CreatorsHive(クリエイターズハイブ)はどうなの?口コミ・評判比較 – プログラマーを目指す方へ!

[IT・Web]

おそらく、この記事をご覧になっている方は、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)はどうなのか、気になっている方も少なくないでしょう。そこで今回は、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)について詳しく説明していきましょう。CreatorsHive(クリエイターズハイブ)に通うことは、本当にためになることなのか、考えていきたいと思います。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の口コミ評判について

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)口コミ評判

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は、プログラミンやデザインについて、ただ学ぶだけでなく、企業が求める実践的なスキルを学ぶことができます。CreatorsHive(クリエイターズハイブ)には、企業が求める実践的なクリエイターを育てることに重きを置いているのです。

現状として、国内のクリエイター、IT人材はまだまだ不足していると言われています。これからもIT化が進む中で、仕事を任せられる人材は極端に不足しているのです。ですから、ITスキル、クリエイティブな技術が備われば、IT業界で多いに活躍できるチャンスが広がるでしょうし、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)で学ぶことは、大きな価値があることでしょう。

プログラミングスクールは他にもありますが、実践的なスキルが学べるかどうかは、そのスクール次第です。たとえスキルを学んでも、仕事に活かせないようでは、あまり意味がありません。CreatorsHive(クリエイターズハイブ)では、実績型のスキルに重きを置かれているため、学んだことを仕事で活かすことも十分可能なのです。

プロの世界は発想力・コミュニケーション能力も必要

実際のIT現場では、スキルがあれば良いというわけではありません。ゼロから作り上げることもあるので、発想力が必要になります。自身で創造して考えて、新たなものを作り出すこと、困難に乗り越える力が大切となるのです。

また、現場ではチームで作業するため、当然コミュニケーション能力も必要になるわけです。CreatorsHive(クリエイターズハイブ)では、スキルを学ぶだけでなく、チームとしてどう動くべきか、仕事の仕方も学ぶことができるでしょう。

IT現場ではスキルがあれば良いというわけではありません。自分の持ち回りをしっかり把握して、どのように仕事をこなしていくかも大切なのです。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は対面方式で集中して学べる

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の良いところは、講師と対面方式で学べる点にもあるでしょう。オンラインでの通信講座だと学びきれないこともあるはずです。やはり、直に教わった方が、得られる情報も多いですし、理解を深めることもできます。すぐに不明点を聞けるのも、対面方式ならではですね。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)フロントエンドコース

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)のカリキュラムのひとつに、フロントエンドコースがあります。プログラミングもデザインも学びたいという方には、こちらのコースが良いでしょう。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)Fintechコース

また、さらにWEBサービスなど学んでいきたい方は、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)のFintechコースも良いと思います。PHP、MySQLを始めとした、よりプログラマーよりのスキルを学ぶことが可能になるでしょう。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)Pythonコース

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)には、人工知能や機械学習を学ぶ、プログラミング特化コース「Pythonコース」があります。プログラミングによる数値演算や機械学習を学び、プログラマーとしてさらなる飛躍を目指します。Pythonは「youtube」「Instagram」の開発にも用いられているほど、世界的に人気のあるプログラミング言語です。日本だけにとどまらず、グローバルに活躍する人材を目指します。

このように、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)には、プログラミングが学べる数々のコースがあります。WEBサービス制作を学びたい、Pythonを集中的に学びたい方にも最適なコースと言えるでしょう。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の学習期間は6ヶ月

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の学習期間は、6ヶ月になります。普通は、1~3ヶ月が多い中、半年間学べるのは、受講生にとって好都合な環境でしょう。短期間に学ぼうとすると、短期間に忘れがちです。やはり、不慣れなプログラミング言語を学ぶならば、ある程度の時間は要したいものです。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は、6ヶ月間(週1回特訓×20回)になり、毎日特訓があるわけではありませんが、それでも他のスクールに比べて、長期間通えるのは、プログラミング言語を深く理解するための、大きな手助けになるでしょう。

また、卒業後も無料で永久サポートが行われます。学んだから終わりではなく、卒業後も関わりを持てるのが、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の良さなのです。オンラインスクールで本当に学べるか不安な方は、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)で半年間しっかりプログラミング学ぶという方法もあるのです。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は参加上限人数は10名まで

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は、指導のクオリティを確保するために、参加上限人数を設けています。参加希望多数の場合は、選考があり、10名限定で指導を受けることができます。これにより、少数講義なので集中して、プログラミングやデザインの勉強ができるわけです。他の生徒に邪魔されず、集中して学びたい方にとっては、嬉しい制度ではないでしょうか。

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)の気になる授業料は、432,000円(税込)になります。この金額だけ聞くと高く感じられるかもしれませんが、6ヶ月間受講できますし、特訓期間後も就職相談・学習サポートを受けられる(Creator’s Hiveの講師陣の学習サポートを受けられます。)のは、魅力的ではないでしょうか。また、一括払いが厳しい方は、24回払いまで選択可能です(18,000円/月)。

また、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は、大手企業IBMのサポートも受けているので、安心して授業を受けやすいでしょう。

個人事業主・フリーランスを目指す道もある

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)で学んだことを活かせば、個人事業主・フリーランスの夢も不可能ではありません。スキルを持てば、就職せずとも、自らの力で仕事を取ってくることも不可能ではないのです。将来的に独立したい方も、ぜひプログラミングやデザインのことについて学ぶと良いでしょう。

本気でプログラミングやデザインを学びたい、実戦で生きるスキルを学びたいならば、CreatorsHive(クリエイターズハイブ)も検討してみると良いでしょう。半年間しっかり学ぶことができますし、転職活動にも大いに活かすことができます。興味ある方は、まずCreatorsHive(クリエイターズハイブ)の個別相談会に参加してみると良いでしょう!CreatorsHive(クリエイターズハイブ)は、現在も東京・大阪・名古屋・福岡に学校を増やしているところです。CreatorsHive(クリエイターズハイブ)

CreatorsHive(クリエイターズハイブ)

IT・Web・エンジニア系の転職を考えるならば、見ておきたいサイト

下記では、IT・Web・エンジニア系の転職を考えている方に、おすすめの転職サイトを紹介しています。

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが、転職活動で使えるポートフォリオの作り方を学ぶことができます。

Web職・ゲーム業界に転職を考えている方は、マイナビクリエイター」をチェックしてみると良いでしょう!

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

「GEEKLY」は、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスになります。

大手を中心に非公開求人数は2000以上あり、ギークリー独占の求人案件もあります。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴です。

「GEEKLY」の公式サイトはこちらになります。IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団「GEEKLY」

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を「midworks」

「midworks」「midworks」

「midworks」は、フリーランスと正社員の良いとこ取りをした案件を紹介してもらえます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」では、フレキシブルに働くことができます。

週2~3の案件でパラレルワークを実現可能になり、「midworks」の公式サイトはこちらになります。Midworks


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ