素人・未経験者でもWEBデザイナーになれるチャンスはある!

[IT・Web]

「素人や業界未経験だと、WEBデザイナーになれないのではないか」と思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

たとえ素人や未経験者でも、WEBデザイナーになれるチャンスは十分あるのです。

では、どうすれば経験や知識に無いひとがWEBデザイナーになれるのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

WEBデザイナーになりたいならば、「自分はなれる」と思った方が良い

WEBデザイナーになりたいならば、「自分はなれる」と思った方が良い

WEBデザイナーになりたいのであれば、まず知識や経験がなくても、「自分はWEBデザイナーになれる」と強く思うことです。

特に、経験のない方がWEBデザイナーを目指すならば、意識を強く持つことが大切です。

WEBデザイナーになる目標を持ち、高い意識を持てば、行動力も生まれるので、WEBデザイナーになれるチャンスがあるでしょう。

自分は知識や経験がないからといって、簡単に諦めてしまっては、なかなかWEBデザイナーになることはできないでしょう。

何かを目指すときに、意識を強く持つことはとても大切なことなのです。

自分で積極的に学ぶ姿勢が大切

WEBデザイナーを目指すならば、独学でも良いので積極的に勉強することが大切です。

やはり、ただなりたいだけではなく、自ら意志を持って勉強することで、採用面接でもやる気をアピールすることができます。

ただWEBデザイナーになりたいだけでは、なかなか熱意は伝わりづらいものです。

自分でしっかり勉強する必要があるでしょう。

ちなみに、WEBデザイナーになるための勉強については、下記のページが参考になるでしょう。

また、WEB業界は変化が激しく、現役WEBデザイナーでもスクールに通い勉強するほどです。

独学でも良いのですが、スクールに通うことでモチベーション高く、短期間でもスキル習得ができるので、スクールもおすすめです。

下記のページでおすすめしているスクールの中にも、WEBデザイナーの勉強が学べるスクールもあるので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

また、独学とスクールの違いについては、下記のページでも記載しているので、参考になるかもしれません。

これまでの経験がWEBデザイナーの仕事にも生きてくる

また、これまでの職歴が必ずしもWEBデザイナーの仕事にいかせないわけではありません。

むしろ、これまでの経験がWEBデザイナーの仕事でも生きてくる可能性は十分あるのです。

例えば、飲食店での経験も、もし飲食店のサイトを作成するならば、いきてくる経験だと思います。

このように、今までの経験がWEBデザイナーの仕事につながることはよくあることなのです。

なので、WEBデザイナーを目指す際は、これまでの経験を見直してみる・深堀してみることも大切なのです。

そして、これまでの経験がWEBデザイナーの仕事につなげられれば、採用面接で自己アピールすることができるでしょう。

なので、今までの仕事・経験をよく思い出してみることが大切なのです。

WEBデザイナーは就職先でその後の成長も大きく変わる

WEBデザイナーは就職先でその後の成長も大きく変わる

WEBデザイナーは、どこの会社で働くかで、その後の成長も大きく変わります。

例えば、下請けメインの末端制作会社に入社した場合、納期に追われる厳しい環境が待っている場合が多いです。

また、制作費用も安いので、安月給で働かされることが予想されます。

安い制作費用なので、多くの案件をこなす必要があり、当然、労働時間も長くなるので、ブラック企業が多いのも、このような制作会社の特徴なのです。

ブラック企業で働くWEBデザイナーについては、下記のページでも触れているので参考になるかもしれません。

インハウス型のWEBデザイナーの方が労働環境が良いことも

もし、あまり過酷な環境で働きたくないのであれば、下請けメインの制作会社ではなく、制作以外をメインにビジネスをしている会社の制作部門で働くと良いでしょう。

いわゆるインハウス型のWEBデザイナーとして働くことになります。

このような会社で働く場合は、自社サイト・メディアを制作することが多く、ある程度納期の融通があり、定時で帰れることもあります。

もし、ホワイトな環境で仕事をしたいならば、制作以外の事業を主軸にする会社の制作部門で働くのも良いでしょう。

スキルアップできるかどうか

ただし、スキルアップの面でいうと、このような会社よりも、バリバリ働ける制作会社の方が扱う案件も多く、短期間にスキルアップできる可能性が高いです。

ただその分、連日遅くまで働いたり、徹夜することもあるので、数多くの仕事をこなしたいのか、ある程度余裕持って働きたいのかで、選ぶ会社も違ってくるでしょう。

ちなみに、ホワイト企業で働くWEBデザイナーについては、下記のページでも触れているので、参考にしてみると良いでしょう。

まずは積極的に応募してみることが大切

WEBデザイナーを目指すならば、まずは積極的に求人応募してみることです。

求人案件の中には、業界未経験でも歓迎している求人もあります。

そういう求人を見つけたら積極的に応募してみると良いでしょう。

また、時間を見つけて、自分でもWEBデザイナーの勉強をすることが大切です。

これまでの仕事経験の洗い出しや面接採択をする意味でも、就職アドバイザーに相談してみると良いでしょう。

その際には、下記で紹介しているようなWEBデザイナー向けの就職サイトを利用した方が、より有力な情報・対策アドバイスが聞けると思うので、ぜひチェックしておくことをおすすめします。

IT・Web・エンジニア系の転職を考えるならば、見ておきたいサイト

下記では、IT・Web・エンジニア系の転職を考えている方に、おすすめの転職サイトを紹介しています。

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが、転職活動で使えるポートフォリオの作り方を学ぶことができます。

Web職・ゲーム業界に転職を考えている方は、マイナビクリエイター」をチェックしてみると良いでしょう!

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

「GEEKLY」は、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスになります。

大手を中心に非公開求人数は2000以上あり、ギークリー独占の求人案件もあります。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

「GEEKLY」の公式サイトはこちらになります。IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を「midworks」

「midworks」「midworks」

「midworks」は、フリーランスと正社員の良いとこ取りをした案件を紹介してもらえます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」では、フレキシブルに働くことができます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」の公式サイトはこちらになります。Midworks


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ