内SE転職ナビ」をチェックしてみると良いでしょう!「社内SE転職ナビ」

IT・Web転職サービスの「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」「レバテックキャリア」

「レバテックキャリア」は、IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスです。IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、キャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを受けることができます。

「レバテックキャリア」は、IT・Web業界に特化しているからこその4,000件を超える求人登録数を誇り、レバテックだけの非公開求人数も多数あります。また、キャリアアドバイザーとは、専門用語はもちろん、最新技術の話が可能ですし、パーソナリティや志向性に合った求人を提案し、年収290万アップの実績があります。

職務経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートしてくれ、各企業の方針、社風、採用ポイントも詳しく説明してくれるので、転職の成果に差がつきます。IT/Web系のエンジニアへの転職を検討されている方は、「レバテックキャリア」も見てみると良いでしょう。「レバテックキャリア」

  

機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社 - 株式会社テクノプロ・キャリア

株式会社テクノプロ・キャリア

株式会社テクノプロ・キャリアは機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社です。対象職種は、機械設計(筐体、機構、構造)、金型/光学設計、電気・電子回路設計(アナログ、デジタル、LSI、レイアウト、制御)、CAE解析、生産技術、品質管理・生産管理、FAE、組み込みソフトウェア開発、業務/Webシステム開発、ネットワーク/インフラ設計・保守・運用等々の技術職と、技術系企業の管理系の職種になります。大手エージェントと比較して案件数は少ないですが、業種や職種に対する理解は深く、希望に沿わない求人を無理に進める事はありません。また、企業に紹介を進める際も強みをしっかりと伝えてもらる、サポート体制がしっかりした会社です。株式会社テクノプロ・キャリア

登録者数増加中!テストエンジニア派遣なら「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」は、テストエンジニアの派遣サイトになります。テスト・品質のノウハウを学ぶことができ、今後のキャリアのチャンスが広がります。テストエンジニアの仕事に興味ある方は、「ソフトウェアジョブズ」をチェックしてみると良いでしょう。「ソフトウェアジョブズ」

インフラエンジニアのための求人サイトAFI JOB

求人サイトAFI JOB求人サイトAFI JOB

インフラエンジニアを募集している、ヴァイファルコ株式会社の求人情報になります。業務に直結すれば、資格取得以外の費用も会社が負担する制度や本社には誰でも利用可能なサーバを設置して自由に学べる環境を整えています。経験の浅い方にはマンツーマンで教育に当たるなど充実した教育制度が魅力であり、比較的経験が浅い方も実務を通してスキルアップができるチャンスがあります。ヴァイファルコ株式会社の求人情報


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ